TEL

Blog記事一覧 > オステオパシー > 身体の調整は流体的に考える 宜野湾市のさくがわ接骨院

身体の調整は流体的に考える 宜野湾市のさくがわ接骨院

2017.06.22 | Category: オステオパシー

こんにちは。先週は休診中にお電話を頂いたり、痛みを我慢された方にはご迷惑をおかけしました

 

 

 

お陰で無事に神戸でオステオパシーの授業を受けて、帰ってくることができました。

 

 

 

今回は人体を構成する要となっている「膜」という組織の特性と、重要性を再確認です。

 

 

 

人体だけでなく動物にも共通の「膜」は、「繊維性だけでなく液体的な結合組織である事」もその一つです。

 

 

 

解剖図などに載っている「絵」はネッターなどの専門書ですら単純化されており

 

 

 

特に「筋膜」などの注目を集めない組織は、かなり大雑把なに描かれています。

 

 

 

解剖図だけでなく、屍体解剖の写真をみても、ホルマリンに浸かってしばらくたった「物体」

 

 

 

なので、「生命」を感じる事はできず、本物の生物のイメージはつかめません。

 

 

 

医療者が本来学ぶべきは生きた組織の解剖なのです。医師は大学で手術などから学べますが

 

 

 

我々はそう簡単に、そして頻繁に学べるものではないので

 

 

 

今回の授業では、カナダの先生に狩ったばかりの鹿の解剖写真を見せて頂き

 

 

 

生体により近い状態の体内の繋がりと、流体的な要素を学ぶ事が出来たのです。

 

 

 

次回はその内容のおもしろかった部分を少しご紹介したいと思っています。

 

 

 

身体の事でお悩みの方は、沖縄宜野湾市のさくがわ接骨院へご相談下さい

 

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。