TEL

Blog記事一覧 > オステオパシー > 無痛整体の理論はオステオパシーのインダイレクトテクニック 宜野湾市さくがわ接骨院

無痛整体の理論はオステオパシーのインダイレクトテクニック 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.11.08 | Category: オステオパシー

おはようございます。本日は午後の受付が短縮になり

 

 

 

14時~16時までの診療です。

 

 

 

明日からは神戸にて行われるオステオパシーカレッジの授業に参加してきます。

 

 

 

今回はストレイン・カウンターストレインというオステオパシーの

 

 

 

間接法の代表的なテクニックがメインとなっています。

 

 

 

このテクニックも今まで何度か学んだ事がありますが

 

 

 

今回のようにアメリカのドクターから教えてもらうのは初めてなので

 

 

 

楽しみにしています。

 

 

 

間接法は臨床でも多用するテクニックで

 

 

 

動かない(動きの悪い)方向に向かって直接動きをだしていく

 

 

 

テクニック(スラストやストレッチ)とは反対に

 

 

 

良い動きの方向に対し角度をとったり動かしたりすることでバランスをとり

 

 

 

筋膜などの組織がゆるんでいきリリースされます。

 

 

 

痛みの方向とは逆に動かして行う治療なので

 

 

 

激痛に耐えがたい急性腰痛などへも適用でき

 

 

 

局所的な圧痛点を何とかして欲しいなどの患者さんには

 

 

 

インダイレクトテクニック(カウンターストレイン)が重宝しています。

 

 

 

インダイレクトテクニックが上達する事はオステオパシーの

 

 

 

無限の可能性の第一歩として、しっかりと再学習してきたいと思います。

 

 

 

痛みのでないソフトな治療を希望される方は

 

 

 

沖縄・宜野湾市さくがわ接骨院のオステオパシーを受けてみて下さい。

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。