TEL

Blog記事一覧 > ニュースの記事一覧

腰痛や肩こりへの湿布について 沖縄さくがわ接骨院

2018.01.23 | Category: ニュース

こんにちは。本日はよく聞かれる質問についてお答えします。

 

 

健康保険の適用にはならない腰痛や肩こりを改善する為には

 

 

部分的にマッサージをしたり、温めたりするより

 

 

根本的な身体の構造(バランス)を見直して土台を安定させる

 

 

オステオパシーによるアプローチが近道ですというのは

 

 

以前からお伝えしておりますが、なんとかその日その時を

 

 

乗り切るために「対処」しなければならない場合があると思います。

 

 

その時に「湿布は貼ってもよいの?」「湿布は冷たくてもよいの?」

 

 

などの質問をされることがあります。もちろん貼る事はよいのですが

 

 

関節の運動制限が解消して良くなるわけではありませんので

 

 

大きな効果は期待できません。

 

 

湿布は主に捻挫などの炎症期に対処する為に使用する事が一番です。

 

 

そのメカニズムは、捻挫や打撲などの怪我をしたときに

 

 

特定の酵素が活発になり、痛みの原因「プロスタグランジン」が

 

 

作られます。湿布を貼る事で有効成分が汗腺や毛穴から

 

 

染み込み、酵素の働きを抑えてプロスタグランジンを

 

 

作られにくくするのです。

 

 

湿布には冷感湿布と温感湿布がありますが

 

 

冷感湿布はメンソール、温感湿布はカプサイシンと

 

 

成分の違いがあるだけで、痛みを抑える成分も効果も同じです。

 

 

痛み止めの飲み薬と違い、湿布は内臓を痛めるはありませんが

 

 

貼ってから4時間ぐらいで効果は薄れてきます。

 

 

長時間貼り続けると皮膚がかぶれることもあるので

 

 

ご注意ください。

 

 

また、湿布で対処する事は一時凌ぎとして割り切り

 

 

キチンと改善させる為に、施術をうけるようにして下さい。

 

 

腰痛や肩こりなどで湿布をいくら貼っても治らないとお悩みの方

 

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院へご相談下さい。

腰痛の対策にもウォーキングが大切 宜野湾市さくがわ接骨院

2018.01.09 | Category: ニュース

こんにちは。本日はよく言われるウォーキングについてお伝えします。

 

 

一般的な生活を送っている方が、余分なカロリーを消費

 

 

するには一日万歩歩くと良いと言われます。

 

 

普段、デスクワークが多い方も通勤や昼休みを合わせると

 

 

約6000歩は歩いているので、意識して歩くのは残りの4000歩

 

 

と言われています。しかし、我々沖縄県民は

 

 

車での通勤が主で、昼休みも歩いて食事に出かける方が

 

 

少ないと思います。本土の生活よりも2倍歩く意識をしなければ

 

 

10000歩は難しいのではないでしょうか。

 

 

まずは30分4000歩を目指して歩く意識をつける事から始めましょう。

 

 

●30分も時間がない

連続して30分でなくても、10分を3回に分けて歩いたり

朝の20分+帰宅後10分など、通勤や昼休みも上手に使いましょう。

 

 

●どんな姿勢で歩けばよいか

横から見た時に耳、肩、股関節、膝、踵が真っ直ぐになるような

イメージを持ってみましょう。顎が前に出過ぎていたり

背中が後ろに出ていたりするのは良くありません。

正面からは肩、股関節、膝、踵のラインを意識して

ミズオチから下が足のつもりで骨盤と股関節を上手く動かせる

とより良い姿勢です。

 

 

●力をいれるのは

腹横筋という筋肉を常に働かせたままでウォーキングして下さい。

具体的には、おへそを背中の方に寄せる、お腹を凹ませる

イメージです。腹筋に力を入れる意識より

凹ませたお腹をキープする事が大事です。

 

 

●歩くスピードは

やや早めのペースで、腕を後ろに引きすぎると

ペースが落ちるので前に振り出すようにしてみて下さい。

 

 

姿勢と歩き方を心掛ければ、普段使っていない

 

 

筋肉を鍛えられ、凝り固まった身体をほぐせます。

 

 

ウォーキング日記などをつけて、道中の気づいた事

 

 

身体の変化などを記録しておくと

 

 

モチベーションを保つ事に繋がるはずです。

 

 

健康は意識して作り出す事が、現代社会では必須に

 

 

なっています。面倒なのは最初だけという気持ちで

 

 

頑張ってみましょう。何もしていない頃より

 

 

腰痛の改善にも繋がるはずです。

 

 

それでも改善しない慢性腰痛は

 

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院へご相談下さい。

肩かけかばんなどから身体のゆがみに注意 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.12.15 | Category: ニュース

こんにちは。本日は身体のゆがみについて考えましょう。

 

 

肩かけかばんを無意識のうちにいつも同じ側に

 

 

 

さげていませんか?この癖で筋肉のバランスが

 

 

 

悪くなっているかもしれません。

 

 

例えば、左肩にかばんをさげると、重みで左肩が下がったり

 

 

身体が左へ傾いたりします。

 

 

そのため、左肩を上げたり身体の右側の筋肉を

 

 

働かせたりして、身体はバランスを保とうとします。

 

 

すると左の首から肩にかけての筋肉、右の背筋など

 

 

背中の筋肉に負荷がかかるため、身体がゆがむ原因になってしまいます。

 

 

そこで重心が身体の中心に寄るたすきがけのような

 

 

カバンの下げ方をすれば、バランスの悪さはある程度

 

 

解消されます。ただ、両側に均等に負荷がかかるわけ

 

 

ではないので、さげる方を交互に代えるなどの工夫が必要です。

 

 

また、血行のよい風呂上りなどにストレッチをして

 

 

ゆがんだ身体のバランスを、改善する手助けをしましょう。

 

 

●身体のバランス改善ストレッチ

 

 

1.首や肩のストレッチ

手で壁を押し、腕を外方向に伸ばす。首の筋肉は

逆方向に伸ばす。

 

2.脇腹や腰のストレッチ

頭上で片方の手を持ち、脇腹から腰にかけての

筋肉を伸ばすイメージで引っ張る。

 

3.お腹周りを鍛える

みずおちから下の筋肉を凹ませながら

10~15秒維持する。

 

※全て呼吸を止めずに痛みが出ない程度行います。

 

 

 

ストレッチは1日1回するだけでも随分体の調子は変わって

 

 

きます。さらに左右のかける側を変えてみたり

 

 

上手に肩掛けかばんと付き合いましょう。

 

 

肩掛けかばんだけでなく、日頃何気なく使っているものや

 

 

行っている動作が、身体のバランスを崩していませんか?

 

 

繰り返しの動作などが原因で、ゆがんでしまう事も多いので

 

 

注意してみましょう。

 

 

また、ストレッチや運動でも解消しない動きの悪さは

 

 

オステオパシーの施術を受ける必要があるかもしれません。

 

 

動かなくなっている関節や内臓の膜は

 

 

やがて離れた所に影響を及ぼしてしまうので

 

 

しっかり解決していきましょう。

 

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院

 

呼吸が苦しい、疲れがとれないなどの患者さん 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.11.27 | Category: ニュース

こんにちは。オステオパシーで施術を行う前には全身の評価を行います。

 

 

 

腰や首が痛いという主訴を持っている方でも

 

 

 

頭の傾きや肩甲骨の傾きなど、指標になる部位のチェックから

 

 

 

モーションパルペーションと言って、動きでの検査をする事、

 

 

 

呼吸での肋骨の動きや横隔膜、肺の動きなども全てみていくのです。

 

 

 

それは、疼痛の原因が「筋骨格」だけと考える方が不自然だからです。

 

 

 

人間は呼吸し、ガス交換し、血液循環し、身体を動かしており

 

 

 

肺などの動きに左右差が検出されることは、そこに治療の必要があるという事です。

 

 

 

そして、なぜそうなるのか?まで考えるのもオステオパシー的考察になります。

 

 

 

外傷なのか?電磁波などの影響なのか?過去の手術の影響で

 

 

 

胸膜などの硬さがあるのか?ストレスが原因なのか?

 

 

 

さまざまな影響を受けて身体は悪い方向に向かう為

 

 

 

良い影響を与える努力をしなければいけません。

 

 

 

手技治療で行う事は、もちろんですが

 

 

 

今回は、自分で行うストレス解消に役立つ呼吸法もご紹介します。

 

 

 

ストレスを感じると人は呼吸が浅くなります。

 

 

 

呼吸が浅いと脳に酸素が行きづらくなり

 

 

 

ますます落ち着けなくなるという悪循環に。

 

 

 

腹式呼吸で効率よく酸素を取り込み、心身をリラックスさせましょう。

 

 

 

●腹式呼吸のやり方

1.お腹を凹ませ、口を大きく開けて「はー」と息を吐く

 

2.口をすぼめ「フッフッ」と息を吐き、最後に「フー」と肺の空気を出し切る

 

3.お腹を膨らませながら鼻からゆっくり息を吸う

 

 

ポイントは「吐いてから吸う」という順序と、ゆっくり息を吐くという事

 

 

「吐く:吸う」を2:1の配分で行うとよいでしょう。

 

 

 

また、お腹がしっかり動いているか確認しながら行って下さい。

 

 

 

深い呼吸は副交感神経を優位にし、気持ちを安定させます。

 

 

 

腹式呼吸を活用して、どんな時でも軽やかに過ごしておきましょう。

 

 

 

様々な原因から身体の不調を考える

 

 

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院

 

口内の乾燥と体液循環の悪さは様々な症状を引き起こす 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.11.07 | Category: ニュース

こんばんは。本日は健康ニュースをお伝えします。

 

 

 

昨日、70代のロック歌手の方がホテルで倒れて緊急搬送されたと

 

 

 

ニュースで報道されていました。原因は脱水症状だったようです。

 

 

 

なぜこの時期に?と思われますが、夏場の脱水症状とは違い

 

 

 

秋から冬にかけての乾燥状態によって水分を奪われてしまい

 

 

 

特に高齢者では喉の渇きを感じにくい為に、脱水症になりやすいそうです。

 

 

 

高齢者は喉の渇きを感じなくても水分補給はこまめに行う必要がありますね。

 

 

 

高齢者でなくてもこの時期に多いのは、「いつも口の中が乾いている」

 

 

 

「口の中に違和感が・・・」といった症状でしょうか?もしかすると

 

 

 

ドライマウスかもしれません。

 

 

 

ドライマウスとは、唾液が出にくくなり口の中全体が乾く病気です。

 

 

 

薬の服用や、他の病気、加齢やストレスなどいろいろな原因があるといわれています。

 

 

 

心当たりがなければ、こまめな水分補給はもちろんですが

 

 

 

食材を大きめに切り分けたり、噛みごたえのある食材を選ぶなど

 

 

 

食習慣を変えてみる事が改善と予防の第一歩です。

 

 

 

噛む回収を増やせばあごの筋肉が鍛えられ

 

 

 

唾液の分泌を促すことができます。また、飴やガムは

 

 

 

唾液を出す効果の他にも、食べている間は口を閉じているため

 

 

 

口の中が乾燥しにくいというメリットがあるため有効です。

 

 

 

唾液の量が減ると口の中を清潔に保てなくなり、

 

 

虫歯や歯周病になりやすくなったり、喉が乾燥して風邪を引きやすく

 

 

 

なったりします。乾きを感じる前に早めの対策を行いましょう。

 

 

 

人体にとって渇きは大敵、潤いは大切なものと

 

 

 

オステオパシーのブログでお伝えした事があると思います。

 

 

 

人間はほとんどが水分で、流れが必要なのです。

 

 

 

本日も治療の中で、流体テクニックを何度も行いました。

 

 

 

基本的に、体に何か問題がある方は循環の問題があると

 

 

 

思った方がよいかもしれません。

 

 

 

さまざまな症状を原因から考える

 

 

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院

 

体幹を鍛えて美しい背中と痛みの予防に 宜野湾市のさくがわ接骨院

2017.10.16 | Category: ニュース

こんにちは。本日は健康を作る為のエクササイズをお伝えします。

 

 

 

どんな人も自分では背中からの姿をみる事はできませんが

 

 

 

患者さんを治療する前と後には必ず背中から評価します。

 

 

 

肩甲骨や後頭骨などの重要な指標や、脊柱自体のカーブなど

 

 

 

 

様々な情報を語ってくれるので大事なポイントです。

 

 

 

これは背中だけの問題ではなく、離れた部分の「膜」の張力まで

 

 

 

チェックしているのですが、臨床的な部分で使っており一般的ではありません。

 

 

 

しかし客観的な評価はできなくても、自分自身で背中が丸くなっているな

 

 

 

と感じる方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

肩甲骨が隠れて背中が丸まっていると、実年齢より

 

 

 

老けて見えるそうです。

 

 

 

まだまだ厚着は必要ない暑さが続くので、後ろ姿に自信が持てるように

 

 

 

身体を鍛えてみましょう。

 

 

 

背中を美しく見せるには、背中から腰までの「体幹」

 

 

 

の筋肉を鍛える事が大切です。

 

 

 

意識したいのは、肩甲骨周りの筋肉や背骨を支える筋肉などです。

 

 

 

これらの筋肉を動かし鍛えるエクササイズのご紹介します。

 

 

 

●肩甲骨周りと背中の左右の筋肉を動かす

 

四つんばいの姿勢で左手を後頭部に置き、左ひじを右のわきに入れるように背中を丸める。

左ひじを上にあげながら背中を反らし胸を開く。顔は左側を向く。

 

 

 

●背骨を支える筋肉と脇腹の筋肉を動かす

 

イスを支えにして立って左足を浮かせた状態で、左腕を身体の前に伸ばす。

左足の付け根から身体を倒していき、左手の指先から左足の踵まで地面と身体を水平に。右足は少し曲げる。

 

 

★一日一回、左右五回ずつを2~3セット。3秒で動かし、1秒止める。

 

 

 

このエクササイズを行う時に、お腹を凹ます力を入れながらやると

 

 

より効果的です。腰痛の予防にもつながります。

 

 

 

ストレッチや身体の使い方、痛みについてのご相談は

 

 

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院まで

身体の不調改善は整体だけでなく栄養素も大切 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.07.12 | Category: ニュース

こんにちは。本日は栄養素のお話しです。

 

 

 

角の出た殻が特徴的なサザエは春から夏の産卵前に最も栄養を蓄えます。

 

 

 

もしかしたら旬が少し過ぎてしまったかもしれませんね。

 

 

 

一般的な家庭ではなかなかお目にかかる事はなく(我が家の事しか知りませんが)

 

 

 

居酒屋などで頼まないと食べる機会は少ないと思います。

 

 

 

サザエには目に良いと言われるビタミンB1、B2が豊富に含まれ

 

 

 

眼精疲労を軽減し、網膜にある血管の動脈硬化を防いでくれます。

 

 

 

また、肝臓・心臓の機能強化に効果があり

 

 

 

生活習慣病の予防になるタウリンはカツオの10倍!

 

 

 

さらにお子さんの成長を促す亜鉛や鉄分も豊富です。

 

 

 

サザエの食べ方といえばなんといっても壺焼きですが

 

 

 

にんにくとバターで洋風にアレンジするのもおススメです。

 

 

 

なぜサザエの話をしたのか?  ・・・食べたかったからというのもありますが

 

 

 

目の症状を訴える患者さんがいたので、オステオパシーのみならず

 

 

 

栄養素の問題なども考えていきましょう!とお話ししたからでした。

 

 

 

旬な食べ物をしっかり頂くのが一番ですが、不足している栄養素を補うように

 

 

 

食事のバランスを考えて食べて、健康をつくっていきましょう。

 

 

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院

 

 

無理なく続けるウォーキングで筋力低下予防 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.05.26 | Category: ニュース

先日のブログにてウォーキングの正しいやり方についてお伝えしました。

 

 

 

しかし、どんなに姿勢を良くしても、続けなければ意味がありません。

 

 

 

今回は、良い姿勢で美しく歩くコツがわかった方へ

 

 

 

無理なく続けるウォーキングの方法をお伝えします。

 

 

 

いざウォーキングを始めてみたものの、疲れるだけで効果がイマイチ

 

 

 

と思っている方にもおすすめです。

 

 

 

例えば運動効率を上げようと、長時間大股で歩くと

 

 

 

下半身に意識が向き、一部の筋肉ばかりを使ってしまうため

 

 

 

筋力が無い人は苦痛で長続きしません。

 

 

 

そこで無理なく歩くことができる「早歩き法」です。

 

 

 

 

この「早歩き法」は上半身の上下動が少なく、心臓の負担が少ないため

 

 

 

息も上がりにくく、運動効率が高い歩き方です。

 

 

 

ポイントは腕の振り。上体を少し前に傾け、ひじを直角にまげて前後に良く振り

 

 

 

背中を誰かに押されているイメージで歩きます。

 

 

 

この歩き方なら自然と足が前に出るため、下半身を意識しなくなります。

 

 

 

ポイント

上体ー少し前に傾ける

背中ー背骨は真っ直ぐで後ろから押されているイメージ

足ーリズムよく、1秒間に3歩を目標に

肘ー直角に曲げて、リズムよく前後に振る

 

 

 

さっそく気持ちを入れて、美しい姿勢で早歩き法を実践してみましょう!

 

 

 

大事な下肢の筋力低下を予防し、様々な身体の症状を防ぎましょう。

 

 

 

それでも腰痛やその他の機能障害でお悩みの方は

 

 

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院へご相談下さい

健康という「春」を求めて 宜野湾市

2017.04.03 | Category: ニュース

こんにちは。今日から四月、新年度のスタートですね。

 

 

 

だんだん暖かくなってきたかと思ったら、今日は冬に逆戻り。

 

 

 

今年は寒さが長引いているように感じます。少し暖かくなってきたと思っても油断は禁物。

 

 

 

春先は「三寒四温」とわれるように(内地に行ってる時に覚えました)

 

 

 

暖かくなったかと思うと、冬のように寒い日があったりします。

 

 

 

皆さんくれぐれも体調管理に気をつけて下さい。

 

 

 

「我が世の春」ということわざがありますが、これは物事が全て順調で

 

 

 

思い通りになる時期の事です。

 

 

 

当院では、患者さんの痛みや悩みが思うままに改善され、我が世の春がくる事が日々の目標です。

 

 

 

本年度も痛みや怪我には健康保険を使用でき、

 

 

 

なかなか改善されない痛みや、体の不調の根本治療も行う

 

 

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院をよろしくお願いします。

 

生活習慣を見直してあごの痛みを改善

2017.03.08 | Category: ニュース

日頃から、口が開けづらかったり食事のときにあごに

 

 

 

痛みがはしったりすることはありませんか?

 

 

 

あごの痛みは、関節だけでなく周りの筋に出ている事が多く

 

 

 

凝り固まっている状態や動きの悪い状態で起こります。

 

 

 

痛みの原因は、関節の動きの悪さですが

 

 

 

あごの周りの筋や筋膜に負担がかかる生活習慣やクセも大きくかかわってきます。

 

 

 

これらを見直すことで痛みを和らげることができます。

 

 

 

●このような生活習慣はありませんか?

上の歯と下の歯が常にくっついている

知らないうちに歯を食いしばっている

パソコン作業など、猫背であごを突き出すような姿勢を長時間続ける

ほおづえをつく

寝転がって本やテレビを観る

 

 

 

中でも、上の歯と下の歯をくっつける癖のある人は

 

 

 

「歯を離す」と書いたメモを目のつく場所に貼り

 

 

 

気付いた時に息を吐きリラックスするようにしましょう。

 

 

 

また、生活習慣を見直すだけでなく、筋肉の血行をよくする

 

 

 

ストレッチでも痛みの改善に繋がります。

 

 

 

●ストレッチのやり方

①右手を頭の上に添え、右耳を肩に近づけるようにする。

 左手は床に向けて伸ばす。(左右行う)

 

②右手を頭に添えたまま、鼻を右わきに近づけるように

斜め前に倒す。(左右行う)

 

 

それぞれ30秒×3回を朝・夕に

 

 

 

生活習慣の見直しやストレッチでも改善せず、痛みがひどい時には

 

 

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院へご相談下さい

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。