TEL

Blog記事一覧 > 解剖学 > 身体の組織 身体を診る為に必要な知識 宜野湾市さくがわ接骨院

身体の組織 身体を診る為に必要な知識 宜野湾市さくがわ接骨院

2016.09.30 | Category: 解剖学

解剖学をつきつめていくと、単に臓器がどこにあるのかという事だけではなく

 

 

 

その臓器そのものを構成しているものは何か?と疑問を抱く人も多いと思います。

 

 

 

いや、普通はあまり思わないですかね(笑)

 

 

 

興味のある人だけ読んで頂いて、あまりそそられない方は今日のテーマは読み飛ばして下さい。

 

 

 

人の身体は、多数の「細胞」が集まってできている多細胞生物で、この「細胞」というものが

 

 

 

体内で独立した生命活動を営む最小の単位になります。

 

 

 

この「細胞」が一定の配列や形態のもとに集合して「組織」を形成し、

 

 

 

組織」が特定の機能を目的に集合し「器官」(これが臓器)を成し、

 

 

 

器官」が連携して機能する「器官系」を形成しています。(例:食道や胃や腸などが集まって消化器系)

 

 

 

人という個体はこの器官系の統合されたものと言えるのです。

 

 

 

細胞の形態は機能によって異なりますが、基本的には「核」と「細胞体」とに区分します。

 

 

 

細胞体は「細胞質」で満たされており、種々の機能を営む「細胞小器官」(ミトコンドリア、ゴルジ装置など)を含みます。

 

 

 

ややこしくなってきましたね(笑)理科の時間を思い出してみて下さい。

 

 

 

眠くなってきてブログを閉じたくなってきたでしょう。

 

 

 

もう少しで終わります。

 

 

 

この「細胞」が集まって、「組織」になると書きましたが、各細胞の間には「細胞間質」(基質)とよばれる物質があり

 

 

 

構成細胞や細胞間質の種類や性状によって

上皮細胞(体表や器官を覆う細胞層)

支持組織(組織や器官の間を埋め、これらを支える。結合組織とよばれる)

筋組織(筋繊維細胞のあつまり)

神経組織(神経細胞と細胞膠細胞で作られる)

 

 

 

4つの組織に分けられて、これらが器官(臓器)を構成しています。

 

 

 

内臓だけでなく、皮膚や骨などの組織もこのように構成されますが、

 

 

 

支持組織の細胞間質の性状によって、血液やリンパなどの液状であったり

 

 

 

固い間質であれば骨組織が作られるのです。

 

 

 

少し眠たい話になりましたが、人体の組織や発生を知る事は、施術においても大切な事なのです。

 

 

 

来週、海外講師による組織学と発生学の授業を受ける予定になっていて、自分が復習しときたかったから

 

 

 

今回のテーマで書いているわけではありません(笑)

 

 

 

解剖学だけでなく、組織学、発生学を基に施術を行っていく沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院

81306024007298

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。