TEL

Blog記事一覧 > 10月, 2016の記事一覧

風邪やインフルエンザの予防と手洗い 宜野湾市 さくがわ接骨院

2016.10.31 | Category: ニュース

最近、学校などでインフルエンザが流行しており、注意喚起されているようです。

 

 

 

そもそもインフルエンザウィルスは乾燥と低温を好むため、冬に流行するのが常識ですが、

 

 

 

沖縄は違いますよね。一年を通してどこかでインフルエンザが発生します。

 

 

 

季節性(冬)のインフルエンザだけ注意していてはダメなんですね。

 

 

 

日頃の手洗い、うがいの習慣が大事なのです。(うがいは効果薄いなどの説もありますが、それは置いといて)

 

 

 

一年を通してインフルエンザのリスクはあると言っても、やはり秋から冬にかけて

 

 

 

これからのシーズンが危険である事は間違いではありません。

 

 

 

今まさに流行が始まっていますので、今日は「手洗い」についてお伝えします。

 

 

 

この時期には風邪、インフルエンザ予防の為に手洗いを意識して

 

 

 

回数を増やし過ぎている方もいらっしゃるかと思います。

 

 

 

手の洗いすぎは、肌を守る皮脂膜を洗い流し肌を乾燥させるため、手荒れの原因になります。

 

 

 

1日に何度も手を洗う必要はなく、

1、外から帰った時

2、食事前

3、他人と接した時

 

 

 

このような場合に洗うのが風邪予防に効果的です。

 

 

 

外から帰った時には、殺菌作用のある石けんで念入りに手を洗い

(逆説もあります→石けんでゴシゴシ洗いすぎるとかえって菌やウィルスが落ちないなど)

 

 

 

それ以外は水で洗い流すだけか、低刺激の石けんを使うようにしましょう。

 

 

 

また、肌の弱い人は消毒用のアルコールでも手荒れを起こすことがあるので、使用は控えめに。

 

 

 

洗いすぎに注意して、手洗いの後はハンドクリームでケアしておけば、乾燥しやすい冬も

 

 

 

手荒れを気にせず過ごせますね。

 

 

 

手洗いだけでなく、なんでも過剰に気にしてしまい、やりすぎてしまう方は特に注意してみて下さい。

 

 

 

自然界において本当に必要なのは殺菌ではありません(笑)

 

 

 

ちなみに、もし風邪やインフルエンザにかかった場合は関節が痛くても接骨院に来院しないようにして下さい(笑)

 

 

 

たまにふしぶしが痛いと来院される方がおりますが、家で寝るのが一番です。

 

 

 

沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院

3c5edd4e084c5aa2e2ecfa50715423c9_s

スポーツや仕事におけるメンタルトレーニング 宜野湾市 さくがわ接骨院

2016.10.29 | Category: さくがわ接骨院

今日は治療をしていく上で、また仕事をしていく上で大事だと思い心掛けている文章を紹介します。

 

 

 

これは昔の剣豪「宮本武蔵」書き記した「五輪の書」の一文です。

 

 

 

この書はひたすら剣の道に生きた不敗の武芸者だった武蔵が、生涯の体験通じて得た兵法の極意を

 

 

 

地・水・火・風・空の五つの巻に記したものです。

 

 

 

その中でも非常に有名で、心に響く言葉が水の巻にあります。

 

 

 

~千里の道も一足宛はこぶなり。緩々と思ひ、此法をおこなふ事、武士のやくなりと心得て

(焦らずに目の前の事一つ一つ行うのだ。ゆっくりと気長にとりくみ、日々の修業が自らのつとめと心得て)

 

 

 

けふはきのふの我にかち、あすは下手にかち、後は上手にかつとおもひ

(今日は昨日の自分に勝ち、明日は自分より劣る者に勝ち、ゆくゆくはさらに強き者にも勝つと思い)

 

 

 

此書物のごとくにして、少しもわきの道へ心のゆかざるやうに思ふべし。

(この書物のとおり己を磨き、ブレないようにしなさい。)

 

 

 

縦ひ何程の敵に打ちかちても、ならひに背く事においては、実の道にあるべからず。

(たとえどんな勝利を得ようとも、信念をまげるなら、それは本当の道とはいえない。)

 

 

 

此利心にうかべては、一身を以て数十人にも勝つ心のわきまへあるべし。

(この事が理解できれば、一人で数十人の敵にも勝つ心得がわかるはずだ。)

 

 

 

然る上は、剣術の智力にて、大分一分の兵法をも得道すべし。

(そうあるからには、多対多の闘いも一対一の闘いの道理も体得するのだ。)

 

 

 

千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす。能々吟味有るべきもの也。

(千日の稽古を鍛といい、万日の稽古を錬という。よく学んでおくべきことだ。)

 

 

 

以上の文章です。どうでしょうか?()の訳文はこちらで勝手に解釈しております(笑)

 

 

 

現代においては古くさい考え方と捉えられる事もあるでしょう。

 

 

 

自分に合わない仕事はさっさと見切りをつけてしまうのも良いのかもしれません。

 

 

 

しかし、これと決めた道があるならば宮本武蔵の教えは参考になるはずです。

 

 

 

特に、結果がでなく苦しい時には後押ししてくれるので

 

 

 

スポーツ選手だけでなく、いろんな職業の方に読んでもらいたいですね。翻訳本が多数ありますので。

 

 

 

でも五輪の書の大半は、本当に剣術の心得を書き記したものなので注意して下さい(笑)

 

 

 

純粋に剣で人を切るために生きた人が書いた本ですが、

 

 

 

人の身体を治す職業にも活かす事が出来る不思議な話でした。

 

 

 

沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院

41bwmzrmnyl__sx355_bo1204203200_    推奨本 講談社学術文庫 五輪書

 

胎児期から体を学ぶ 宜野湾市 さくがわ接骨院

2016.10.27 | Category: 解剖学

昨日は「胚」について少しお話ししました。

 

 

 

生まれてくるまで分からないですが、こんなに小さな胚の頃から

 

 

 

心臓が動きだし、生命としての活動を開始しているのだと思うとスゴイ事ですよね。

 

 

 

発生学の先生が「オステオパス」は生命に寄り添う事が一番大切と言っていた事を思い出します。

 

 

 

8週までが「胚」と呼ばれる時期で、これ以降は「胎児」といい、

 

 

 

出生前後の妊娠28週(受精27週)~生後7日(出生当日を第1日)の期間を「周産期」といいます。

 

 

 

胚芽期~胎児期には多くの器官・組織が形成されますが、これらは全て三層性胚盤が起源になります。

 

 

 

これが昨日お伝えした「外胚葉」「中胚葉」「内胚葉」なのです。

 

 

 

発生学においてここが一番重要で、

 

 

 

外胚葉からは

皮膚(表皮、爪、毛、皮膚腺、内耳、水晶体、腺下垂体、歯のエナメル質、乳腺など)

神経系(中枢神経=脳、脊髄  網膜、松果体、脳神経、感覚神経節、副腎髄質、色素細胞など)

 

 

 

中胚葉からは

骨、筋肉、血液、腹膜、心膜、胸膜、リンパ球、血球など

 

 

 

内胚葉からは

消化管、呼吸器、咽頭・鼓室、甲状腺、上皮小体、肝臓・胆のう、膀胱など

 

 

 

これらに分かれて形成されていきます。

 

 

 

なお、周産期が始まる妊娠28週には、胎児の身長は約35センチ、体重は約1000gに達します。

 

 

 

これ以前の分娩児(体重1000g未満)は超未熟児とよばれています。

 

 

 

妊婦さんも施術する事があるので、このあたりも知っておかなければいけません。

 

 

 

妊娠し、胎児期に施術を受けたい方も沖縄県・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Q9nRKPv1upM" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

胚葉から学び 施術に活かす 宜野湾市 さくがわ接骨院

2016.10.26 | Category: 解剖学

本日は昨日のブログの続きです。

 

 

 

子宮に着床した受精卵は子宮壁に溶け込むようにして埋もれていきます。

 

 

 

この時の壁内での細胞の拡散する様子が面白いのですが、これはユーチューブで観て下さい(笑)

 

 

 

受精卵の中の100個程に分裂した細胞は、球体の中で半円状にまとまっていき

 

 

 

二層の胚子を形成しています。これが昨日お伝えした二層性胚盤です。

 

 

 

この時期は受精から2週間以上経っており、もう受精卵期ではありません。

 

 

 

「胚子期または胚芽期」とよびます。

 

 

 

8週目までは胎児ではなく、受精卵でもなく、「胚」や「胎芽」(embryo)と呼ばれているのです。

 

 

 

この時期の胚は急速な発達を示し、受精第3週に体調0.2mm程であった胚は

 

 

 

8週の終わりには約30mmにまで発育します。

 

 

 

この過程が神秘的です。二層性胚盤の中の小さな細胞一つ一つが栄養を受け取り成長していくのですが

 

 

 

栄養を受け取る細胞の面積の違いがあり、そのおかげで一つ一つの分裂速度に差が出てきて

 

 

 

胚の形が変化していくのです。ここで、二層だった胚盤は三層の

 

 

 

「外胚葉」「中胚葉」「内胚葉」に分かれていきます。正確には、外胚葉と内胚葉の間を通る液体(栄養)

 

 

 

の流れにより分裂していく外胚葉から中胚葉が分かれていくのです。

 

 

 

この三層から細胞がどんどん分裂し、胚が大きくなってきます。

 

 

 

きょうはここまで。では後はユーチューブに任せます(笑)

 

 

 

なぜこれが大事なのかは、もう少し後に分かってきます。

 

 

 

施術の際にはどの組織がどこから作られたかを知っておく必要があるのです。

 

 

 

胚葉の形成を学ぶ、沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/RAgWygmFuBs" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

ヒトの発生を学ぶ 宜野湾市 さくがわ接骨院

2016.10.25 | Category: 解剖学

以前お伝えした「ヒトの発生」というテーマですが

 

 

 

発生学を再び学び始めてからというもの、やはり興味深いテーマだなと再認識しており

 

 

 

治療においても重要な為、どんどん「発生学」について書いていこうと思います。

 

 

 

今日は「受精後の胚」について

 

 

 

受精後2週間を胚子前期といい、受精から二層性胚盤が形成されるまでの時期に相当します。

 

 

 

二層性胚盤を説明するのはかなり難しいので、ユーチューブで画像をみた方が早いです(笑)

 

 

 

まず卵子が出口のない卵巣を破り、排卵されると卵管采と呼ばれる子宮への入り口に入っていきます。

 

 

 

そこから子宮まで管の中を通っていくのですが、その道の途中で精子と出会い受精します。

 

 

 

卵管の中は絨毛になっており、優しくこの受精卵を運んでいきます。

 

 

 

一つの精子が卵子に到達した瞬間に卵子はタンパク質を分泌し、他の精子を侵入させません。

 

 

 

数多くの卵子と精子の一組だけの出会いは物凄い倍率です。

 

 

 

精子が卵子の中心まで入ると、お互いの遺伝情報を持った二つの核が一つに合わさります。

 

 

 

合わさった瞬間に細胞分裂が始まり、どんどん増えいきます。

 

 

 

この時、分裂するタイミングは細胞によって異なる為、2、4、8と倍になっていくのではなく

 

 

 

不規則に分裂していきます。

 

 

 

分裂繰り返しながら5日ほどかけて子宮に到達するのですが、細胞はおよそ100個に分裂しています。

 

 

 

しかし、この受精卵自体の大きさに変化はありません。

 

 

 

そして子宮に到達し包まれている袋のようなものを破り着床します。

 

 

 

着床してからが発生学の面白さなのですが、本日はここまでにしておきます(笑)

 

 

 

ヒトの身体の事は、沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院

implantation

骨折の処置から身体全体の問題まで 宜野湾市さくがわ接骨院

2016.10.20 | Category: さくがわ接骨院

本日は症例を一つお伝えします。

 

 

 

 

50代 女性 右足第4指(末節骨底部)骨折

 

 

 

 

まな板を落としてしまい、直接足指にぶつけた際負傷したもの

 

 

 

 

よくある事だと思いますが、なぜこの症例を紹介しようと思ったのかと言いますと

 

 

 

 

足の指先の骨である末節骨は、とても摑まえにくい骨なので

 

 

 

今までの自分の考え方(しっかり力を入れて握る)で

 

 

 

整復(折れた骨を良い位置に戻す事)すると、

 

 

 

とてもやり難く相手に痛い思いをさせてしまう可能性があったのですが、

 

 

 

オステオパシーの原理を勉強している事が、従来の柔道整復にも活かされ上手くいったと感じた

 

 

 

症例だったからです。

 

 

 

骨折した骨は基本的に骨折線を境に二つ又は複数に分かれます。

 

 

 

このときに転位していないもの(大きくズレていないもの。癌などの転移とは字が違います。)は

 

 

 

整復しないでも自己治癒力で治りますが(当院では必要と考え整復しますが、一般的に固定のみが多いそう)

 

 

 

転位があると骨折した部分が離れていたり、曲がっていたり、短縮していたりして

 

 

 

治癒の遅れが生じたり、変形治癒になったりしてしまいます。

 

 

 

なのでズレれしまった位置を、骨折端が出来るだけ近づくように、良い位置に戻してあげる必要があります。

 

 

 

これが整復であり、柔道整復師の見せ場なのです。

 

 

 

整復を行う際、通常は末梢側の骨を持って中枢側の骨に合わせるようにします。

 

 

 

手首などの骨折は骨をしっかり持つ事が出来るのでとても整復しやすい部位であり、

 

 

 

得意としている柔道整復師も多いと思います。(上手くやらないと変形や神経障害などの後遺症は残ります)

 

 

 

これに対して足の指先の骨は小さい骨なので、修復期間は短く

 

 

 

比較的治りやすい部位なのですが、とてもつかまえにくい為

 

 

 

整復する事だけでいうとやりずらい部分です。

 

 

 

今回の症例はつかまえにくい骨に対し、オステオパシーで学んだ「組織に入る」

 

 

 

という意識をもつ事で、しっかりと骨をつかまえる事が出来ました。

 

 

 

言葉で表すのは難しいですが、「ぎゅ」っと力でつかまえるのではなく、

 

 

 

しっかり骨の層に意識をもっていき、弱い力でも安定させて持つ事です。

 

 

 

オステオパシーでは常に相手の組織の中をイメージし、施術を行います。

 

 

 

触られている部分は皮膚表面ですが、筋や内臓まで効果的にアプローチ出来るのはそのためです。

 

 

 

この考えが柔道整復へも役にたち、患者が対して痛がる事なく整復できた事が大きな発見でした。

 

 

 

感覚的なものなのであまり伝わらないかもしれませんが(笑)

 

 

 

ケガの処置にはさくがわ接骨院。

 

 

 

身体全体の問題解決にも沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院へご相談下さい

7a136cc6e2b97df1a663bd3152123245_s

筋力低下からくる腰などの痛みに  宜野湾市 さくがわ接骨院

2016.10.17 | Category: さくがわ接骨院

将来のための貯筋のススメ   

 

 

 

最近、体力が落ちたと感じていませんか?

 

 

 

それは貯筋不足が原因かもしれません。

 

 

 

筋肉量は、運動不足などが原因で、30歳頃から一年に1%ずつ減っていくと言われています。

 

 

 

つまり、10年後には10%も減る計算になります。

 

 

 

普段から「貯筋」する=筋肉を鍛えて貯めておくことで

 

 

 

身体をラクに動かすことができ、ケガや転倒の防止につながります。

 

 

 

器具を使わず自分の体重を利用してできる貯筋トレーニング

 

 

 

まずは衰えやすい腹筋や足の筋肉を貯めていきましょう。

 

 

 

◎ニートゥチェスト

①イスにもたれて両脚を伸ばして座り、イスをつかむ。

②お腹に力を入れて脚を体に引き付ける

(この時にお腹を凹ませるようにキープしながらやると効果的)

10回を目標にしましょう

 

 

 

◎ランジ

①両手を腰に置いて真っ直ぐ立つ

②片足ずつ踏み出し軽く膝をまげる

③、①に戻って繰り返す。

(膝に負担がかかるので、踏み出した方の膝の角度は90度以内)

片足につき10回3セットを目標にやりましょう。

 

 

 

貯筋トレーニングは、寒くなっても家の中で手軽に行えます。

 

 

 

これからも毎日元気に過ごすために、今から貯筋始めてみませんか?

 

 

 

もちろん種々の身体の痛み(腰痛など)にも効果的です。

 

 

 

運動療法もお伝えする沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院

41fb52c35413915cbc9022997e49dc12_s

整体では臓器も施術する 宜野湾市 さくがわ接骨院

2016.10.15 | Category: 解剖学

人の器官と器官系について

 

 

 

先日、人体における組織の話をした際、細胞が集まって組織を作り、組織が特定の機能を目的に

 

 

 

器官(臓器)を、そして各器官が連係して器官系を形成している。

 

 

 

こんな話をしたと思います。

 

 

 

本日はこの系統をお伝えします。

 

 

 

身体を構成する器官(臓器)は、その機能的な関連により、

①筋骨格系

②循環器系

③神経系

④感覚器系

⑤消化器系

⑥呼吸器系

⑦泌尿生殖器系

⑧内分泌系

という器官系に分類されます。

 

 

 

これらは、ふつう⑤~⑧を合わせて「内臓系」といいます。

 

 

 

内臓と内臓以外という分け方も覚えておいて下さい。

 

 

 

内臓とは、体腔に納まっている部分であり、臓性系ともいいます。

 

 

 

これに対し、体腔を囲む壁をなす部分を体性系といいます。

 

 

 

この場合の体腔は、胸腔と腹腔をさします。

 

 

 

当院で行っているオステオパシーでは、胸腔と腹腔の両方へのアプローチが可能です。

 

 

 

基本的に、施術と言えば筋骨格系をイメージされると思いますが、

 

 

 

体性系のみならず、臓性系へ治療を行えてこそ「身体全部を診る」と言えるのです。

 

 

 

器官系の説明ついでにお知らせでした。

 

 

 

身体の何処かしらの機能不全には

 

 

 

沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院

%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f-32

 

 

 

 

ふくらはぎの筋ポンプを使い血行改善 宜野湾市 さくがわ接骨院 

2016.10.14 | Category: ニュース

こんばんは。今日は血行改善についてお伝えします。

 

 

 

デスクワークの方は、ついつい貧乏ゆすりが無意識に出てしまい、周囲に指摘された事はありませんか?

 

 

 

「行儀が悪い」など、あまりイメージがよくありませんが、実は血行改善に良い言われています。

 

 

 

「ふくらはぎ」は足腰に滞りやすい血液を心臓へ送り返すポンプのような働きをしています。

 

 

 

これを「筋ポンプ」と呼びます。

 

 

 

そのため、貧乏ゆすりでふくらはぎの筋肉を伸縮させるとふくらはぎの筋肉が

 

 

 

ポンプのように静脈に圧力を加えて全身の血行が良くなります。

 

 

 

心臓の力だけではヒトの身体全てに血液を巡らせることは出来ないんですね。

 

 

 

血行が良くなる事で、血液の流れが滞っておこる冷えの改善につながります。

 

 

 

また、貧乏ゆすりでふくらはぎを動かせば、皮下にたまった余分な水分が血管に取り込まれ、

 

 

 

むくみも解消されます。加えて、静脈にできた血栓が肺の血管などに詰まっておこる

 

 

 

「エコノミークラス症候群」の予防にも役立ったりと、メリットがいっぱいです。

 

 

 

冷えやむくみを感じたときなど、意識的に貧乏ゆすりをしてみてはいかがでしょう?

 

 

 

ただし、職場で周囲の人に気が散ると叱られないように注意して下さい(笑)

 

 

 

血流やむくみの改善から身体を考える 沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院

27af6729bd9360e715c414767909d5b7_s

急性腰痛への整体 60代 男性 南風原町 さくがわ接骨院

2016.10.12 | Category: オステオパシー

こんばんは。今日は症例を紹介していきます。

 

 

 

急性の腰痛で南風原町から来院された60代男性の例です。

 

 

 

この方の症状としては、寝ている姿勢からの起き上がり動作での痛みが特に強く、

 

 

 

腰を後ろに反らす(伸展)動作にかなりの制限がありました。

 

 

 

負傷後二週間経過をみていたそうですが、全然良くならない為、インターネットで当院を調べ来院されました。

 

 

 

日常動作は車の運転やデスクワークが多く、休日はゴルフに時々行くそうです。

 

 

 

腰椎の伸展制限があるという事で、一般的な整形外科の診かたをすれば

 

 

 

椎間関節(ファセット)が閉じにくくなっているのかなと考えていくのですが、

 

 

 

今回は身体の状態を全て変えていきたいとのご希望だったので、

 

 

 

オステオパシーによる全身的な施術を行いました。

 

 

 

初検時にアプローチしたのは、左の距骨という骨と踵骨の関節です。

 

 

 

オステオパシーによる検査は、膜の動きにより行います。その結果一番最初に施術する所が導き出されます。

 

 

 

次に肝胃間膜という肝臓と胃の間をつなぐ「膜」へのアプローチ

 

 

 

問診時に食道癌の既往歴があり、食道を含めた「胃」の摘出手術を行っている事と

 

 

 

胆のうの切除も行ったと聞いていたので、腹腔に何らかの制限はでると思っていました。

 

 

 

案の定反応が出たので、施術を行いました。その後も脊柱などもいくつかリリースし

 

 

 

この日の治療は終了しました。オステオパシーでは、痛いところに直接施術を行う事が前提ではありません。

 

 

 

身体に検査を行い、反応をみて施術ポイントを決めていきます。

 

 

 

今回のケースは腹腔内の手術の経験が、この方の腰にまで影響を与えている事を示し、

 

 

 

これらを解放する事により、腰の伸展の可動域が改善した事を証明できました。

 

 

 

もちろんこの日に全て痛みがなくなったわけではありませんが、

 

 

 

二回目の来院時には「もう痛くない」とおっしゃっていました。

 

 

 

身体の中の制限はもう少し残っているので、あと一回くらい通院してもらう予定です。

 

 

 

急性腰痛、慢性腰痛にも沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院

52932367b0778c4943a7f843a77e33e7_s

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。