TEL

Blog記事一覧 > 食生活の記事一覧

糖質により起こる身体の問題 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.09.14 | Category: 食生活

前回に引き続きテーマは「糖質」の影響です。

 

 

 

砂糖は「人類最古の覚せい剤」というくらい人を引き付ける力がありますよね。

 

 

 

これは、糖質が身体に取り込まれた時に脳内にドーパミンという快楽ホルモンが分泌される為です。

 

 

 

人間にとって本来必要ないお菓子を、必要以上に食べてしまい、抑制出来ない原因といえます。

 

 

 

そして体内ではもう一つの変化が起きています。

 

 

 

それは急激な血糖値の上昇です。血糖値が上昇すると、身体は異変を感じて下げようとします。

 

 

 

その時にインスリンというホルモンを分泌して急激に血糖値を下げるのですが

 

 

 

急激な変化は、落ち着きをなくし、イライラさせてしまうのです。そしてまた糖を欲するのです。

 

 

 

まさに麻薬と同じですね。糖尿病になっても甘いものが止められない人は

 

 

 

覚せい剤を止めようとする人と同じ強い気持ちが必要ではないでしょうか。

 

 

 

甘いおやつの間食後、短時間で急激にお腹が空いた経験はありませんか?

 

 

 

これも血糖値の上がり下がりのせいです。

 

 

 

自分でも実証済なのですが、午後の予約が一杯で15時から21時まで

 

 

 

水とコーヒーしか飲めない日でも、意外に夜まで大丈夫なのに対し

 

 

 

夕方17時頃に少し時間が空いて、甘いあん餅(餅も餡も糖・・・)を食べた後は

 

 

 

20時過ぎたあたりに、急にお腹が空いてたまらなくなってしまいました。

 

 

 

汗のかき方も違いますし、精神的にも負荷がかかります。

 

 

 

大人はこのくらいの事では仕事に障害までは出ませんが

 

 

 

子どもに甘いおやつを間食に与えるのは、絶対におススメできません。

 

 

 

本人がどんなに良い子で、良い教育を受けていても

 

 

 

血糖値の上げ下げでイライラしやすい子になり、活動に支障がでてしまいますよ。

 

 

 

勉強しようと頑張ってみても、ドーパミンによる快楽を欲して集中できない

 

 

 

糖を取り入れたら取り入れたで、血糖値の上昇を抑えるホルモンを分泌し

 

 

 

インスリンによって下げられた血糖値を上昇させるべく糖を欲して悪循環。

 

 

 

こうやって集中力を削られてしまうのが怖いところです。

 

 

 

 

「ウチの子だけ甘いモノあげないのは可哀相だからあげよう」と思うのではなく

 

 

 

「負担をかけてしまい、可哀相だからあげない」と思考チェンジ出来ると良いですね。

 

 

 

しかし、現代ではおいしいもの全て糖質なのでは?と思うほどたくさんあり

 

 

 

とても全てを回避する事は難しい世の中です。保育園でもおやつあげますからね(汗)

 

 

 

おやつ以外でもラーメン、カレー、チャーハン、うどんに沖縄そば。子どもの好きなものばかりです。

 

 

 

主食になっているものは、頻度を考えて与える事と

 

 

 

お菓子やジュースなどの糖質が多いモノは絶対あげない努力をする事が大切ですね。

 

 

 

古来よりヒトは飢餓との闘いでした。血糖値を上げるホルモンをたくさん有し

 

 

 

血糖値を下げるホルモンはインスリンだけしか無いのは

 

 

 

下げないといけない状況が殆んど無かったからでしょう。

 

 

 

食べ物も「糖質」を取るようになったのは

 

 

 

米や小麦を農業によって生産できるようになったからと言われています。

 

 

 

飽食の時代が訪れている日本では、血糖値を下げるインスリンを分泌しすぎている社会になっています。

 

 

 

この事を十分理解し、節度ある食生活をしていく事が身体の安定に繋がり

 

 

 

社会の安定に繋がると思っています。育ちざかりの子ども達は

 

 

 

特別な日のケーキまでダメとは言いませんが、親が制限をかけてあげる事が絶対に必要です。

 

 

 

昔より身体の弱い子どもが増えているのは、運動不足だけではないはずです。

 

 

 

怪我した子どもを診ていると、「食」の偏りを感じる事が多く心配になってきます。

 

 

 

様々な要因から身体の事を考える

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院

 

 

 

糖質の悪影響を受けた身体の痛み 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.09.12 | Category: 食生活

こんにちは。本日は前回の続きで、身体に対して糖質がどう影響するのか

 

 

 

 

という事をテーマにお伝えします。前回は「糖化」という体内の変化についてでした。

 

 

 

 

ホットケーキを焼く時は、小麦粉に牛乳、卵そして砂糖などを混ぜ合わせて焼きますが

 

 

 

その時にタンパク質と糖質が混ざり合った状態に熱を加える事による「焦げ目」

 

 

 

これが体内でも起こってしまうというお話しでした。比喩では無く

 

 

 

本当に茶色いみたいです。肌のくすみや弾力低下などが気になる方は

 

 

 

糖質を控えてみる事をオススメします。コラーゲンも糖化して変色するそうですから。

 

 

 

しかし、推奨本の著者である内海先生のように、直接糖(本参照)を全て断つのは難しいですよね。

 

 

 

実際に主食であるお米を玄米にしたり、大好きなパンをやめたり・・・ 大変。

 

 

 

当院の近所にある「よりみち」というパン屋さんのパンは無添加でおいしいので

 

 

 

完全に止めようとは思えません。(おいしいので行ってみて下さい。)

 

 

 

それに、甘いお菓子を食べている時の幸せな気分と

 

 

 

お土産やお礼に頂いた時の嬉しさは誰でもありますよね?(詳しくは次回に)

 

 

特に、身体が治って良かったですと言ってお礼を頂いた時は

 

 

甘い、辛い関係なく嬉しい気持ちです。そして、何でも全てスタッフと分けて食べます。

 

 

 

害を理解し、節度を持って、自分をコントロールして一気に食べ過ぎない事が大事ですね。

 

 

 

自分に必要な主食を米とするならば、それに加えて肉、野菜などをバランスよくとって

(本には肉や野菜の危険性も書いてあります。)

 

 

 

体内に余計なものをとりこまない様に意識する事から始めていけるとよいでしょう。

 

 

 

食生活が自分の身体を悪くする原因だと気が付く事が本当のスタートかもしれません。

 

 

 

なぜ、そこまで糖質の害に注目するのか?

 

 

 

オステオパシーは「循環」という体内の液の流れを大事に考えている医学だからです。

 

 

 

 

リンパや血管に対する治療テクニックだけでなく、横隔膜などの「隔膜」を調整する手技もあります。

 

 

 

体液循環は治療における大きなテーマであり、それを妨げる因子の一つとして「糖」を

 

 

 

とりあげているのです。血管の糖化以外にも糖質の害は色々あります。

 

 

 

次回はその「色々」をお話ししていきますね。

 

 

 

沖縄・宜野湾市さくがわ接骨院

 

 

身体に悪影響を与える要因について 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.09.08 | Category: 食生活

こんにちは。本日はこないだのブログでお話しした「糖質」の悪影響について

 

 

 

以前から身体の悪い人(腰痛、肩こり、頭痛など)を診ていると

 

 

 

どこかの関節や臓器の動きが悪い事は共通して見つかりますが

 

 

 

その原因は人により様々だと分かります。それが過去の外傷(骨折、捻挫など)

 

 

 

手術(虫垂炎などの摘出のみでなく、筋腱の単純縫合も含む)はもちろんの事ですが

 

 

 

最近はPM2.5などの大気汚染の問題や電磁波(いつかお話しします)も大きいと思います。

 

 

 

それ以外に影響が大きいのは、喫煙による健康被害と乳製品や糖質の取りすぎ

 

 

 

いわゆる「食事」の問題です。「食」や睡眠は人間にとって根源的に重要なものなのに

 

 

 

それを軽視してしまう傾向がある方は、腰痛、頭痛の症状が治りにくいのも無理はないと感じています。

 

 

 

その中でも、現代で比較的簡単にとりすぎてしまうものが「糖質」です。

 

 

 

糖質は甘いおかしや果物だけでなく、ご飯やパンなどの炭水化物の事も含めたものです。

 

 

 

糖質はタンパク質と結びついて「糖化」という現象を起こします。

 

 

 

「糖化」とは、ホットケーキを焼いたときに茶色くなる焦げ目のような事象で

 

 

 

体内でも体温によってこれと同じ事が起こります。

 

 

 

分かり難ければ、糖とタンパク質が結びつくと「ヤバい」とだけ覚えて下さい(笑)

 

 

 

血管や筋肉などの大部分はタンパク質から作られており

 

 

 

人体の構成要素である大事なタンパク質に、糖が結びつくと

 

 

 

体内のあちらこちらで劣化が起こってしまいます。もちろん血管も劣化し

 

 

 

脳梗塞や心筋梗塞になりやすく、血管の劣化=老化ですから

 

 

 

身体のあらゆる機能が低下してきます。糖化=老化というわけです。

 

 

 

糖は体に必要な分以外は、悪い事に使われると覚えて下さい。

 

 

 

これが一因となって、とれない痛みや症状に繋がってくると言いたいのです。

 

 

 

次回は、さらに「糖質」の悪影響をお話ししていきますね。

 

 

 

沖縄・宜野湾市さくがわ接骨院

 推奨本 あなたを殺す食事 生かす食事

身体の不調は糖質の影響を考える 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.09.01 | Category: 食生活

こんにちは。先日、開院6周年のお話を書いた際に

 

 

 

お祝いに頂いた蘭の花を紹介しましたが、これが患者さんからの評判が抜群で

 

 

 

特に、蘭を育てている人から「上等」と言われており、送ってくれた両親に感謝です。

 

 

 

さくがわ接骨院では、このような時の特別な花以外にも

 

 

 

しばしば「花」を飾ったり、「小物」を置いたりして雰囲気を明るくするように努めています。

 

 

 

 部屋にあるだけで気持ちが華やかになりますよね。でも萎れてくるのが寂しい。

 

 

 

花がしおれてくるのは、栄養不足と水の中の雑菌類が増えるせいです。

 

 

 

栄養補給には花瓶に少量の砂糖を入れると効果的だそう。

 

 

 

ただし、砂糖は雑菌を増やしてしまうので、お酢を一滴から数滴落として

 

 

 

雑菌の繁殖を防ぎましょう。どちらも入れすぎないように気をつけて行うと良いそうです。

 

 

 

このような視点でみると、「切り花」も立派に生きているのを実感します。

 

 

 

生命にとって「糖」とはなんなのでしょう?人間にとってどれだけの糖が必要なのでしょう?

 

 

 

多くの人の身体を、オステオパシーにて治療していると「糖質」で身体が悪くなっている

 

 

 

であろう人と、よく出会います。良い糖と悪い糖があるのでは?

 

 

 

また、量は必要以上になっていないでしょうか?このような観点も治療には必要なのです。

 

 

 

今度「糖」についての情報をブログに書いていきたいと思っています。

 

 

 

身体の不調は栄養状態から考える事が大切です。

 

 

 

沖縄・宜野湾市さくがわ接骨院

 

 

 

 

 

身体の状態を良くする為には栄養から 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.04.29 | Category: 食生活

こんにちは。本日は健康のニュースをお伝えします。

 

 

 

一昨日の午前の受付終了後に大きな袋にたくさんの野菜が入っているのを見つけました。

 

 

 

スタッフに「どうしたんですか?これ」と聞くと

 

 

 

「○○さんが持って来てくれました。」

 

 

 

半年くらい前に腰痛を治癒した元患者さんからでした。

 

 

 

セロリにパセリ、パパイヤにナス、ニラなど種類が豊富で

 

 

 

無農薬の自家栽培で、食の安全について勉強しているものとしては

 

 

 

かなり嬉しく、ありがたい贈り物でした。

 

 

 

この中にも入っていたパセリについて

 

 

 

料理の彩りとして使われるパセリですが、まさに旬の栄養豊富な緑黄色野菜で

 

 

 

βカロチンの働きによる生活習慣病の予防効果があります。

 

 

 

美肌効果のあるビタミンCのほか、鉄分、食物繊維なども多く含まれています。

 

 

 

独特な香りはアピオールという精油成分で、食中毒予防や口の中をさっぱりさせることから

 

 

 

古代ローマ時代から口臭消しなどに使われていたそうです。

 

 

 

油にさっと通すと苦みが薄れて食べやすくなります。

 

 

 

またサラダやスープなどに少し加えるだけで、栄養価がグッと高まります。

 

 

 

主役としては難しいパセリですが、彩りや飾りに使うだけではもったいないと思います。

 

 

 

我が家でも、頂いたパセリなどを美味しく、効果的に食し

 

 

 

身体の状態を良くしていきたいと思います。

 

 

 

オステオパシーの考え方でも、人の身体のバランスは「食」が一番大事だと

 

 

 

フランスのモリナーリ先生がおっしゃっていました。

 

 

 

身体(関節など含む)の状態をよくする為には栄養から!

 

 

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院

 

体調管理 宜野湾市 さくがわ接骨院

2017.02.15 | Category: 食生活

こんにちは。今日は昨日と同様に、少し暖かい気がします。といっても

 

 

先週末がダウンの必要な寒さだったことに比べればの話ですが。

 

 

 

先週は寒かったので、家族で鍋を食べに行きました。

 

 

 

そこでの主役は牛、豚、鶏のしゃぶしゃぶでしたが

 

 

 

店名の通り、野菜の種類が多くて、たくさんの栄養をとる事ができました。

 

 

 

温かい野菜は体を温めてくれ、疲れ気味の体を回復させてくれます。

 

 

 

これらの野菜は主役にもなりますが、今回は名わき役としての「薬味」に注目してお伝えします。

 

 

 

料理に少し加えるだけで、食材の旨味を際立たせてくれる「薬味」。

 

 

 

薬味には風味、香り、彩りをアップさせる効果のほか、消化をよくしたり

 

 

 

身体を温めるなどの効果があり、漢方の材料になることからその名前がついたといわれています。

 

 

 

●今の季節におススメなのはネギ。特有のにおいのもとである「アシリン」は

 

新陳代謝を高め、胃腸の血流をよくするので、冷えや下痢を改善させます。

 

 

 

●ピリッとした辛みのある大根おろしすりおろした時にできる辛み成分「イソチオシアナート」

 

には殺菌力や消化をよくする働きがあります。また魚料理などの臭みをやわらげてくれます。

 

 

 

●すっきりした香りのユズ。その香り成分「リモネン」などは食欲や疲労を回復させます。

 

 

 

普段の料理にうまく取り入れて、様々な効能や味の変化を楽しみたいですよね。

 

 

 

体調管理は、関節の施術だけでなく食べ物も含めた全てが大事ですからね。

 

 

 

沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院

骨を丈夫に 沖縄県宜野湾市 さくがわ接骨院

2017.02.02 | Category: 食生活

おはようございます。本日は健康ニュースをお届けします。

 

 

 

 

最近体操の事や運動の事を質問される事が多くなり、健康志向の人が増えて良い事だと思っております。

 

 

 

 

体の機能を向上させるためには、体の構造(関節や内臓の位置)が良くならないといけません。

 

 

 

 

これは過去に外傷などを受けて歪んでいる場合、施術を受けないとなかなか戻らない事も多いのですが

 

 

 

 

もちろん日頃のストレッチにより、関節周辺の筋柔軟性を向上させ、問題を軽減したり予防したりする事は可能です。

 

 

 

それに加えて意識したいのが「食」です。以前のブログでも、関節に影響を与える食べ物がある!とお伝えしましたが

 

 

 

むしろ口から入るすべての食べ物や成分には、細胞レベルで体全体や関節に何らかの影響を与えていると

 

 

 

考える方が自然ですよね。発ガン性物質だったり、逆に身体に良い影響があったりと

 

 

 

「食」の勉強をしてみるととても興味深い事がいっぱいでてきます。

 

 

 

今回は「骨を丈夫に」という事で、海苔についてとりあげてみます。

 

 

 

おにぎりや餅に巻いてもおいしいのりですが、のりが美味しいのは3大旨味成分を含んでいるからです。

 

 

 

昆布に含まれるグルタミン酸、鰹節に含まれるイノシン酸、椎茸に含まれるグアニル酸で

 

 

 

のりはこれらの成分を全て含んでいる唯一の自然食品です。

 

 

 

また、のりは約40%がタンパク質で、これは畑の肉といわれる大豆に匹敵する量です。

 

 

 

さらにミネラルやバランスよく含んでおり、特に骨を丈夫にするカルシウムや血液を作る鉄分が豊富です。

 

 

 

普段なにげなく食べている海苔ですが、こんなことも考えながら食べてみると面白く美味しいのではないでしょうか?

 

 

 

湿気ると風味が落ちてしまうので、しょうゆと酒で煮て自家製の佃煮にしてみるのも良いそうです。

 

 

 

体を栄養学から考える。沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院

 

 

 

598466b2452bacefbd49f950cffc29d7_s

身体に影響を与える食についてのまとめ 宜野湾市の整骨院

2016.08.16 | Category: 食生活

今日はお盆の中日です。内地から帰ってきた方も多いと思いますが、夏季休暇中に体調を崩さないように過ごしましょう。


嘉手納高校の皆さんは甲子園の戦いおつかれさまでした!沖縄の皆さん、残念でしたが労いましょう!


さて、連日フランス人のオステオパスであるバラルD.Oの著書を教本に、食生活の関節への影響についてお伝えしていますが、今日は最後になります。


・アルコール   これはやはり大きな問題となります。関節に痛みがあればまずビールをやめるべきと言えます。


ビールは糖質とアルコールの組み合わせであり、関節・筋・腱・に尿酸塩の微細結晶を蓄積しやすくするそうです。他にもウィスキーやジン等の強いアルコールも良くありません。


お盆で帰省し、夏バテ気味になっている身体には尚更良くないので気を付けて下さいね(笑)


アルコールの中でも、ワインには抗酸化物質であるポリフェノールが多く含まれており、特に赤ワインは白ワインの10倍含まれる為、飲むなら赤ワインとバラルは記しています。


《まとめ》関節の問題が繰り返し起こる方は、以下のものを避けて下さい。

・豚肉の加工食品(スパム好きには残念)
・脂身
・乳製品
・チョコレート
・甲殻類、貝類

・ビール、強いアルコール


なんでも過剰摂取は良くないと分かってはいても、好きなものはついつい食べ過ぎますよね。


チョコレートも完全拒否にするとストレスが心配と思う方は、影響を知った上で程々に食べたら良いのではと思います。


沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院では身体、食、精神、全ての繋がりを考えて身体の不調を診ていきます。

d0f61ec5d8596bac08899ab9acdcd8e4_s


 

身体(関節)に影響をあたえる食べ物をお伝えする宜野湾市の接骨院

2016.08.15 | Category: 食生活

先日、お伝えしたのは魚の問題でした

今日はその他の食べ物で身体に影響を与え、関節に悪いものをあげてみます。


・チョコレート  チョコレートはポリフェノールを多く含む為、少量なら抗酸化物質であり間接的に関節を保護します。


しかし、食べ過ぎるとその脂肪分により肝臓やすい臓を傷めてしまします。肝臓が体内で発生した毒素を排出出来なくなり、毒素は筋肉と関節に蓄積してしまします。


・乳製品  バラルD.Oの著書では、乳製品は動物性たんぱく質を多く含む為、腎臓による排出が難しく、起床時に関節のこわばりを引き起こすので


夕食の最後にとるのは避けて、胃の酵素が乳製品を消化しやすい時に食べた方がよいと伝えています。関節に痛みがでる場合は、乳製品の摂取を週二回に抑える事。

チーズなどおいしいものを完全に拒絶する必要は無いと言っています。


しかし、これは著者バラルD.Oがヨーロッパ人だから言える意見でしょう。日本人としての意見を言わせてもらうと、


やはり乳製品(特に牛乳)は取らない方が良いと言わざるを得ません。


牛乳を消化する酵素が西洋人より少ないからです。(乳糖不耐症については未だに専門家でも意見がわかれており、芸能人が子どもに牛乳飲ませないと発言し叩かれていましたね。)


それだけではなく、有名な日本人のオステオパスに聞くと、やはり乳製品の摂取により関節の動きなどが悪くなり


身体に悪影響を与える因子になっているとの事でした。


色んな研究により、ドンドン新しい情報が出てきていますが、本当に正しいと思う事を判断するのは自分であり
 

その為に色んな本を読んで反対の意見なども聞きつつ、取捨選択していかなければいけませんね。


沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院ではみなさんの身体に影響を与えるものを考えてアドバイスしていきます。

9ac32d9e6fbb417f8d9361497962f966_s

 

 

食べ物の関節への影響を考える宜野湾市の接骨院

2016.08.14 | Category: 食生活

魚を食べましょう  しかし、その魚が釣られた海の汚染度も頭に入れておかなければ


いけません。汚染は福島の問題以降日本では一番大きな問題になってしまいましたね。


海への汚染だけでなく、日本の空気を変えてしまった放射線の問題は、


今後日本が長きに渡り第一に考えていかなければならない問題でしょう。

 

少々話が逸れましたが

 

魚を口に入れた我々の身体にどのようなものが入ってくるのかも考えましょう。例えば


マグロなどの大型魚に含まれる重金属(水銀など)、

 

養殖サーモン(特にノルウェー産)を育てる際に投与される薬、


不衛生ないけすの病原菌、細菌、遺伝子組み換えのエサの投与などの害は

 

検索すればすぐヒットするくらい最近とても有名になりましたね。


個人的にはマグロは食べ過ぎなければ良いと思いますが、


養殖サーモンはできれば回避するべきだとおもいます。


スーパーや安い回転すしのサーモンは食べなくなりました(笑)
 

小型魚(イワシ、サバ、稚魚、ニシンなど)は重金属がそれほど集積しておらず、


有毒物質の含有量は少ないので安心してたべられます。


魚を食べる際大事なのは、産地を確認し、鮮度の良いものを選ぶ事でしょう。


当たり前ですが(笑)。


肉と魚、交互に食べてバランスのとれた状態こそが関節にも良い状態と言えます。


次回はその他の注意すべき食べものについてお伝えします。


沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院は関節を含めた身体の健康を考える接骨院です。

b1ed83400f30c35b45bfa563bd18b7ab_s

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。