TEL

Blog記事一覧 > 交通事故治療 > 交通事故に遭ってしまい同乗者がいたケース 宜野湾市さくがわ接骨院

交通事故に遭ってしまい同乗者がいたケース 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.04.15 | Category: 交通事故治療

こんにちは。本日は交通事故に遭ってしまい、同乗者がいた場合の対処を

 

 

 

 

症例を一つあげながらお伝えしていきます。

 

 

 

 

宜野湾市内に在住の主婦の方が、普段よく使う道路で事故に遭ってしまいました。

 

 

 

 

交差点に進入した時に、前方不注意の車が優先妨害で横から飛び出してきたそうです。

 

 

 

 

相手は自分の非を完全に認めて謝罪していますが、100%の過失と決定する事は出来ません。

 

 

 

 

事故の過失割合は、ケースによって決まっているので

 

 

 

 

どんなに本人同士が10対0と言っても、専門家(任意保険会社)同士の話と状況確認から

 

 

 

 

判断されてしまいます。これは仕方ありません。

 

 

 

 

今回のケースも10対0ではありませんでしたが、相手が謝るのと強気にでてくるのでは

 

 

 

 

精神的にかなり違います。損保会社とのやりとりもスムーズに行われて

 

 

 

 

当院で治療をする運びとなりました。今回の注目ポイントは

 

 

 

 

子ども(中学生)が同乗しており、ぶつかった衝撃で足首と膝を捻ってしまった事です。

 

 

 

 

このような場合はもちろん同乗者の子どもも自賠責保険の対象となり

 

 

 

 

治療を受ける事が可能です。同乗者の人数も制限はありません。

 

 

 

 

もちろん車の定員は決まっていますよ(笑)

 

 

 

このような当たり前の事でも、初めてだからどうすればよいのか分からないという方は当然いらっしゃいます。

 

 

 

その上、交通事故の時はお互いにパニックになってしまっていますので

 

 

 

慌てずに、状況をよく判断する事が大切です。なぜなら一度示談をしてしまうと

 

 

 

自賠責保険を使って治療を受ける事が出来なくなるので、

 

 

 

自分はその場で大丈夫と判断できても、同乗者に後で痛みが出てきたら困る事になります。

 

 

 

冷静になって対応していきましょう。

 

 

 

二人とも当院にて、ムチウチと手首や膝の捻挫の治療を行っていて、良くなってきています。

 

 

 

またの機会にどのような治療をしているかをお伝えしますね。

 

 

 

交通事故に遭ったら沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院へご連絡下さい。

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。