TEL

Blog記事一覧 > オステオパシー > オステオパシー 沖縄→東京

オステオパシー 沖縄→東京

2016.07.25 | Category: オステオパシー

7/23(土)~24(日)はオステオパシーの勉強の為、沖縄→東京に行ってきました。11時30分くらいの到着便です。

セミナー等で沖縄を離れる事は年間10~12回くらいで、東京は今年2回目でした。日本オステオパシープロフェッショナル協会は神戸にあるので、神戸に行く事が多く、関西空港の利用が1番多いです。関空も大きいですが、やっぱり羽田=東京はスケールが違いますね。人の多さ、便の多さ、忙しそうな雰囲気など。何度行っても感じます。自分自身、関東には13年くらい住んでいた事があり羽田空港を今まで何十回利用したかわかりません。雰囲気には慣れてはいるので圧倒される事は無いのですが、やはり飛行機から降りて空港内に入る時には、他の空港では感じない感慨があるんです。20代全て含めて余るほど生活していたので、それなりに色々な事もあったなとか、いろんな人が東京に憧れて来てるのかな、とか感じてるのかもしれません(いや、他の人の事は考えてないか)。いざ歩き始めたらもう京急は何分に来て何処で乗り換えたら一番効率が良いかを調べている自分がいるので、感慨も何も無いですね。やはりこれが東京です。このセカセカが。

 

オステオパシーは日本では主に手技による医療体系である為、実技のセミナーが多く、今回も夜までみっちり頭と体を使う事が分かっていたので、まずは13時30分のセミナー開始までに腹ごしらえをしなくてはいけません。折角東京に行くなら、東京ならではのラーメン屋さんとか、今まで食べた事ない所で食べたいなと出発前は思っているのですが、性格的にその時になって食べたいものが優先されるので、前もって決めていたちょっと有名な東京でしか食べれないラーメン屋を回避。カツ丼が食べたかったので、富士そばに入りました(笑)←(沖縄の人にはこの笑いの意味わからない)。東京の人からしたら、めずらしく東京来てるのにわざわざ富士そば!?って感じのチェーン店です。まあ、グルメ旅行に来てるのでなく、勉強に来てますからね。一緒に付いてきた汁が濃くて醤油飲んでるみたいでした。味覚が変わったのか、たまたまそこの富士そばがそうだったのか。。カツ丼は美味しかったです。(富士そばもある意味では東京らしくて良かったかもしれません。)

 

無事に二日間のセミナーを終えて、沖縄へ戻る便はいつも決まって日曜日の最終便。22時30分くらいの那覇着です。やはり、沖縄に帰ると安心します。東京に住んでいた頃は沖縄が物足りなかったですが、沖縄に戻り慣れると、東京はたまに行くのがいいなと実感。今度はおいしいラーメンを食べたい気分になる事を願っています。ちなみに土曜日の夜は居酒屋、日曜昼はSUBWAY、夜は空港でハヤシライス・・ 全部チェーン店だと気が付きました。

 

次回の特別日程は8/7(日)の神戸でのセミナー出席の為、8/6(土)は16時までとなります。少しの時間短縮なので、逆にわかりづらく、ご迷惑をおかけします。

オステオパシーを沖縄で受けてみたい方は宜野湾市のさくがわ接骨院へご連絡ください。

0191147288dba307c8607e183d23de55_s

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。