TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害 > 肘の痛みを改善する方法 沖縄のさくがわ接骨院

肘の痛みを改善する方法 沖縄のさくがわ接骨院

2018.01.19 | Category: スポーツ障害

こんにちは。本日はスポーツ障害についてお伝えします。

 

野球部に所属する小学生男子が肘の痛みを訴えて来院したときのお話しです。

 

 

野球で酷使しすぎると痛める肘の損傷ですが

 

 

特にピッチャーが投げ過ぎて痛めるケースが多いと思います。

 

 

一般的な整形外科的考察から原因をあげるとすると

 

 

「繰り返しボールを投げる事によって過剰な肘への負荷が蓄積されて

肘の外側で骨同士がぶつかり、骨・軟骨が剥がれたりするとともに

肘の内側では靭帯や腱・軟骨の損傷、後方では関節の痛みなどがおこります。」

 

 

という説明になるでしょう。

 

 

特に成長期で骨がまだ強くなっていないうちから

 

 

過剰に反復した外力を加え続ける事は「野球肘」の症状だけでなく

 

 

骨の成長軟骨を痛めて、骨が伸びにくくなる又は曲がって伸びてくる

 

 

ような成長障害を生む原因にもなってしまいます。

 

 

では、どのように捉えて施術していくのかをお話しします。

 

 

まず、一言で「肘」と言っても骨同士の繋がりは一つではありません。

 

 

上腕骨と尺骨、上腕骨と橈骨、橈骨と尺骨の関節があります。

 

 

多くの問題は上腕骨と橈骨の関節に起こるのでここの制限をリリースし

 

 

続いて橈骨と尺骨の近位の関節を治療しました。これらは

 

 

オステオパシーのテクニックによるものです。

 

 

今回のケースはこれで痛みがとれましたが

 

 

基本的に「身体」は繋がっているので、肩や手首の問題から

 

 

肘にきている場合もあります。状態をよく診て施術を行っていく事が重要です。

 

 

今回の小学生の男の子のケースは、重篤な状態まで

 

 

我慢したものではなかったのですが

 

 

スポーツ障害の場合、我慢して悪くなってくるケースも多いので注意が必要です。

 

 

他の同級生に負けたくない、試合に出続けたい

 

 

指導者に怒られそう、休んだらつまらないなどの理由で

 

 

ギリギリまで我慢してしまうと、余計に予後が悪く長引きます。

 

 

子どもがスポーツで痛みを訴えたら、迷わず連れてきてください。

 

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。