TEL

夏休み(お盆)に痛めた方に朗報 宜野湾市さくがわ接骨院

2019.07.28 | Category: さくがわ接骨院

こんばんは!お盆休みの日程が決まりました。

 

 

9月の2週目に5日半の休診(研修)が入る事もあり、お盆の5連休は無しです(汗)

 

 

あまりに多くの休みは人間をダメにしますし、

 

 

パートさんの働く時間を奪いすぎると怒られますし、

 

 

もちろん経営者として、収入が減るのも困ります。

 

 

なので、8月11日(日)12日(祝)はお休みですが、13日と14日は午前診療し、

 

 

15日(ウークイ)のみお休みする事にしました。

 

 

午前のみと言わず、一日やっても良いのですが、多分皆さん忙しくて

そこまでの需要はないかなという事で半日にします。

 

 

 

基本的には予約で受付し、予約が入らなければ、13、14日の午前も早く閉めて

 

 

お休みします。(笑)

 

 

 

休みたいオーラ全開みたいですが、違いますよ。

 

 

折角開けているので誰でもお気軽にご予約下さい。

 

 

特に、日ごろ施術を受けられない方は、お盆期間中にオステオパシーを受ける事をオススメします。

 

 

また、急性症状で困ったけどどこも開いてないどうしよう・・・ と心配な方も

 

 

さくがわ接骨院は開いていると思いだしてください。

心の声(他に行けないからウチへという消去法的な感じはどうかと思うが・・・笑)

 

 

午前診療が終わってしまった後にでも、急患対応大丈夫ですので、気にせずお電話下さい。

 

 

 

沖縄県内の知り合いに、あそこはお盆も開いてるとお知らせしておいてくださいね。

 

 

 

一番良いのは、ケガなく、痛み無く、ご先祖様に挨拶出来る事ですけどね。

 

リンパ器官の研究 宜野湾市さくがわ接骨院

2019.07.15 | Category: オステオパシー

こんにちは!4日間の休診中に学習してきたことを少しだけ報告します。

 

 

今回のオステオパシーの授業テーマは「リンパ」。

 

 

誰でも聞いたことある名前ですが、その役割や位置はほとんど知らないと思います。

 

 

 

割と知られている病名「リンパ浮腫」の事や、血管閉塞との違いなど、

 

 

「異常」な病態の学習もしたのですが

 

 

 

それよりもむしろ、「正常」なリンパの構造や機能の学習に時間を費やし、細胞レベルでリンパが

 

 

どうなっていて、どのように働いているのか?をしっかり理解させることが

 

 

「オステオパシーにおいてとても大切なんだよ」という先生の意図が伝わりました。

 

 

異常をみつけようとする前に、正常を理解し、健康な状態を見つける事が出来ないと

何が異常かも理解できない。

 

色んな「視点」を持つ事が必要だと諭してくれました。

 

 

 

それはオステオパシーだけに大切なのではなく、全ての施術者にとって大切なこととも言えます。

 

 

 

日本では一般的に正常を知らないであろう無資格施術者が行っている、強圧の「リンパマッサージ」の問題点も研究者レベルの視点から教えてくれました。

 

 

 

今回の授業を受けたことによって、今まで以上にいろんな視点から患者さんを診る事が出来るようになった!

と確信しています。

 

 

大切な「視点」をリンパという器官の授業を通して伝えてくれたの講師は

 

 

アメリカのオステオパシー神経筋骨格医学認定医であり、

 

 

A.Tスティル大学のオステオパシー研究副学長補佐を務めておられるブライアン・デーゲンハルト先生でした。

 

 

色んな所でオステオパシーを教えてきている立場からみて、日本のこのクラスのレベルが高いと

 

おっしゃったのが嬉しかった(笑)
に加えて、

 

 

授業に取り組む姿勢が一番良かった人には賞品があると言って、他に相応しいと思うクラスメイトが

 

何人もいる中で、お土産のTシャツを「君に」と渡された事はとても嬉しかったです。

 

 

よく泊まるホテルの部屋がたまたま今回は最上階だったのも運が良かったのか、悪かったのか。

 

 

少なくとも景色は良かったのですが、朝のエレベーターの時間を3分見ておかないといけなかった(笑)

運動器疾患とオステオパシー 宜野湾市さくがわ接骨院

2019.06.16 | Category: オステオパシー

こんにちは!本日は先週のオステオパシー研修の内容を少しお話しします。

 

 

今回の授業は、整骨院・接骨院来院される方の最も多い悩みである「運動器疾患」へのアプローチ。

 

 

講師はアメリカから、世界的に有名なオステオパシー医師のクチェラ先生が担当して下さいました。

 

 

オステオパシー界の重鎮的な先生なので、授業が始まる前は「威圧感があるのかな?」と思っていましたが、

 

 

気さくで、話が面白く、冗談交じりに楽しく授業を進めていきたいんだなというのがすぐに分かりました。

 

 

お土産には「お店で買えないものが良いかな」と、インディアン?の狩りに使われた【矢じり】をたくさん持ってきてくれました。

採掘場所が近いとおっしゃっていたような。(インディアンなのか何なのかちょっと覚えてないですが・・)

 

 

 

さて、肝心の授業内容の話ですが、オステオパシーにおける5つの医療モデル

・姿勢─生体力学

・神経学─自律神経

・生物、心理、社会学

・呼吸─循環

・代謝─ホルモン

のうち主に【姿勢─生体力学】と【呼吸─循環】

 

を使って機能障害を改善又は対処していく方法を学びました。

 

 

これらは全て一つにまとまって一人の人間であるという大前提があるなかで、

 

 

 

特にこの二つのセクションが運動器疾患へのアプローチに有効な方法だということ。

 

 

 

姿勢からの全身スクリーニングからより強い障害部位を見つける方法学び、各部位の損傷パターンや

 

 

 

それに対するテクニックを学びました。しかし、今まで習った事のないテクニックも教えてもらいは

したのですが、

 

テクニックが重要なのではなく、患者さんの身体が求めている部位を見つけることが大切な事で、治療するは何でも良いよとおっしゃいました。

 

 

 

見つけた運動器疾患に対して、「今まで習ってきたテクニックを使って治療してください」と言って授業を進められ、かなり実践的で面白いなあと最後まで飽きることなく学ぶことが出来ました。

 

 

 

今まで学んできたオステオパシー手技の方法(筋膜リリース、カウンターストレイン、HVLA、LASなど)

 

 

がそれぞれ別々の引き出しに入っていたものをどんどん引っ張り出して、一つのラインに繋げていく感じです。

 

 

 

もちろん実際の臨床ではそうあるべきとして日々患者さんと向き合っていますが、偉大なオステオパスから教授されることによって、また新たな発見がいくつもありました。

 

 

 

この仕事は、常に前進、これで満足という事は一生無いのかもしれません(笑)

 

LINE公式アカウントでの予約について 宜野湾市のさくがわ接骨院

2019.05.26 | Category: 整骨院

おはようございます。

 

 

LINEで予約が受付られるようになりました。

 

 

今まではメッセージを受け取る事が出来ない設定で、こちらから発信するのみ。

 

 

やっとこさメッセージを受信出来るようになったので活用してもらえたらうれしいです。

 

 

LINE@を設置してもうかれこれ一年くらいはただ置いてあるくらいの存在で。。

 

 

こうゆうのに疎いのもあるかもですが、興味がなかったのか・・・

 

 

やる気になれば出来る!一時間くらいで完了しました。(これが早いのか遅いのかは不明)

 

 

ということで友達登録よろしくお願いします。→友達追加

 

 

 

自分が購入者側の立場で服のショップとかでLINE@登録すすめられても

 

 

わずらわしく思っていたので(どうせ営業キャンペーンが送られてくるんだろ。買いたいときに買うからいいしと)

 

 

やりたくない気持ちも分かるんですが、こちら側の立場になったら分かった事がありました。

 

 

意外と便利!

 

 

特にさくがわ接骨院を気に入ってくれている方でしたら、登録して損はないと思います。

 

 

まだ来院した事ない方でも、登録して来院後に気に入らなかったらブロックすればいいですし。

(それは寂しいですが!)

 

 

なぜなら服屋さんとかと違って販促メッセージなどは送ることがないからです。

 

 

それに、現代社会で「電話」の利用より、明らかにLINEの利用頻度が高く

 

 

むしろ電話の方がわずらわしいと思っている方も多いから。

 

 

という思いで頑張って設定したのでよろしくお願いします。

http://nav.cx/blmGJk7

こちらから

もしくは

@sakugawa

で検索すると登録できる見たいです。

 

 

まだ慣れないうちは、メッセージを見れてなかったり、いろいろあると思うので

 

 

返信がきてない時は予約して確定して気にならないで(笑)

 

 

特に当日などの急ぎの要件はお電話でお願いします。

(結局!?)

 

 

悪い姿勢のパターンと考え方について勉強 沖縄県宜野湾市のさくがわ接骨院

2019.05.19 | Category: オステオパシー

こんにちは!先週末はオステオパシー研修でお休みでしたが、その内容について軽くお伝えします。

 

 

今回の授業は「脊柱と内臓」の関係について。

 

 

 

筋骨格の痛みや悩みをお持ちの方の多くは、「痛い部分が悪い部分」と思っています。

 

 

 

しかし、オステオパシーの考え方を知っている者は、症状は「結果」にすぎない。

 

 

 

という事を理解しています。その考え方は今までもブログでお伝えしたり、

 

 

 

実際来院された患者さんに問診時お伝えしている事でもあるのですが、

 

 

 

その一番の理由は身体全体は「膜」という組織で繋がっているからって事です。

 

 

 

今回の授業では、「膜」の繋がりだけでなく、背骨と内臓のより具体的な繋がりと影響を証明した研究を教えて頂きました。

 

 

 

今までのカリキュラムでも全体の姿勢分析や歩行観察は経験していたんですが、

今回様々な医学的な病変とセットで患者の姿勢を評価する診かたを学べたことで、

「骨盤はこの臓器が拡張している事で前傾している」

「首が前方に突出しているのはこの臓器の影響が大きい」

など

 

 

より分かりやすい説明と治療を行う事が出来るようになりました。

 

 

臨床に使えるようにと、実際の患者さんの姿勢写真やレントゲン写真、MRI画像など

 

 

様々な資料を惜しげもなく見せて頂き、とても良い内容の講義でした!

 

 

 

自分の姿勢はどうなの?と気になる方もいる思うので、また別コンテンツで少し詳しく書きたいなと思います。

 

 

 

例えば、月経困難症や子宮のうっ血、子宮筋腫を持つ方の骨盤は前傾してどうなっているから

どの部分にまで影響するのか?

 

 

 

また、出産時に会陰を切開した人の骨盤は引っ張られて後傾するが、背骨に対してどんな悪影響があるのか?など。

 

 

 

詳しい説明と施術はもちろん来院してもらう必要がありますが、知っておいて欲しいのは

 

 

 

世間一般で言われている「骨盤矯正」は間違ってるてことです。

 

 

 

筋肉や関節しか見ていないのなら。

 

 

今回の授業はベルギーから来てくれたシャトレ先生が担当でした。

 

 

 

知的な講義と研究者としての知識だけでなく、長い臨床経験に基づいたテクニックを見せて頂き

 

 

 

時間が足りないと思える程あっという間の3日間でした。(実際時間は足りなかった・・(笑))

循環器のオステオパシー的アプローチ 宜野湾市さくがわ接骨院

2019.04.21 | Category: オステオパシー

こんにちは!先週のオステオパシー研修の報告とゴールデンウイークの日程をお知らせします。

 

 

人は母親の体内から出てくる前に、ある程度人間の姿かたちまで成長してから出てきます。

 

 

だけど、ヒトのかたちを形成する前段階の事ってあまり考えたことないですよね?

 

 

 

まあ、子どもがいる家庭では、そのプロセスをエコー検査でみたり興味を持って調べたりしたことあるかもですが。

 

 

 

でもだいたい「手が生えた」「心臓が動いてる」とかじゃないですか?

 

 

 

そこからが自分の子どもとして認識し始めるというか、愛情が芽生えてくるというか。

 

 

 

その感覚は当たり前だと思います。ただし受精卵になってから、ヒトとして必要なパーツがそろっていくのに要する期間は56日程度で、割と早い段階(まだ妊娠に気づいていない人もいるかも)で人間なんですよね。

 

 

 

じゃあ56日より前には小さな受精卵がどんな動きをしていたかは重要じゃないのか?そんなことはないよ。

最初の細胞分裂からどんどん増えていって、流れが発生し、卵管から子宮に移動して着床し、その中でどんな動きがあって、どうやって臓器が形成されていくのか。

 

 

 

オステオパシーではこうした発生学の知識が大事になってくるよ。と教えてくれたのが今回の授業でした。

 

 

 

具体的には、「心臓が頭の方からだんだん下に移動してきた」「横隔膜とセットで成長」「のちに肝臓を作り出すホルモン分泌」「背骨の前に自律神経が通っていて心臓の支配をしている」など

 

 

じゃあ患者さんに対してアプローチする時にはどこからが特に重要で、どの器官とどの器官の繋がりが深いから

こうやって施術していけば、このような良い流れになるよ。など

 

 

 

とにかく興味が尽きない楽しい授業でした。今回はメインテーマは循環器で、オステオパシー創始者であるA.Tスティル医師も重要視していた動脈の法則を再度深く考える機会になりました。

 

 

 

心臓だけでも3日間では全然足りないくらいボリュームがあり、あと数日欲しかったなと思えたほどです。

 

 

 

楽しい授業をしてくれた講師は Jo  Buekens先生。ルクセンブルクという国からきてくれました。

英語、フランス語、ドイツ語など五か国語くらい話せるらしい。

授業は英語でした(笑)

 

 

 

またJTOC3期生の講師として日本に来てくれるのは2年後くらいでしょうか。その時にはまたお会いしたいなと思える良い人間性で、治療哲学も含めてもっと話がしたい人です。

 

 

日本にいては彼の施術を受ける事は出来ませんが、自分自身を通して彼の治療哲学やアプローチを沖縄県民にも還元する事が楽しみです。

 

 

 

その為にはもっともっと勉強ですね(笑)ゴールデンウイークも勉強しまくります。

 

 

 

 

ゴールデンウイーク前後の日程は

 

4月28、29日休み

 

 

5月3,4,5、6日休み

9日が16時までで終了し、10~12日は研修のためお休みです。

 

 

オステオパシー研修でお休みします。 沖縄県宜野湾市のさくがわ接骨院

2019.04.07 | Category: さくがわ接骨院

おはようございます!今月の休診日程のお知らせ。

 

 

4月11日は午前中は通常通りで、午後は2時~4時までの受付で終了です。

12日~14日までオステオパシーの研修で神戸に行ってきます。

 

 

オステオパシーの施術では、

筋肉や骨、内臓、動静脈などがどの位置にあって、どう動いているのか?

を知る事=解剖学

 

 

解剖学的な位置が改善したら、循環の改善が起こり、どのような作用をもたらすのか?

=生理学

 

 

 

これらを意識して行うものなのですが、

 

 

 

 

今回の授業では、ヒトが母体の中で成長してくる過程=発生学

を学習しながら、循環器へのアプローチを行う

 

 

 

という事で、自分自身とても興味があり楽しみにしています。

 

 

 

発生学については三年前の基礎医学で学んだ経緯がありますが、今回臨床への活かし方を知る事で、さらに色んな方への助けになる事が出来るかもしれません。

 

 

 

沖縄県内で、オステオパシーはまだ広く知られていませんが、今後より多くの方に興味をもって頂けると幸いです。

 

沖縄県内の整骨院でマッサージを受けたことがある方からの質問 宜野湾市さくがわ接骨院

2019.03.31 | Category: さくがわ接骨院

男性からの電話

こんにちは!先日このようなお問い合わせがありました。

 

 

男性:「現在、他の整骨院で疲れた時にマッサージにかかっているんですけど、仕事帰りに職場の近くでかかったほうが良いと思って、そちらに変えたいんですけど大丈夫ですか?」

 

 

 

院長:「・・・?」

 

 

 

通常は受付スタッフが応対するのですが、たまたま電話を受けたのでこう答えました。

 

 

 

院長:「転院は可能です。当院ではお困りの状態に合わせた2つのプランがあります。一つは一般的な整骨院で行われている患部ごとへの施術で、ケガをしたら筋や関節、骨などは悪い位置になっており、これを良い位置に近づけて電気治療などで修復を助けます。こちらは原因のはっきりしている急性症状には健康保険が使えます。」

 

「もう一つは、当院の特長である整体オステオパシーを用いた施術です。ケガをしていなくても自然と痛くなったりシビレが出たなどの場合や慢性痛、繰り返す症状は、身体全体のバランスが崩れている事が原因です。オステオパシーでは、ゆがみや動きの悪さをみつけて一つ一つ施術し、バランスを改善させ、回復を助ける事が出来ます。こちらは健康保険外の根本治療でオススメしております。」

 

 

「お聞きした感じでは、最近ケガをして痛めたという状態ではなさそうなので、一般的な整骨の施術ではなく、後者の整体オステオパシーにて身体を根本から改善していくことをオススメしますが、こちらでよろしいですか?」

 

 

 

すると男性は言いました。

 

 

男性:「マッサージとは違うんですか?あと、保険は使えないの?」

 

院長:「はい。単に筋肉を揉みほぐすというものではなく、関節や内臓も含めた体中から悪い所を見つけて優しい力で矯正していくようなものです。」

 

 

男性:「そうですか。。少し考えてからまた連絡します。」ガチャ・・・

 

 

 

電話を切られた後こう思いました。

「やっぱりこうなったか。。」

 

 

慰安マッサージ希望?

なぜこうなると思ったかというと、最初の発言から疑問点があったからです。

疑問点

1.現在通院中の整骨院には疲れた時に行っていた事

2.マッサージを受けていると認識していた事

3.健康保険を使用していた可能性(使っていたかは未確認)

 

これらの条件は一歩間違えれば正常な整骨院の状態ではありません。

この条件と当院を比べて、満足度が高くないと判断されたのかも。

それを解説していきます。

 

 

 

まず疑問点の1の通院目的の違いについて。

通常、整骨院や接骨院はケガをした時に行きます。

患部を手当てして治りを早めるのが目的で、柔道整復師という医療従事者の資格が必要です。

ただし、「疲れやすい・めまいがする・呼吸が苦しい・頭痛がする・足の長さが違う・・など」ケガではなく不調を感じていて、それを改善したい方は多く、なんとかしたいという思いで整骨院に問い合わせるのは間違いではありません。

 

整骨院側も、ケガ以外の問題を解決する助けになりたいと思っていて、独自のメニューを用意している事がほとんどで、当院の施術メニューである整体オステオパシーもそういう目的で提供しています。

 

 

しかし、疑問点2で感じたこと。

「マッサージ」という具体的な方法をおっしゃった事で、この方の目的意識としては

・疲れやすい身体をなんとかしたい、質の良い生活にしたい=根本的治療

という事ではなく

・マッサージを受けたい、気持ちよくなりたい=慰安、癒し

という「揉まれること」自体を求めているのかと瞬間的に判断してしまいました。

 

 

 

さくがわ接骨院としてはマッサージ自体を目的とした施術はもちろん行っていないので

この方の求めているものと、当院の施術はミスマッチなのでは?

 

そもそも整骨院などで、慰安や美容などの目的で施術、集客するのは医療者としてどうなの?と思っているのでこの方の受けている施術がそのようなものだとしたら残念です。(これについては後述)

 

 

しかし、この部分については勝手に推測するのではなく、もう少し丁寧に説明してあげれば良かったなと反省。

この方が単に癒しを求めていたわけでなく、本当の意味で体を良くしたいと思っていたとすれば

当院の整体オステオパシーにマッチするからです。

 

 

マッサージそしてオステオパシーとは

「疲労感があり、張っている筋肉をマッサージでゆるめると、血流がよくなり神経にも刺激になって疲れがとれるような、良い事もあります。しかし、その都度対処していかなければならない繰り返す症状がでるはずです。」

 

 

「人によって違うのですが、筋肉だけが原因ではなく、肺や心臓などの周りが硬くて呼吸や循環の悪さがあったり、骨盤などのゆがみひずみがあって不安定でエネルギーを必要以上に消耗したり、頭の骨の動きが悪く、脳脊髄液の流れが悪かったり

 

 

「疲れやすいにも本当の原因はいろいろ想定できるので、これらを良い働きにしていく事がオステオパシーという施術の目的です。身体の機能を高める手助けができるのでオススメですよ!」

 

 

 

と、ここまで説明してあげていれば、癒されたいだけの目的の人でなければ、身体を整える意味での整体オステオパシーに興味をもってもらえたかもしれません。

 

 

 

健康保険の取り扱いについて

 

疑問点3で出てきた健康保険については

本来、医療保険というは医療というくらいですから、ただ疲れたからとかで使えるものではありません。

 

これは沖縄だけでなく、日本中の整骨院全てにおいて言えることで、身体を痛めたという事実と傷病名が付けられるものに保険請求を行います。なので、整骨院で保険を使ったマッサージ目的ではいけませんし、整骨院側も断らなければなりません。

 

 

これは整骨院だけでなく整形外科でも同様ですが、「医師」はその背景にある病気などを見過ごすわけにはいかないので、全ての患者さんを一応受け入れるはずです。(最近疲れやすいと検査を受けた日本代表女子競泳選手に白血病が見つかったなどの例がある)

 

確認をしなかったので分かりませんが、問い合わせてきた方が沖縄県内の整骨院でマッサージを受けていて、保険請求をされていたのであれば、違法請求にあたる可能性があるのです。

 

 

もし違法でないとすれば、

・この方が電話の時に説明を省略して、「疲れた時」という部分のみ強調して発言された

・どこかケガした後はその周辺の筋肉などは硬くなるため、整骨院でも行う手技治療があり、これをマッサージと呼んでいる。

・整骨院側はキチンと説明、問診をした上で、傷病名が付けられる状態と判断している

という事があてはまるはずです。

 

これなら整骨院として問題はないでしょう。

(厚生労働省の定めるルールが全て良いとは思ってないのですがルールはルール)

 

 

 

もしくは、そもそも保険請求してはいなくて、自費メニューとしてマッサージを行っている可能性もあります。

(保険使えないの?と質問されたのでそれはないかとは思いますが)

 

 

自費メニューとしてマッサージを受けていたのであれば、健康保険の不正にはあたりませんが、

前述したように、「美容」や「癒し」をメインに集客して施術を行うのはせっかく国家資格を取って、医療従事者として認められているのにもったいないと思うのです。

それに、そのような院が増えると、整骨院というもののイメージがよくわからない状態で社会から判断されてしまうでしょう。

「保険使わなければ何やってもいいでしょ?」

って分けにはいかんでしょ?

だったらもう「○○整骨院」って名前は変更しても良いでしょ?って思います。

 

それに、最初から美容や慰安をしっかりやってくぞって気持ちは無かったと思うので、

本気のエステサロンとか癒しの空間を真面目に提供しているところには勝てませんよ。

(美容の導入をすすめてくるコンサル会社に注意です)

 

 

これは日ごろから思っていることで、話が少し逸れました。

この患者さん通っている整骨院がそうではないと思いたい。という話でした。

整骨院は一般的に知られていない保険請求のルールまできちんと説明してから施術を行うべき。

社会を変えたいとかの正義感とかではなく、もしルール違反の整骨院と比較されて

「宜野湾市のさくがわ接骨院はちゃんと癒しマッサージしてくれないし保険も使ってくれないからダメだ。」

って思われるのは・・

ちゃんとやってる院が、逆にちゃんとやってないと思われるのはとても残念だからです。

保険を使って安く癒してくれるところがあれば、そっちに行きたくなるのは分かりますけどね。

もう電話かかってこないし(笑)

 

 

 

当院に初めて来られて、コース1(患部ごとへの施術)を希望された方にお見せしている説明項目の画像を載せておきます。

保険請求の条件に当てはまらない方は、コース2のオステオパシーがオススメですが、どうしても局所的な施術を短時間で望まれる方には、患部ごとの施術料金の算定で保険を使うと3割負担とかになるのを10割自己負担で行っています。

 

原因不明の胸の痛みが出なくなった方 宜野湾市のさくがわ接骨院

2019.03.24 | Category: オステオパシー

こんにちは!本日は一つ症例を紹介します。

 

 

 

40代女性、腰痛や首痛、肩こりの症状改善が目的で通院されて、オステオパシーの治療を受けています。

 

 

 

元々の症状は改善していますが、外部環境(労働条件)が体にとって良くない(ずっと顔を下に向けた細かな手作業)為、以前ほどではないが時々痛くなるし、良くなった部分に対するメンテナンスの意味で定期的に通院して良い状態を保つ努力をされている方です。

 

 

 

今回は胸郭(肋骨の覆うスペースで心臓とか肺とか入ってる)がガチガチになってかなり動きが少なくなっていることに気が付き、施術しました。

 

 

 

「風邪とか引いてました?咳がひどかったとか?」

 

 

「熱とかは出なかったので風邪の症状かはよく分からないですけど、咳は出てました。」

「そういえば、時々胸が痛くなります。(胸骨という真ん中の骨を指さし)」

 

 

 

この方の様に、原因不明な胸の痛みに心当たりがある方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

またはある時から咳が止まらなかったり、呼吸が苦しかったり。

 

 

 

大きく分けて二つの原因パターンが考えられます。

 

 

 

一つは、風邪をひいて咳が出たあと、その力が体をゆがめ、胸郭の動きが悪くなってしまった。

二つ目は、体のゆがみや硬さ先にあって、呼吸苦や止まらない咳、胸の痛みが出ている。

 

 

 

順序の違いですが、この方の場合風邪かどうかは分からないが咳が出ていて、現在は止まっている。しかし胸の痛みが残っている。

オステオパシーの施術を定期的に受けている。という事から、1番目の原因だと確信しました。

 

 

 

心臓や肺、それらを取り囲む胸膜や筋肉、肋骨の動きを解消させる様に施術を行いました。

 

 

 

 

特に胸骨や肋骨の裏にある胸横筋という筋肉の緊張、そこに下降している内胸動脈の締め付けはこのような痛みを引き起こす事を学んでいたからです。

 

 

 

特に女性の乳房痛などへの関連も勉強したばかりでした。(今回は乳房痛では無かった)

 

 

 

 

この直後はまだ反応は分からなかったようですが、2週間後に来院した際に話を聞くと、

「そういえば前回の日の翌日から、胸の痛み忘れてました。出てないはず。」

 

 

 

とおっしゃっていたので、一安心。それにしても、人間の自己治癒力ってすごいなと思うと同時に、

痛みや症状って、存在するときはバリバリ意識するが、無くなる時って意識してない。忘れるように良くなっていくから、質問されるまで良くなっていたのか分かってなかったりして、おもしろいです。

 

 

 

意識しているしていないけど気が付いたら痛みや症状が良くなっていた。それが本来の自然治癒の在り方だと思うので、オステオパシーを受けたから良くなったのかそうではないのかと分からない事も多いのですが

 

 

 

それでよいと思うし、そう在りたいと思っています。回復は本人の身体が行うもので、施術はあくまでも「テコ入れ」です。

 

 

 

施術する時も、バリバリ意識して「治してやる」と思って介入するスタンスよりも

 

 

 

患者さんの身体の訴えを拾いあげ、邪魔している部分を体の反応の赴くままに除いてあげる事が大事だなあと。

 

 

 

オステオパシーに興味を持った方や、原因が分からない痛みや症状でお困りの方は沖縄県宜野湾市のさくがわ接骨院へご連絡下さい。

整骨院の料金支払いもキャッシュレスに対応 沖縄県宜野湾市さくがわ接骨院

2019.03.17 | Category: さくがわ接骨院

こんにちは!当院に楽天ペイが導入されて2週間が経ちました。

 

 

まだまだ認知度は低い様です。

 

 

 

実際に決済される方は限られていて、ほとんどの方が今まで通り現金支払いに落ち着いている現状。

 

 

 

自分では日本の脱現金化の流れは好ましく思っていて、韓国や中国に後れを取っていることも知っています。(行ったことないけど)

 

なのでプライベートでは出来るだけクレジットカードやペイアプリを使っており、沖縄でももっとアプリ決済できるお店が増えると良いなと思っています。

 

 

 

その為、当院に導入する時も、もっと使われると思っていましたが、使用された回数を見てみると5回(クレジットカード4回、電子マネー1回、アプリ0回)。

 

 

 

なんでだろう?

 

 

 

 

情報を知らないというのが一番で、もう一つの理由は・・・

 

 

 

「なんか怪しい、大丈夫かな?」

と皆さん思って警戒しているからでしょう。

 

 

 

これ以外に思いつかないほど、使わないデメリットがあまりないのです。

 

 

 

 

確かにスマホ決済、特に「楽天ペイ」はややこしい。知っていれば単純なのですが、

まだ知らない人には敷居が高いかもしれませんね。

 

 

 

そういう方の為に、内容を簡単に説明しておきます。

 

 

 

キャッシュレスの代表的な方法がクレジットカードで支払う方法、

次に現金をチャージする電子マネー(nanacoなどのカードタイプとスマホについているICをタッチするタイプに分かれる)、

そして最近増えているスマホアプリによる決済(QRコードやバーコードを読み取る)

 

 

 

 

楽天ペイはこれら全ての決済方法が使用できます。

 

 

 

 

通常、PayPayやLINEpayなど○○ペイというと、アプリ決済の事を指しているのですが、楽天ペイは三つの支払い方法の中の一つとして、アプリ決済があるので、ここがややこしかった・・

 

 

 

 

契約する時、楽天ペイというアプリ決済を導入するというイメージで申し込んだのですが、カードリーダーを購入してもらえば、電子マネーやクレカにも対応します。それが「楽天ペイ」です。という感じでした。

 

 

 

 

3つの支払い方法のうち、店舗側の負担が少ないのはアプリ決済です。

 

 

 

 

クレジットカードと電子マネーは店側が負担する手数料が3・24パーセントかかるので、

 

 

 

3200円分支払ってもらったら、入金されるのは3080円です。

 

 

 

アプリ決済も手数料は同じですが、店側がキャンペーンとかに申し込めばかからなくなるはず。(まだ決済がないので確認してません)

 

 

 

 

自分のスマホに入っている決済アプリはPayPayと楽天ペイの二つですがどっちも初回申し込みキャンペーンとかやっていて、どんどんシェアを獲得する事に必死な時期だと思います。

 

 

 

広く使われてから使い始めるよりも、今から入っていた方がお得でしょう。

 

 

 

上述した通り、まだ沖縄県内で使える店舗が少ないなとの印象ですが、コンビニでは使えます。

 

 

 

宜野湾市のさくがわ接骨院でも使えます(笑)

 

 

 

今後は飲食店やコンビニだけでなく、病院や整骨院など医療の現場にもキャッシュレスの流れはどんどん大きくなってくると思います。

 

 

 

便利ですから。実費支払いだけでなく、健康保険を使用して三割負担分をキャッシュレス決済しても良いのか?と疑問でしたが、行政としても認める方向性の様です。

 

 

 

 

加入している組合から確認しました。

 

 

ただし、患者さんからすれば、数百円の小銭くらいは現金で払って、数千円かかる実費治療はキャッシュレス決済で払いたいと思う方が多いかもしれませんね。

 

 

 

 

いずれにしても選択肢が多い方が良いと思って導入したので、気になる方は「楽天ペイ」調べてみて下さい。

 

 

 

ちなみに販促したからといって、当院にキャッシュバックなどのメリットはないので、現金で払ってもらってかまいません。むしろ手数料取られない分、現金の方が収入が多いので(笑)

(実質三か月で120万円決済したらカードリーダーがタダになるというのはありますが、現実的ではないので最初から諦めて購入してます。)

 

 

 

アプリ支払いの決済方法は、クレジットカードを登録しておいて、そこから引き落とされる仕組みです。

 

 

 

この時に登録しておくクレジットカードが楽天カードならポイントが2倍というのもメリットでしょうね。

 

 

オステオパシーを受けた後に、現金が足りなくてATMにおろしに行って戻られる方が時々いらっしゃったので、このような方の助けにもなればなと思っております。

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。