TEL

Blog記事一覧 > ニュース > 肩かけかばんなどから身体のゆがみに注意 宜野湾市さくがわ接骨院

肩かけかばんなどから身体のゆがみに注意 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.12.15 | Category: ニュース

こんにちは。本日は身体のゆがみについて考えましょう。

 

 

肩かけかばんを無意識のうちにいつも同じ側に

 

 

 

さげていませんか?この癖で筋肉のバランスが

 

 

 

悪くなっているかもしれません。

 

 

例えば、左肩にかばんをさげると、重みで左肩が下がったり

 

 

身体が左へ傾いたりします。

 

 

そのため、左肩を上げたり身体の右側の筋肉を

 

 

働かせたりして、身体はバランスを保とうとします。

 

 

すると左の首から肩にかけての筋肉、右の背筋など

 

 

背中の筋肉に負荷がかかるため、身体がゆがむ原因になってしまいます。

 

 

そこで重心が身体の中心に寄るたすきがけのような

 

 

カバンの下げ方をすれば、バランスの悪さはある程度

 

 

解消されます。ただ、両側に均等に負荷がかかるわけ

 

 

ではないので、さげる方を交互に代えるなどの工夫が必要です。

 

 

また、血行のよい風呂上りなどにストレッチをして

 

 

ゆがんだ身体のバランスを、改善する手助けをしましょう。

 

 

●身体のバランス改善ストレッチ

 

 

1.首や肩のストレッチ

手で壁を押し、腕を外方向に伸ばす。首の筋肉は

逆方向に伸ばす。

 

2.脇腹や腰のストレッチ

頭上で片方の手を持ち、脇腹から腰にかけての

筋肉を伸ばすイメージで引っ張る。

 

3.お腹周りを鍛える

みずおちから下の筋肉を凹ませながら

10~15秒維持する。

 

※全て呼吸を止めずに痛みが出ない程度行います。

 

 

 

ストレッチは1日1回するだけでも随分体の調子は変わって

 

 

きます。さらに左右のかける側を変えてみたり

 

 

上手に肩掛けかばんと付き合いましょう。

 

 

肩掛けかばんだけでなく、日頃何気なく使っているものや

 

 

行っている動作が、身体のバランスを崩していませんか?

 

 

繰り返しの動作などが原因で、ゆがんでしまう事も多いので

 

 

注意してみましょう。

 

 

また、ストレッチや運動でも解消しない動きの悪さは

 

 

オステオパシーの施術を受ける必要があるかもしれません。

 

 

動かなくなっている関節や内臓の膜は

 

 

やがて離れた所に影響を及ぼしてしまうので

 

 

しっかり解決していきましょう。

 

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院

 

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。