TEL

Blog記事一覧 > オステオパシー > 沖縄でオステオパシーの事を知りたい方は 宜野湾市さくがわ接骨院

沖縄でオステオパシーの事を知りたい方は 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.08.04 | Category: オステオパシー

こんにちは。先日のブログでご紹介する事をお約束したので

 

 

 

研修の内容を少しお話しします。

 

 

 

基本的に整骨院や接骨院では「筋・骨格」系への施術が主ですが

 

 

 

オステオパシーでは、身体の中で機能不全になっている部分全てに

 

 

 

アプローチできなければいけません。今回は基礎的な軟部組織のテクニックから学んでいきました。

 

 

 

軟部組織のテクニックは、筋・筋膜やその関連要素である神経や血管を対象とし

 

 

 

直接的、又は間接的に行うものを原則としています。

 

 

 

基本的に人体において、緊張状態や硬い状態よりも弛緩した状態や柔らかい状態

 

 

 

の方が良い状態である事はイメージできると思います。

 

 

 

過度な緊張や硬さは、組織における栄養や酸素を妨げ、老廃物を除去しにくくしてしまいます。

 

 

 

これらの組織に対する基本中の基本(牽引、揉捏法、抑制)から学び直しました。

 

 

 

さらに、関節の動きから検出されるバリア(第一、第二)を触知し

 

 

 

この動きの制限を破っていく「モビリゼーション」も基本の操作ですが

 

 

 

出来ていたつもりになっていたものもありました。

 

 

 

これらの基本に加えて、先日のブログでお伝えした「筋膜リリース」が

 

 

 

今回の研修の大きなテーマでした。

 

 

 

「筋膜リリース」と名前はついていますが、関節や骨や内臓に至るまで

 

 

 

全てに「膜」という組織が結合し、それらの動きを解放していく事を示します。

 

 

 

さくがわ接骨院で行うオステオパシーは基本的に全てこの理論を用いています。

 

 

 

なのでこれも出来て当たり前だったのですが、授業では新たな発見が。。

 

 

 

これに関しては先日お話しした通りです。

 

 

 

身体をこれほどまでに統合的に診ていく学問は存在しないのではないでしょうか。

 

 

 

奥が深いオステオパシーの勉強です。

 

 

 

沖縄でオステオパシーという整体を良く知りたい方は

 

 

 

宜野湾市のさくがわ接骨院へご相談下さい。

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。