TEL

Blog記事一覧 > さくがわ接骨院 > 体のケアを大切にする宜野湾市のさくがわ接骨院

体のケアを大切にする宜野湾市のさくがわ接骨院

2017.03.14 | Category: さくがわ接骨院

こんにちは。先週の土曜日は休診しご迷惑をおかけしました。

 

 

 

 

東京での接骨院修業時代に交流のあった後輩の結婚式に招待され

 

 

 

 

鹿児島まで行ってきました。九州は福岡には、セミナーや旅行で何度か行った事がありますが

 

 

 

 

沖縄から一番近いはずの鹿児島には今まで行った事がなく、良い経験が出来ました。

 

 

 

風土はやはり沖縄と似ていて、温暖な気候と食べ物もとても気に入りました。

 

 

 

そんな中、沖縄には無い良い文化を鹿児島で体験しました。

 

 

 

指宿の砂蒸し風呂です。これは、鹿児島でも南の方にある「指宿」

 

 

 

という所にある世界でも珍しい温泉で、砂浜の下に温泉が湧いていて

 

 

 

その温泉に加熱された砂を、浴衣一枚の体にシャベルでかけてもらい

 

 

 

顔だけが出た状態まで埋められて行うものです。

 

 

 

歴史はかなり古く、島津義久が利用していたと書いてありました。

 

 

 

昭和初期頃の砂蒸しの風景という写真も貼られていましたが、

 

 

 

これは拡大写真なので、ぼやけて何が何だか分かりませんでした(笑)

 

 

 

実はこの温泉には行くつもりではなかったのですが、結婚式翌日に思ったより早く起きれたので

 

 

 

10時頃にレンタカーを借りて、1時間半の道のりを風呂だけの為に向かったのです。

 

 

 

なぜそこまでしたのかというと、オステオパシーの勉強をさせてもらっている協会の会長から

 

 

 

この温泉の良さを聞いていて、一度入ってみたいと思っていたからです。

 

 

 

ご本人も療養にたびたび訪れるらしく、「蕁麻疹が治った」と言っておられました。

 

 

 

人間の体は電気の刺激で動いていますが、現代の生活において

 

 

 

悪い電磁波が体内に入る事もあり、そのような事が関係しているのかもしれません。

 

 

 

実際入ってみると、5分くらいで全身が脈打つようになり

 

 

 

体循環が明らかに良くなっていくのが分かりましたし、お湯で温められるよりも

 

 

 

長く入っていられたのは、湯あたりしない成分があったからだと思います。

 

 

 

そして、体内から何かがスーっと抜けていくように楽になる感じがしました。

 

 

 

こんど電磁波についてもう少し詳しく書きたいと思いますが、

 

 

 

元々、地球自体も電気が溜まると、海や地面に放電し また上空に電気が溜まりを繰り返しているそうです。

 

 

 

海や砂浜は人間の体内の電磁波などを、出してくれる「アース」の役割があるのかもしれません。

 

 

 

いろいろな患者さんをみていると、明らかに電磁波の影響で関節や内臓系を

 

 

 

悪くしている方がいます。

 

 

 

そのような方達を治療していると、さすがに自分も悪くなるのです。もちろん日頃から対策はしていますが。

 

 

 

いろいろな角度から体をケアする沖縄県宜野湾市のさくがわ接骨院

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。