TEL

Blog記事一覧 > オステオパシー > 60代男性の慢性腰痛をオステオパシー施術にて 宜野湾市さくがわ接骨院

60代男性の慢性腰痛をオステオパシー施術にて 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.11.24 | Category: オステオパシー

こんばんは。本日はオステオパシーの症例を一つお伝えします。

 

 

 

60代の男性で宜野湾市内から来院の患者さん。

 

 

 

主訴は腰痛で、慢性化しており、時折急に激痛が走り

 

 

 

立てなくなる状態が続くそうです。

 

 

 

今回当院に来院するきっかけは、知人の紹介だそうですが

 

 

 

その直前に整形外科のある総合病院を受診し、画像診断にて

 

 

 

腰の5番目の骨がずれていると言われたそうです。

 

 

 

・・・?まあだいたいこのような診断をもらった場合、他に

 

 

 

言う事が無かったというケースが多いと思います。

 

 

 

ホームページでも書いていますが、病院にとって一番大事なのは

 

 

 

命に関わる病気や機能障害の元を見つけ出すことであり

 

 

 

ガンやヘルニアなどの所見を見逃さないように注意していると

 

 

 

思いますが、大病ではないと分かった患者さんの関節の動きや

 

 

 

筋の質などを細かく触診したり、動きの検査をしたり

 

 

 

という事は出来ないですし、やる必要がないのです。

 

 

 

というわけで、今回この患者さんの身体はさくがわ接骨院で

 

 

 

細かくチェックする事になったのでした。

 

 

 

まず、注目したのはこの方の体型、かなり太っていて

 

 

 

確かに第五腰椎の変性などもありそうですが、「腹膜」の硬さと

 

 

 

右膝の制限に最初に目が留まりました。

 

 

 

聞いてみると、手術の既往があり、かなり重心が偏っていて

 

 

 

同側の踵にも動きの悪さがでていました。

 

 

 

初検時に「腸間膜」をリリースし、膝の手術痕を頭蓋反射ポイントを使って

 

 

 

治療した段階で、かなりバランスがよくなり、痛みの軽減がみられました。

 

 

 

治療計画とゴール設定を話し合い、痛みの軽減だけでなく

 

 

 

この機会に身体の悪い部分を全て改善していきたいという事でしたので

 

 

 

合計10回の治療で、腎筋膜や脾臓の周り、胸郭や隔膜にいたるまで

 

 

 

様々な運動制限を見つけてリリースし、健康な体に戻ったところで終了しました。

 

 

 

目標(ゴール)は人それぞれの考え方によって決まります。

 

 

 

健康維持のための予防医学としても使えるのがオステオパシーのメリットなのです。

 

 

 

身体の不調でお困りの方は、沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院へ

 

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。