TEL

Blog記事一覧 > オステオパシー > 起床時の首痛、腰痛で来院 40代女性 宜野湾市さくがわ接骨院

起床時の首痛、腰痛で来院 40代女性 宜野湾市さくがわ接骨院

2016.09.05 | Category: オステオパシー

おはようございます。先日お伝えした脊柱の弯曲のお話をしていきたいと思います。


そもそも、なぜ背骨のカーブって必要なのでしょうか?


脊柱の役割としては、1.身体の支持 2.体幹の運動 3.脊髄の保護 があります。このうち、1.の支持については人間と動物で大きく異なります。


四足歩行の動物では背骨は梁(ハリ)の役割ですが、直立二足歩行の人間では柱の役割をします。


動物の背骨は人間と違い、全体的なアーチ状で後弯していますが、人間のみ前弯と後弯が交互に存在しているのです。


基礎的な弯曲は人間も後弯ですが、生後数が月で首がすわり頚椎の前弯が現れます。一歳頃になり、立って歩くようになると腰の前弯が現れます。


このことから、人間には垂直に立って活動する際、身体を支え、内臓を守り、重力に抗していく為に弯曲が必要だと考えられています。


背骨が動物の様に後弯だけだと、バランスよく二本の足で立って活動する事が難しく、背骨の前方にある椎間版などは全部重力による負担をうけて潰れてしまうかもしれませんね。

 

悪いモデルとして取り上げたこの女性もこの大事な弯曲が消失してしまっていた事により、首まわりや腰まわりに運動制限がでていました。


まずは身体のバランスを上手くとってもらえるよう、制限が出ていた足首の施術を行い、その後で胸椎という肩甲骨あたりの背骨を良い位置に持っていき


最後に頚椎の治療を行いました。この日は腰椎にはそんなに触っていませんが、治療直後からの痛みの軽減と動きの良さを首にも腰にも確認できました。


弯曲は簡単に取り戻せるものでは無いですが、まずは痛みを取り除いてあげる事に重点を置いて、今後の治療で改善を行っていきます。


腰や首の痛みでお悩みの方は沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院へご相談下さい。

144c0f784515efb98cfefd5829b680af_s

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。