TEL

Blog記事一覧 > さくがわ接骨院 > 肩の痛みで来院した北谷町の患者さん 

肩の痛みで来院した北谷町の患者さん 

2016.08.27 | Category: さくがわ接骨院

今日は四十肩・五十肩の症例をお話しします。


先日、北谷町から来院された患者さんで60代男性。ここで「?」と思った方もいらっしゃると思います。


四十肩、五十肩なのに六十代?と思いますよね。これは結構よくお話になりますが、五十肩だからといって五十代のかかる病気というわけではありません。


この年代になってくると、体のいろんなところで変性が起きてきます。筋肉や腱、靭帯など関節を構成している組織の性質が変化し、硬くなって痛みや怪我の原因になってきます。


特に肩関節は機能性が高く、自分で動かせる関節の中で一番の可動域をもっています。それゆえに、関節は浅いので筋肉などの組織で補われています。


このような組織に変性が起こってくると肩は動く範囲が狭くなり、痛みを伴うようになってしまいます。


これが四十代以降に肩の痛みが出やすい原因の一つといえるでしょう。しかし、どのようなメカニズムで四十肩・五十肩になるのかは断定されておりません。


現代の医学でも、まだまだ分からない事はたくさんありますね。


この症状は大きく二つに分けられます。一つは、激痛で夜も眠れない程の痛みがあり、強い炎症が起きている急性期の症状。


もう一つは関節拘縮(固まったような状態)があり、肩を挙げたりする動きに制限がある慢性期の症状です。


多くの方は、最初は我慢してしまい慢性期になってから治療に行くでしょう。今回北谷町から来院された方もその一人です。


関節拘縮の状態になると動きが制限されているので、ちょっとの事で動きの許容範囲を超えた動きを強制されて痛みが強くなってしまう、いわゆる捻挫のような状態になってしまいます。


一刻も早く関節の捻挫の炎症を解決し、関節の動きを取り戻す運動療法に取り組まなければいけません。


次回はこの患者さんへのアプローチなどをお伝えします。


肩の痛みでお悩みの方は、沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院へご連絡下さい

aade9707545b26a0a152ae6c16c22429_s


 


 

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。