TEL

Blog記事一覧 > 解剖学 > 癌について知り、施術において注意する 宜野湾市 さくがわ接骨院

癌について知り、施術において注意する 宜野湾市 さくがわ接骨院

2016.10.04 | Category: 解剖学

先日人体における「細胞」や「組織」についてお話しましたので、ついでに「癌」について説明します。

 

 

 

癌というと、一般的には悪性腫瘍というイメージしかないですが、医学上の定義は少し違います。

 

 

 

人体を構成する細胞は、その構築と機能を保つようコントロールされていますが

 

 

 

まれに、これを無視して自分勝手に無目的に過剰増殖をする細胞集団が出現し

 

 

 

これを「腫瘍」または「新生物」とよびます。

 

 

 

自分勝手に無目的にと書きましたが、この発生には人体に有害な発ガン性物質などが関与しているのは間違いないと思います。

 

 

 

「食」や「大気汚染」など、身体に取り込むモノには注意を払いたいですね。

 

 

 

専門家ではないので詳しく書きませんが、専門医の間でもさまざまな意見があるように思います。

 

 

 

手術してはいけない、抗がん剤はいけない、ガンにならないような食生活が大事。などの意見も多く、

 

 

 

我々もいろんな人の考えを知り、自分なりにも考える事が必要でしょうね。医者ですら分かれているわけですから。

 

 

 

少し話が逸れました(笑)

 

 

 

腫瘍には、良性のものと悪性のものがあり、悪性腫瘍は上皮組織由来のものを「癌腫」

 

 

 

非上皮組織のものを「肉腫」とわけてよびます。

 

 

 

組織については以前のブログで書きましたが、

 

 

 

非上皮組織とは、筋組織や神経組織、骨組織などです。

 

 

 

骨肉腫や悪性リンパ腫などは癌腫ではなく、これ(肉腫)に該当します。

 

 

 

悪性腫瘍は、

1無制限に増える「自律性増殖」

2周辺組織を破壊して広がる「浸潤」

3リンパや血液を介して遠隔臓器に移動する「転移」

 

 

 

 

これらの要件を満たしています。

 

 

 

身体にとって、又、普通の細胞たちにとっては

 

 

 

自分勝手に出てきて、人の敷地に入り込み、勝手に増えて、離れた土地まで繰り出していく

 

 

 

「ヤクザ」のような厄介な存在なのです。

 

 

 

もちろん接骨院で癌の手当ては出来ませんし、オステオパシーで改善できるものではありません。

 

 

 

しかし、知識を持っていなければ我々の業務はできません。癌と知らずに整骨院に来院する方もいるからです。

 

 

 

診断は出来なくても、疑いをもったらすぐに医療機関に紹介します。

 

 

 

実際、特に学生の膝などを診る時は、頭の一端で「骨肉腫」を気にしています。

 

 

 

体について気になる事は、沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院へご相談下さい。

98ea38691ecd58721b4f044edf99f661_s

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。