TEL

Blog記事一覧 > 解剖学 > 脊柱の様々な疾患について 宜野湾市さくがわ接骨院

脊柱の様々な疾患について 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.11.17 | Category: 解剖学

こんばんは。本日は解剖学の中の「脊柱」にスポットを当て

 

 

 

疾患と、さくがわ接骨院で行える施術の範囲をお伝えします。

 

 

 

腰痛が高齢者の最も多い愁訴と言われるように、

 

 

 

脊柱は整形外科領域における重要な部分です。

 

 

 

脊柱に起こる疾患の中には、脊椎披裂(二分脊椎)などに代表される

 

 

 

脊柱管の形成異常や、側弯症や円背(亀背)のような

 

 

 

椎体変形による脊柱の異常弯曲、さらに椎間円板の変性によって生じる

 

 

 

椎間板ヘルニアなどが含まれます。

 

 

 

胎生期、椎弓は左右別々に発生し(同じ中胚葉ですが)、

 

 

 

それが構面で融合することにより椎孔(脊柱管)が形成されます。

 

 

 

左右の椎弓に融合不全(欠損)が生じたものが脊椎披裂ですが

 

 

 

欠損が大きいと内部の髄膜や脊髄の脱出を起こしてしまいます。

 

 

 

重症度によって、二分脊椎、髄膜瘤、脊髄髄膜瘤に区分されます。

 

 

 

腰仙椎移行部に多くみられるそうです。

 

 

 

一方、脊柱の弯曲異常も様々な原因で生じる病態です。

 

 

 

側弯症は脊柱が左右に弯曲するもので、思春期女子に多くみられる

 

 

 

特発性側弯症が80%を占めるといわれます。

 

 

 

心臓の位置との関連からか、胸~腰椎で右凸側弯を示す事が多いようです。

 

 

 

また、円背は後湾症とも言われ、胸椎の生理的後弯が増強したもので

 

 

 

老人の腰まがり(老人性円背)などがあります。

 

 

 

椎骨の変形や椎間板の変性が関わっています。

 

 

 

上述した疾患の中で、発生学的な病変(生まれつき)は

 

 

 

どのようなアプローチをしても、良くなるものではありません。

 

 

 

しかし、後天的な側弯症や変形などは、元通りにとまではいかなくても

 

 

 

オステオパシーを用いて、現状より少しの改善、又は現状維持を

 

 

 

目標にアプローチする事は可能です。

 

 

 

椎間板ヘルニアなどの変性も、形がキレイに元の状態に戻る事が

 

 

 

ゴールではなく、機能的に、痛みが軽くて生活がしやすい

 

 

 

という目標は確実に達成されます。

 

 

 

椎間板ヘルニアなどの脊柱の疾患でお困りの方は

 

 

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院へご相談下さい。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。