TEL

Blog記事一覧 > オステオパシー > 交通事故で首と右手首を負傷し数か月痛みがとれないままなので来院した女性 宜野湾市さくがわ接骨院

交通事故で首と右手首を負傷し数か月痛みがとれないままなので来院した女性 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.11.04 | Category: オステオパシー

こんにちは。本日はオステオパシーの症例をお話しします。

 

 

 

自動車の運転中に追突されてしまい、首と手首を負傷してしまった女性の例です。

 

 

 

通常、交通事故による怪我の場合は自賠責保険で治療費を負担し

 

 

 

その代行を任意保険の会社が行っています。

 

 

 

この女性も、当院に来院するまでは整形外科や整骨院での治療を

 

 

 

自賠責保険を使って受けていたそうです。

 

 

 

しかし、半年ほど通っても痛みが残ったままなのに

 

 

 

客観的な目安で損保会社に請求を打ち切られてしまったそうです。

 

 

 

負担金無しの治療をずっと受けても良くならず

 

 

 

しまいには「終了してくれ」と打ち切られてしまった結果

 

 

 

精神的にもかなり負担がかかっていました。

 

 

 

このままの治療を、健康保険に切り替えて(自己負担金が発生)

 

 

 

受け続けるよりも、転院して違う角度からみてもらえるところを探して

 

 

 

当院に来院されました。整形外科や整骨院での治療を受けていたので

 

 

 

さくがわ接骨院も同じ結果にならないか心配されたようですが

 

 

 

オステオパシーという医学を信じてみたかったそうです。

 

 

 

実際に彼女は通院が必要なくなるまで回復したのですが

 

 

 

首と手首の痛みが良くなるまでに、どのようにアプローチしたかというと

 

 

 

まず最初に「仙骨」という骨盤の中心にある骨と

 

 

 

足根骨、胸膜、心膜の硬さをとっていきました。

 

 

 

脊柱のバランスも良くなかったので(事故の前からと思われる)

 

 

 

良い可動性にもっていくようにして、バランスをとり

 

 

 

頚椎自体にも心臓と繋がっている靭帯の硬さや動きの悪さがあったので

 

 

リリースさせて、手首にも直接手を加えました。

 

 

 

週一回の治療で、合計7回の通院を要しましたが、半年経っても少しも変化が無かった事から

 

 

 

比べると、2ヶ月で治ると思っていなかったと「結果に満足」

 

 

 

してもらえました。長く変化がない痛みや症状をお持ちの方や

 

 

 

どこに行っても治らなかった、従来の整形外科的アプローチに満足していない方などにこそ

 

 

 

沖縄の治療院を全て巡ってしまう前に

 

 

 

沖縄・宜野湾市さくがわ接骨院へご相談下さい。

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。