TEL

オスグッド病

部活動を頑張る子供に多いオスグッド病の症状改善は沖縄県宜野湾市のさくがわ接骨院にお任せください。

 

オスグッド病とは

オスグッド病とは、10~15歳くらいの成長期にジャンプやボールを蹴るなどのスポーツをしている子供に多く発症する膝のスポーツ障害です。

 

症状としては、膝のお皿の少し下の部分の骨がポッコリ膨らんでいたり、押すと痛かったリ、運動時の痛みを感じるものです。

 

成長期に起こりやすい為、成長痛と思われがちですが、ももの筋肉の運動(膝の曲げ伸ばし)の繰り返しにより、この筋肉が骨にくっつく場所(脛骨粗面の膝蓋腱付着部)に対して引っ張る力が繰り返される、使いすぎによる痛みであると言われています。

 

成長し骨が伸びていく段階でのオスグッド病は、骨の形が変わってしまったり、剥がれてしまった様な重度のものになると長期的に痛みを伴う事もあり注意が必要です。

 

ではなぜ同じ年齢で同じスポーツをしているのにオスグッド病になる子とならない子がいるのでしょう?

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院では、このような疑問から身体を診ていくオステオパシーを用いて施術を行います。

 

 

オスグッド病へのアプローチ

 

膝やももだけでなく、腰や背中、股関節などに動きの硬さや、筋肉の硬さがある子供に多く発症しています。

身体全体から、原因を見つけて解決していかなければいけないという事です。

 

安静にしていれば、症状は軽減しますが、部活動を続けていきたい、早く復帰したいと思われる方は、沖縄県宜野湾市のさくがわ接骨院でオステオパシーによる施術を受けることをおすすめします。

a5fb7877213a97f0f0ccd4ab9c24bd59_s

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。