TEL

Blog記事一覧 > オステオパシー > 楽な姿勢と痛みの出ない施術 宜野湾市さくがわ接骨院

楽な姿勢と痛みの出ない施術 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.11.14 | Category: オステオパシー

こんにちは。月曜日は5日ぶりの施術となりました。

 

 

 

 

前回ブログでお伝えした通り、オステオパシーカレッジの講義を受けるため

 

 

 

 

神戸に出張しておりました。今回も実り多き研修だったので

 

 

 

 

ご報告させて頂きます。

 

 

 

 

オステオパシーのテクニックの一つである「ストレイン・カウンターストレイン」

 

 

 

 

起源はアメリカで、ローレンス・ジョーンズという医師に

 

 

 

 

よって創始されました。それから60年くらい経っていますが

 

 

 

 

現在でも王道のマニピュレーションテクニックとして使用されています。

 

 

 

 

ローレンス・ジョーンズ医師は、自身の診療所に来院した

 

 

 

 

難治性の脊柱の病変を持った男性に対して、楽な姿勢を保持して

 

 

 

 

もらう事で疼痛の軽減が起こった事を発見し

 

 

 

 

その後に圧痛部位(テンダーポイント)を研究して

 

 

 

 

このポイントを楽な姿勢で緩める事が、体性機能障害の改善

 

 

 

 

に繋がる事を突き止めて、臨床的に活用されました。

 

 

 

 

現在ではさらに研究が進み、科学的に証明されたテンダーポイントの

 

 

 

理論(慢性疼痛時のγ運動ニューロンの抑制)が

 

 

 

 

世界中に理解されているからこそ、廃れる事のない

 

 

 

 

テクニックとして学ばれているのだと思います。

 

 

 

 

合わせて教えてもらった「チャップマン反射」も

 

 

 

 

体表から内臓疾患を考える指標(体性ー内臓反射)となり、今後の臨床に役立ちそうです。

 

 

 

 

今回の授業はアメリカからドクター・オステオパシーのマイケル・クリス先生が

 

 

 

 

担当してくれました。デモンストレーションで見せてくれた

 

 

 

 

流れるような治療とその影響力に、皆がとても魅せられていた

 

 

 

 

最高の瞬間でした。と同時に、いつか自分もこのレベルの治療を・・

 

 

 

 

と思う事ができたので、まず一歩前進できたと思います。

 

 

 

 

わざわざこの人の治療を受ける為に、日本から年に数回アメリカへ渡る患者さんも

 

 

 

 

居るそうです。人に何かしら影響を与える事の出来る人間に

 

 

 

 

なれる可能性が溢れている、オステオパシーの素晴らしさを

 

 

 

 

ここに再認識できました。

 

 

 

 

慢性疼痛で様々な治療を受けたが良くなっていない方

 

 

 

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院へご相談下さい。

 

DSC_0118

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。