TEL

Blog記事一覧 > 1月, 2017の記事一覧

炎症に対しての整体 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.01.31 | Category: オステオパシー

こんにちは。先週の木曜日から日曜日まで神戸のオステオパシーカレッジにて病理学の授業を受けてきました。

 

 

 

 

その為に木曜の午後、金曜、土曜と休みが続いてしまい、ご迷惑をおかけして申し訳なく思っております。

 

 

 

 

 

週末を使ってのんびり家族旅行だろうとか、旧正月で休みにするんだ~、などと思われていた方もいたようです。

 

 

 

 

 

結構勉強してきたんですよ!

 

 

 

 

 

細胞障害からそれに伴う炎症の化学反応、免疫学や腫瘍などの主な病気のメカニズムなど。

 

 

 

 

 

もちろん国家資格をとる前に一度は習った事ですが、復習と再発見ができました。

 

 

 

 

軽くご紹介しますね。

 

 

 

「炎症」について、言葉は聞いた事あるという方は多いと思いますが

 

 

 

実際説明しようとしても、なにが炎症なのか?定義はわかっていない方のほうが多いと思います。

 

 

 

まず、炎症には急性慢性の二種類があり、急性の特徴は

 

 

 

1、障害を受けた組織への体液や血漿成分の蓄積(水が溜まったり)

 

2、血管内における血小板の刺激(傷を治す役割の血小板です)

 

3、多形核白血球の出現(悪者をやっつけたり)

 

 

 

 

慢性炎症の特徴としては、リンパ球、形質細胞、マクロファージなどの細胞が活躍する事です。

 

 

 

要するに、急性の場合には何らかの外的因子によって血管の内皮細胞がやぶれたり、傷ついたりしていて

 

 

 

そのせいで液が血管の外にでる。それを埋めるための細胞が頑張っている状態で

 

 

 

慢性炎症は急性に引き続いて、もしくは外来抗原への免疫反応として起こりうるという事です。

 

 

 

急性の炎症が障害物を排除できない、または障害組織を正常の状態に回復できない事で慢性化する事があるのです。

 

 

 

体の内はこれを正常化(障害物を排除)しようと頑張り続け、マクロファージなどの外敵を攻撃したり

 

 

 

敵を体の細胞に伝達したりする細胞が活発に働くのです。

 

 

 

 

このような体の反応を学び、臨床でも細胞レベルのイメージを持つ事が大切だと講師のドクターはおっしゃっていました。

 

 

 

オステオパシーでは、慢性的な炎症に対してはもちろんですが、急性期の炎症に対しても

 

 

 

体の自己治癒力を手助けしていく事ができます。

 

 

 

もちろん急性の痛みには、健康保険を使用した柔道整復術により

 

 

 

患部を固定したり、アイシングしたりする事も良いですが、

 

 

 

外傷に対しては筋膜を伝って離れた場所にも影響がありますから、そこまで治療できるのがオステオパシーの魅力です。

 

 

 

 

 

 

 

沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院

 

 

81306024007298

急性腰痛 宜野湾市 30代女性 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.01.26 | Category: さくがわ接骨院

本日は症例を一つお伝えします。30代、宜野湾市在住の女性のお話です。

 

 

 

 

 

ほぼ毎日のように急性腰痛の患者さんが来院されているので、いかに日本人は腰痛(腰の捻挫)が多いかわかります。

 

 

 

 

 

このような急性腰痛は特別な事ではない為、書く必要もないと思っていたのですが、こちらは毎日関わっているのでそう思っていても

 

 

 

 

 

初めて腰を痛めた方もいれば、腰痛にとってよく知らなくて、ネットで調べる方もいるはずです。

 

 

 

 

 

そんな方が何かのきっかけでブログをみる事もあると思い、載せています。

 

 

 

 

 

このような情報もちょくちょく書いていこうかなと思っています。

 

 

 

 

 

今回の女性は日常動作の中で(起床時に体を起こした際)腰に痛みが発生しました。

 

 

 

 

 

腰痛の場合、特に重いものを持ったわけでもなく普段と変わらない動きをしていたのに痛みが出たという方がとても多いのです。

 

 

 

 

 

健康保険の取り扱い上の注意で、原因のはっきりした捻挫などが適用範囲と定められていますが

 

 

 

 

 

このようなケースではもちろん適用できます。グキッと足首を捻るようなものだけが捻挫ではなく、

 

 

 

 

 

背骨などの関節に対して何らかの負荷がかかり、痛みを伴うものがその範囲となるのです。

 

 

 

 

 

もちろん健康保険での施術では、~捻挫、~挫傷 などと傷病名がつくので局所的な施術となってしまいます。

 

 

 

その内容をご理解頂いた上で健康保険にて施術します。

 

 

 

もちろん局所的な痛みでも、他の部分が原因になっていたら「保険外の実費治療」をオススメしています。

 

 

 

 

症状ですが、腰の一番下の骨(L5)と仙骨から成る関節の制限が一番の問題だったので、

 

 

 

この関節の動きを解放する事を中心に行いました。

 

 

 

保険を使用しての局所的な施術の為、治療時間は電気を含めて30分弱です。

 

 

 

完全に痛みで前かがみが制限されていましたが、施術直後から「あれ?痛くない」

 

 

 

とおっしゃっていました。基礎状態をもう少し改善してあげられると判断したので

 

 

 

後療をしばらく行います。とにかく最初の激痛が改善していることが良かったです。

 

 

 

起床時の身体は動きが悪く、状態の悪い方は痛みが出る事もあるので

 

 

 

ストレッチ等で動きの準備をしてから朝をスタートするのが良いですね。

 

 

 

沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院

 

 

 

81949c2a302cd562cec2cf41779ded0f_s  

 

 

 

 

 

 

脊柱について 宜野湾市 さくがわ接骨院

2017.01.23 | Category: 解剖学

こんばんは。本日は脊柱の解剖学のおさらいです。

 

 

 

脊柱はいわゆる背骨のことです。背骨には

 

 

 

頚椎cervical vertebrae(C1~7)=頭文字のCと骨の上から順に番号がついていて、7個あります。

 

 

 

胸椎thoracic vertebrae(T1~12)=同様に頭文字のTを1番から12番までの骨につけており、T1の上にはC7があります。

 

 

 

腰椎lumbar vertebrae(L1~5)=5つの腰椎に頭文字のLをつけます。L5の上はT12です。

 

 

 

仙椎sacral vertebrae(S1~5)=もともと5つの骨だったものが融合して一つの骨になり、仙骨と呼ばれています。

 

 

 

尾椎coccygeal vertebrae=仙椎同様、発生学的には2つの骨だったものが融合し、尾骨と呼ぶのが一般的です。

 

 

 

ヒトと他の4足歩行動物を比べてみると、尾椎の数は動物が非常に多いのは当然ですが、

 

 

 

頚椎の数はほとんどの動物で7個なのです。首の長いキリンの頚椎も7個で共通しており、

 

 

 

どうゆうわけかナマケモノの頚椎だけ6~9個くらいらしいです(笑)

 

 

 

 

脊柱をみていくと、人の構造が基本的にはミミズと同様、分節から形成されている事を示しておりおもしろいです。

 

 

 

発生の段階で頚椎が頭蓋骨へ吸収されている部分や、前述した尾骨の退化、肋骨の背骨へのつながりをみてみると

 

 

 

より発生学に興味がわいてきますね!しかし、ここまでくると少々マニアック過ぎるので、骨の数だけ覚えて下さい(笑)

 

 

 

沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院

 

 

 

 

20130723134644[1]

毎朝の頭痛、首・肩こり 浦添市 40代男性 さくがわ接骨院 整体

2017.01.20 | Category: オステオパシー

毎朝の頭痛が主症状の男性の症例です。オステオパシーという整体にて施術しました。

 

 

 

 

この方の主訴は首周辺の痛みとコリで、非常に疲れやすく、睡眠不足で毎朝頭痛に悩まされていました。

 

 

 

 

体を診てみると、あらゆる関節や内臓器の動きがかなり悪く、その代償として首や頭に症状が出てきたものとわかりました。

 

 

 

 

 

ではなぜこのような事になってしまっているのか?

 

 

 

 

過去の既往歴を聞いてみると、学生の頃にバイク事故により脊髄損傷、数年前に大腸ガンの摘出手術を受けた

 

 

 

 

などがありました。細かな捻挫などは覚えていないが結構あったとの事。

 

 

 

 

それは身体にこれだけのトラウマ(外傷)を受けていれば身体が悪くて当然ですね。

 

 

 

 

虫垂炎やガン摘出などで、その組織が快方にむかったとしても手術を受けたという事実は身体に残ります。

 

 

 

 

組織は内臓も皮膚も骨も、「膜」によって覆われており、手術によって縫合された部分は

 

 

 

 

時間が経つほど「膜」を引っ張る力を生み出します。しかもそのトラウマは、強ければ強いほど、多ければ多いほど

 

 

 

体に強い固着を残してしまいます。この膜の硬さが繋がり、現在の体の制限を作り出したのです。

 

 

 

この考えを基にすると、現在「首が痛い、関節が硬い」からといって首の関節にアジャストを加える事が

 

 

 

正しくないと理解できると思います。

 

 

 

まずは一番最初に問題となった所、または代償して一番悪くなっている所から順に解放するように働きかけます。

 

 

 

今回は左足の甲にある関節でした。この関節の動きの硬さが体の傾きを生み出していましたので

 

 

 

これをリリースすると体はバランスを取り始めました。

 

 

 

次いで左の踵の上にある関節を解放した後、腹膜の治療に入りました。

 

 

 

この方のように基礎状態が悪い方は、1~2回で全て解決するのは難しく、週に一回程の通院を2~3か月してもらう事もあります。

 

 

 

二回目の治療で、肝臓の上にある膜、胃と肝臓をつなぐ膜などを中心に解放した後は不調が軽減し

 

 

 

消化器系の症状(実はもっていた)が無くなったと報告を受けました。

 

 

 

このように、多様性があるのがオステオパシーの特徴です。

 

 

 

筋・骨格の痛みだけでなく、頭痛や腹痛でお困りの方で治療法がなかなか見つかっていない方も一度受けてみて下さい。

 

 

 

沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院

 

 

 

aade9707545b26a0a152ae6c16c22429_s

耳の痛みと耳そうじ 宜野湾市 さくがわ接骨院

2017.01.18 | Category: ニュース

こんにちは。本日は健康ニュースの日です。

 

 

 

耳の痛みを訴えていた患者さんがいらっしゃったので、関連する事についてお伝えします。

 

 

 

気持ちがいいからと、耳掃除をよくしていませんか?

 

 

 

いらないものとして取り除いている耳あか。

 

 

 

実は殺菌作用や皮膚の保護、虫などの侵入を防ぐ働きがあります。

 

 

 

また、耳の中の小さな細い毛により、耳あかが外へ運び出されるので、頻繁に耳掃除をする必要はありません

 

 

 

耳を掃除するのは、耳の中に違和感や閉塞感を感じたとき。

 

 

 

小指の爪が入るくらいまでの入り口付近を、細めの綿棒で優しくなでるように掃除する程度でOKです。

 

 

 

つい耳の奥まで触りたくなりますが、耳あかを奥に押し込めてしまうので注意しましょう。

 

 

 

正しい方法で安全に耳掃除をして下さい。

 

 

 

しかし、すべての耳の痛みが耳の中の炎症とは限りません。

 

 

 

先ほどの耳痛を訴えていた患者さんは、耳鼻科にて耳の中に炎症がない事が確認されていて

 

 

 

なぜかわからないのだと相談されたケースでした。

 

 

 

実はこの方の痛むポイントは、顎関節だったのです。

 

 

 

あごの関節は左右の耳の穴のすぐ近くにあり、顎関節痛が悪くなり眠れない程の耳の痛みを関連して引き起こしていました。

 

 

 

耳の奥が痛む場合、まずは耳鼻科にて検査してもらい解決しない場合は当院にご相談下さい。

 

 

 

顎関節痛、そこからくる耳の痛みは痛みの原因である顎関節を良い状態に戻してあげれば解決します。

 

 

 

沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院

 

 

846ba45936c33730d7c251505a56af08_s

 

首痛 背部痛 宜野湾市 30代女性 さくがわ接骨院

2017.01.16 | Category: さくがわ接骨院

本日は健康保険を使用し、頚椎捻挫の施術をした一例を紹介します。

 

 

 

この女性の症状は首の痛みと背中の痛みによる動きの制限でした。

 

 

 

どなたでも寝違いのような首の痛みを経験した事はあるのではないでしょうか?

 

 

 

その痛みの強さは人それぞれですが、少なくとも30代以上の年齢の方で、全く首痛を経験した事が無い人は少ないと思います。

 

 

 

首が動かせない程に痛くなると、日常生活にかなり支障をきたします。

 

 

 

痛みの発生原因は人によって異なりますが、今回の女性のケースは子どもを抱っこした瞬間の激痛でした。

 

 

 

左の第3肋骨と胸椎の横突起の関節が一番制限され、そこの椎体の上下の関節も動きが悪くなっており

 

 

 

頚椎と胸椎の動きに連動性が無くなってしまっていました。

 

 

 

日頃から抱っこひもで赤ちゃんを前に吊り下げていて、上方からの負荷を常に受け続けていたために動きが制限され

 

 

 

積み重なった外力が、ある日突然に激痛として出てきた典型だと思います。

 

 

 

うつ伏せで肋骨と横突起の関節の動きを取り戻すマニピュレーションを行い、

 

 

 

仰向けで椎間関節への動きを出して治療終了です。直後から痛くて動かせなかった首の(特に左回旋)動きが改善され

 

 

 

痛みも翌朝には全て無くなったそうです。

 

 

 

 

 

このような発生原因のはっきりしている捻挫型の痛みに関しては健康保険の使用が可能です。

 

 

 

もちろん痛む部分を局所的に直接施術する対症療法になってしまうので

 

 

 

よく痛みを繰り返す方や、対症療法ではなかなか良くならない方にはオステオパシーを用いた整体をオススメしています。

 

 

 

しかし、局所的な治療でも十分に現在の苦しみから解放する事が可能であり(本来はなぜ痛むのかを施術した方が良い)

 

 

 

そこが接骨院の魅力だと思っています。

 

 

 

全身的な根本治療はもちろん、局所的なケガや痛みにも沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院で解決します。

 

 

e400d11615ba1afdd349ac93c6e813d4_s

筋の関連構造について 宜野湾市 さくがわ接骨院

2017.01.14 | Category: 解剖学

こんにちは。今日は久しぶりに解剖学についてお伝えします。

 

 

 

以前「筋」について少しお話ししましたが、本日は筋が関連する部分を細かくみていきます。

 

 

 

まず、よく名前を聞く事がある「靭帯」という組織がありますが、どのようなものかは普段あまり考えませんよね?

 

 

 

二つ以上の骨などを連結する繊維性結合組織の帯状構造の事を言います。(結合組織は以前のブログ参照)

 

 

 

腸脛靭帯のように筋の途中から靭帯に名前が変わるものもあり、靭帯と筋の構造はよく似ています。

 

 

 

「腱」も聞いた事があるという方は多いでしょう。骨格筋の付着部で骨や軟骨との連結に働く結合組織繊維の束の事をいいます。

 

 

 

膜状の腱は、腱膜と呼ばれオステオパシーではこれらをよく使います。

 

 

 

筋の中間部にみられる腱を中間腱といいますが、腹直筋では腱画(ケンカク)、僧帽筋では腱鏡(ケンキョウ)など

 

 

 

独特の呼び名がありますが、あまり使わないので覚えなくても良いです(笑)  

 

 

 

筋肉は細くなって骨にくっつく前に腱になると覚えて下さい。

 

 

 

「筋膜」は1~数個の筋を含む結合組織の膜をいい、これもオステオパシーには欠かせません。

 

 

 

腱をまとめて被う「筋支帯」や複数の筋を分ける「筋間中隔」も筋膜が肥厚したものです。

 

 

 

次に「滑液包」がありますが、滑液をいれる結合組織の袋で、摩擦を軽減して筋や腱の運動を円滑化します。

 

 

 

筋肉と骨の間に存在し、骨で筋が擦れないようにしているのです。また、腱をとり囲む滑液鞘は

 

 

 

周辺の繊維性の鞘とともに「腱鞘」とよばれます。

 

 

 

これもよく使う言葉かもしれません。「腱鞘炎になった」など言いますね。

 

 

 

これは筋肉が通過するトンネルの様な組織に炎症が起こっている事をさし、腱炎とはまた違います。

 

 

 

腱鞘炎などでお悩みの方は沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院へご連絡下さい。

アキレス腱痛 宜野湾市 男子学生 さくがわ接骨院

2017.01.10 | Category: スポーツ障害

こんにちは。昨日までの三日間は例のオステオパシーカレッジで画像診断の勉強をしてきました。

 

 

 

今回は土曜日の休診をお伝えする張り紙を忘れてしまったので、来院してから閉まっている事に気付いたがなぜだろう?

 

 

 

と思われた方がいるかもしれません。ご迷惑をおかけしてすみませんでした。

 

 

 

さて、先週は新年早々ケガをした方が多かったですが、その中の一つの症例をご紹介します。

 

 

 

宜野湾市内の中学に通う男子学生ですが、短距離走をした際にアキレス腱に痛みが走り来院しました。

 

 

 

アキレス腱あたりの痛みは結構な頻度で起こりうるものなのですが、筋肉に柔軟性のなくなってきた壮年以降に多くみられます。

 

 

 

この子は学生ですが、やはりふくらはぎの筋肉に柔軟性がなくなっており、アキレス腱を触って痛むのに加えて

 

 

 

その上のふくらはぎや、筋腱移行部といわれる部分(筋肉が細くなって腱になる)もカチカチで痛みがありました。

 

 

 

この場合、運動を繰り返して起こったスポーツ障害ではありますが、体の状態の悪さが招いた結果だと受け止めなければいけません。

 

 

 

今回は健康保険を使用しての施術を行う為、内容は局所的なものになりますが、それでもふくらはぎだけを揉みほぐして

 

 

 

治るものではないので、硬さをとる事に加えて、踵とその上にある距骨という骨が成す関節を緩めるテクニックを行いました。

 

 

 

筋肉や腱は関節を動かす為に力を発揮するので、動きの悪い関節を囲っている筋、腱に負担がかかるのは当然なのです。

 

 

 

加療後は関節の動きがよくなると共に、アキレス腱周辺の痛みも緩和されてきました。

 

 

 

あと数回通院してもらう計画を説明し、終了です。

 

 

 

スポーツでのケガ、アキレス腱痛でお悩みの方は、沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院へご連絡下さい。

 

 

f1a5b78a63c64282d8ca1399fa8eb677_s

沖縄市 男性 腰椎椎間板ヘルニア 宜野湾市さくがわ接骨院の整体

2017.01.05 | Category: オステオパシー

こんにちは。本日は症例を一つご紹介します。

 

 

 

 

沖縄市から来院された腰痛の患者さん、医科にてMRI検査を受けた結果

 

 

 

腰椎椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の両方の診断とされていました。

 

 

 

来院時の状態は悪く、腰の前屈、後屈ともに痛みが強くて動きの制限がかなりありました。

 

 

 

椎間板ヘルニアの定型的な末梢神経症状は軽度でしたが、起き上がり動作が辛く

 

 

 

二週間程仕事を休む事になったので、その間になんとかしたいとの事でした。

 

 

 

通常の整形外科的な考え方では、椎間板から飛び出したヘルニアを自己免疫機能がやっつけてくれるまで待ち

 

 

 

痛みが緩和されなければ、ヘルニアを切除する手術を行います。これは「症状に対して治療する=対症療法」にあたります。

 

 

 

しかし、オステオパシーの考えでは病変となっているヘルニアをあくまでも「結果」として捉え

 

 

 

なぜそこに飛び出したのか?他に動きの悪い所があり、その影響を受けたのではないか?

 

 

 

という所から施術が始まります。

 

 

 

今回の施術では、最初に両足の甲の所にある細かな骨(足根骨)の位置を整えました。

 

 

 

そしてあおむけのままで、背部から腸管の動きをとらえて腹膜の動きまで改善させました。

 

 

 

次に骨盤から硬膜をリリースし、この日は終了です。

 

 

 

治療直後から腰の後屈時痛が軽減し、痛みで制限されていた動きも出来るようになっていました。

 

 

 

この1週間後にもう一度来院してもらい、基礎状態をもう少し改善させて全ての治療を終えました。

 

 

 

一般的な西洋医学だけでは対症療法になってしまう疾患に対しても

 

 

 

根本的な病変をみつけて改善すれば、症状は無くなってくるというオステオパシーの教えは素晴らしいと実感しました。

 

 

 

腰椎椎間板ヘルニアでお困りの方は沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院の整体を受けてみて下さい。

 

 

20130529143628[1]

筋トレで転倒予防 宜野湾市 さくがわ接骨院

2017.01.03 | Category: ニュース

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

 

 

今回のブログは、新春をむかえ一つ歳をとってしまうと嘆いていた方が多かったのを思い出し

 

 

 

歳を安全に重ねるための対策をお伝えします。

 

 

 

 

 

歩きなれているはずの道や家の中など思わぬところで転んでしまうことがありますよね?

 

 

 

転倒の原因は足腰の筋力とバランス力の低下です。筋力が落ちると足が上がらず、つまづきやすくなります。

 

 

 

またバランス力が下がると、体勢が崩れた時に立て直せずに転んでしまいます。

 

 

 

日頃から足腰の筋力とバランス力をアップさせる簡単な筋トレを行い、転倒を予防しましょう

 

 

 

●片足立ち

1、右手で机につかまり、軽く足を開いて背筋を伸ばす。

 

2、左手を腰にあて、右足を体の前に10センチ程上げ、二分間保持。左足も同様に

 

 

一日2セットを目安に行いバランス力アップ

 

 

 

●エアイス

1、イスに浅く腰掛け背筋を伸ばし、両手を太ももの上に置く。

 

 

2、姿勢を崩さないようにしてお尻をイスから少し上げ、10~15秒保持。

 

 

3、転ばないようにゆっくり腰掛ける

 

1日3セットを目安に太ももの筋力アップ

 

 

 

●後ろ足上げ

 

1、背筋を伸ばして立ち、右足を膝を曲げずに後ろへ上げて3秒保持。

 

 

2、ゆっくり足を戻し、5秒休んで左足も同様に。

 

1日4セットを目安に足の後ろとお尻の筋力アップ

 

 

 

下の図のように足を伸ばして保持だけでも簡単な筋トレになります。

 

 

 

今年一年、元気に過ごせるように筋トレでコツコツ足腰を鍛えておきましょう

 

 

 

沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院

 

%e4%bd%93%e5%b9%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%80%80%e9%ab%98%e9%bd%a2%e8%80%85%e8%b6%b3%e4%b8%8a%e3%81%92

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。