TEL

Blog記事一覧 > さくがわ接骨院 > スポーツや仕事におけるメンタルトレーニング 宜野湾市 さくがわ接骨院

スポーツや仕事におけるメンタルトレーニング 宜野湾市 さくがわ接骨院

2016.10.29 | Category: さくがわ接骨院

今日は治療をしていく上で、また仕事をしていく上で大事だと思い心掛けている文章を紹介します。

 

 

 

これは昔の剣豪「宮本武蔵」書き記した「五輪の書」の一文です。

 

 

 

この書はひたすら剣の道に生きた不敗の武芸者だった武蔵が、生涯の体験通じて得た兵法の極意を

 

 

 

地・水・火・風・空の五つの巻に記したものです。

 

 

 

その中でも非常に有名で、心に響く言葉が水の巻にあります。

 

 

 

~千里の道も一足宛はこぶなり。緩々と思ひ、此法をおこなふ事、武士のやくなりと心得て

(焦らずに目の前の事一つ一つ行うのだ。ゆっくりと気長にとりくみ、日々の修業が自らのつとめと心得て)

 

 

 

けふはきのふの我にかち、あすは下手にかち、後は上手にかつとおもひ

(今日は昨日の自分に勝ち、明日は自分より劣る者に勝ち、ゆくゆくはさらに強き者にも勝つと思い)

 

 

 

此書物のごとくにして、少しもわきの道へ心のゆかざるやうに思ふべし。

(この書物のとおり己を磨き、ブレないようにしなさい。)

 

 

 

縦ひ何程の敵に打ちかちても、ならひに背く事においては、実の道にあるべからず。

(たとえどんな勝利を得ようとも、信念をまげるなら、それは本当の道とはいえない。)

 

 

 

此利心にうかべては、一身を以て数十人にも勝つ心のわきまへあるべし。

(この事が理解できれば、一人で数十人の敵にも勝つ心得がわかるはずだ。)

 

 

 

然る上は、剣術の智力にて、大分一分の兵法をも得道すべし。

(そうあるからには、多対多の闘いも一対一の闘いの道理も体得するのだ。)

 

 

 

千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす。能々吟味有るべきもの也。

(千日の稽古を鍛といい、万日の稽古を錬という。よく学んでおくべきことだ。)

 

 

 

以上の文章です。どうでしょうか?()の訳文はこちらで勝手に解釈しております(笑)

 

 

 

現代においては古くさい考え方と捉えられる事もあるでしょう。

 

 

 

自分に合わない仕事はさっさと見切りをつけてしまうのも良いのかもしれません。

 

 

 

しかし、これと決めた道があるならば宮本武蔵の教えは参考になるはずです。

 

 

 

特に、結果がでなく苦しい時には後押ししてくれるので

 

 

 

スポーツ選手だけでなく、いろんな職業の方に読んでもらいたいですね。翻訳本が多数ありますので。

 

 

 

でも五輪の書の大半は、本当に剣術の心得を書き記したものなので注意して下さい(笑)

 

 

 

純粋に剣で人を切るために生きた人が書いた本ですが、

 

 

 

人の身体を治す職業にも活かす事が出来る不思議な話でした。

 

 

 

沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院

41bwmzrmnyl__sx355_bo1204203200_    推奨本 講談社学術文庫 五輪書

 

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。