TEL

Blog記事一覧 > 食生活 > 身体に影響を与える食についてのまとめ 宜野湾市の整骨院

身体に影響を与える食についてのまとめ 宜野湾市の整骨院

2016.08.16 | Category: 食生活

今日はお盆の中日です。内地から帰ってきた方も多いと思いますが、夏季休暇中に体調を崩さないように過ごしましょう。


嘉手納高校の皆さんは甲子園の戦いおつかれさまでした!沖縄の皆さん、残念でしたが労いましょう!


さて、連日フランス人のオステオパスであるバラルD.Oの著書を教本に、食生活の関節への影響についてお伝えしていますが、今日は最後になります。


・アルコール   これはやはり大きな問題となります。関節に痛みがあればまずビールをやめるべきと言えます。


ビールは糖質とアルコールの組み合わせであり、関節・筋・腱・に尿酸塩の微細結晶を蓄積しやすくするそうです。他にもウィスキーやジン等の強いアルコールも良くありません。


お盆で帰省し、夏バテ気味になっている身体には尚更良くないので気を付けて下さいね(笑)


アルコールの中でも、ワインには抗酸化物質であるポリフェノールが多く含まれており、特に赤ワインは白ワインの10倍含まれる為、飲むなら赤ワインとバラルは記しています。


《まとめ》関節の問題が繰り返し起こる方は、以下のものを避けて下さい。

・豚肉の加工食品(スパム好きには残念)
・脂身
・乳製品
・チョコレート
・甲殻類、貝類

・ビール、強いアルコール


なんでも過剰摂取は良くないと分かってはいても、好きなものはついつい食べ過ぎますよね。


チョコレートも完全拒否にするとストレスが心配と思う方は、影響を知った上で程々に食べたら良いのではと思います。


沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院では身体、食、精神、全ての繋がりを考えて身体の不調を診ていきます。

d0f61ec5d8596bac08899ab9acdcd8e4_s


 

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。