TEL

Blog記事一覧 > ニュース > 生活習慣を見直してあごの痛みを改善

生活習慣を見直してあごの痛みを改善

2017.03.08 | Category: ニュース

日頃から、口が開けづらかったり食事のときにあごに

 

 

 

痛みがはしったりすることはありませんか?

 

 

 

あごの痛みは、関節だけでなく周りの筋に出ている事が多く

 

 

 

凝り固まっている状態や動きの悪い状態で起こります。

 

 

 

痛みの原因は、関節の動きの悪さですが

 

 

 

あごの周りの筋や筋膜に負担がかかる生活習慣やクセも大きくかかわってきます。

 

 

 

これらを見直すことで痛みを和らげることができます。

 

 

 

●このような生活習慣はありませんか?

上の歯と下の歯が常にくっついている

知らないうちに歯を食いしばっている

パソコン作業など、猫背であごを突き出すような姿勢を長時間続ける

ほおづえをつく

寝転がって本やテレビを観る

 

 

 

中でも、上の歯と下の歯をくっつける癖のある人は

 

 

 

「歯を離す」と書いたメモを目のつく場所に貼り

 

 

 

気付いた時に息を吐きリラックスするようにしましょう。

 

 

 

また、生活習慣を見直すだけでなく、筋肉の血行をよくする

 

 

 

ストレッチでも痛みの改善に繋がります。

 

 

 

●ストレッチのやり方

①右手を頭の上に添え、右耳を肩に近づけるようにする。

 左手は床に向けて伸ばす。(左右行う)

 

②右手を頭に添えたまま、鼻を右わきに近づけるように

斜め前に倒す。(左右行う)

 

 

それぞれ30秒×3回を朝・夕に

 

 

 

生活習慣の見直しやストレッチでも改善せず、痛みがひどい時には

 

 

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院へご相談下さい

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。