TEL

Blog記事一覧 > 5月, 2017の記事一覧

胸鎖乳突筋の役割と痛みの関係 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.05.29 | Category: 解剖学

こんばんは。先日お伝えした解剖学のお話ですが

 

 

 

胸鎖乳突筋という筋がでてきましたね。

 

 

 

今日はこの胸鎖乳突筋について少し詳しくお伝えしたいと思います。

 

 

 

胸鎖乳突筋は文字通り、胸骨と鎖骨からスタートして

 

 

 

側頭骨の乳様突起に付着する筋です。

 

 

 

一本の筋が途中で二本に枝分かれしているような感じで、左右にあります。

 

 

 

写真の女性の様に、首に力が入った(傾けたり)時に前に浮き上がる筋がそれです。

 

 

 

この両側が収縮すると、顎が上がった状態では頭を上に向け、

 

 

 

顎を引いた状態では頭を下に向けますが、一側のみに収縮では首を傾げ

 

 

 

顎を反対側に向ける作用を示します。

 

 

 

なお、胸鎖乳突筋は胸式呼吸運動にも働き、慢性心不全の患者さんは

 

 

 

肩で息をするため、この筋が肥大して首が太く見えるといいます。

 

 

 

胸鎖乳突筋が拘縮し、伸び縮みが不十分になったものを「斜頸」といい

 

 

 

胸鎖乳突筋に異常な緊張が生じる事によって起こる「痙性斜頸」や

 

 

 

筋内腫瘤や分娩時の障害によって起こる「先天性斜頸」などがあります。

 

 

 

この筋の奥には総頸動脈が走っていますが、ここを狙い刺して自殺を図っても

 

 

 

大半の部分が厚い胸鎖乳突筋に守られている為、なかなか動脈まで達しません。

 

 

 

しかし、頸動脈の上部は下顎角直下で表層に現れるので

 

 

 

ここでの損傷は致命的な大出血を起こす事があります。

 

 

 

刺してはいけません。刺しませんよね(笑)

 

 

 

柔道で投げられたり、交通事故で頭が揺らされるなどの衝撃が加わった際

 

 

 

首の痛みとして現れやすい部分の「胸鎖乳突筋」についてお伝えしました。

 

 

 

首の痛みでお悩みの方は、沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院へ

 

 

 

無理なく続けるウォーキングで筋力低下予防 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.05.26 | Category: ニュース

先日のブログにてウォーキングの正しいやり方についてお伝えしました。

 

 

 

しかし、どんなに姿勢を良くしても、続けなければ意味がありません。

 

 

 

今回は、良い姿勢で美しく歩くコツがわかった方へ

 

 

 

無理なく続けるウォーキングの方法をお伝えします。

 

 

 

いざウォーキングを始めてみたものの、疲れるだけで効果がイマイチ

 

 

 

と思っている方にもおすすめです。

 

 

 

例えば運動効率を上げようと、長時間大股で歩くと

 

 

 

下半身に意識が向き、一部の筋肉ばかりを使ってしまうため

 

 

 

筋力が無い人は苦痛で長続きしません。

 

 

 

そこで無理なく歩くことができる「早歩き法」です。

 

 

 

 

この「早歩き法」は上半身の上下動が少なく、心臓の負担が少ないため

 

 

 

息も上がりにくく、運動効率が高い歩き方です。

 

 

 

ポイントは腕の振り。上体を少し前に傾け、ひじを直角にまげて前後に良く振り

 

 

 

背中を誰かに押されているイメージで歩きます。

 

 

 

この歩き方なら自然と足が前に出るため、下半身を意識しなくなります。

 

 

 

ポイント

上体ー少し前に傾ける

背中ー背骨は真っ直ぐで後ろから押されているイメージ

足ーリズムよく、1秒間に3歩を目標に

肘ー直角に曲げて、リズムよく前後に振る

 

 

 

さっそく気持ちを入れて、美しい姿勢で早歩き法を実践してみましょう!

 

 

 

大事な下肢の筋力低下を予防し、様々な身体の症状を防ぎましょう。

 

 

 

それでも腰痛やその他の機能障害でお悩みの方は

 

 

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院へご相談下さい

身体に良いウォーキングで腰痛予防 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.05.22 | Category: さくがわ接骨院

こんにちは。先日腰痛で病院に行ったら「ウォーキングしたら治る」と言われ

 

 

 

なかなか治らずに当院へ転院してきた患者さんがいました。

 

 

 

「ウォーキングは体にいい」とよく言われますが、ウォーキングで大切なことはなんでしょう?

 

 

 

歩く時間?それとも歩数?  ・・・大事なのは「姿勢」です。

 

 

 

一日にどれだけ歩いても、悪い姿勢では筋肉が凝り固まり、円滑な関節運動が出来なかったり

 

 

 

して逆効果になることもあります。それではどんな姿勢でウォーキングすればよいのでしょうか。

 

 

 

①まず自分がどんな姿勢で歩いているかを確認

1 壁からかかとを5センチほど離してまっすぐ立つ

2 後頭部、背中、お尻を壁にピタッとつける。

3 腰と壁の間に手を入れる。

⇒●手のひらがピタリと入る。または手首あたりで止まる人・・・美しい姿勢

  ●腰と壁の間に隙間が空きすぎる人・・・骨盤が前に傾いた姿勢

  ●手が入れにくい。お尻が壁につかず、身体が弓なりな人・・・骨盤が後ろに傾いた姿勢

 

※骨盤が傾いていると猫背などの原因になり、筋肉が硬くなってしまいます。

 

 

 

②次に歩き方を変えて姿勢を改善

 

 

●骨盤が前に傾いた姿勢の人の場合

腹筋や大殿筋を縮めて骨盤を引き起こす為に、少し大股で歩く。

 

 

 

●骨盤が後ろに傾いた姿勢の人の場合

縮んでいる太ももの裏の筋肉をストレッチする為に、股関節を高く上げながら歩く。

 

※どちらもお腹を凹ませる筋肉(腹横筋)を意識して力を入れ続け、上半身は頭とあごを引き

腕は後ろにしっかり振りながら、胸の中央を前に出すようにしましょう。

 

 

 

「お尻を締めて立つ」ことや「お腹を凹ませて」立つことで

 

 

 

姿勢はよくなります。美しい姿勢で歩くことは、健康の為

 

 

 

腰痛予防の為にも大事な事なのです。さらに無理なく続けるコツを

 

 

 

次回のブログでお伝えしていきますね。

 

 

 

腰痛の改善と予防のご相談は沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院へ

 

オステオパシーは様々な症状に効果がでます 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.05.17 | Category: さくがわ接骨院

こんにちは。明日、5/18(木)は午後の受付が短縮で

 

 

 

14時~16時までとなっております。翌日の金曜日~土曜日まではお休みさせて頂きます。

 

 

 

金曜日から日曜日まで神戸でオステオパシーの授業を受ける予定になっている為です。

 

 

 

オステオパシーは、タイトルに書いてある通り様々な症状に効果がでます。

 

 

 

しかし、症状に注目して施術を行うわけではありません。

 

 

 

オステオパシーの創始者であるA.Tスティルドクターはこのような言葉を残しています。

 

 

 

「オステオパシーは診断・治療に関わる確立した一つの体系であり、

 

 

 

身体の構造と機能の完全性を重視する。オステオパシーでは我々が

 

 

 

被る痛みや障害のほとんどは、身体構造の機能の異常と、

 

 

 

病気によって引き起こされた身体構造の障害に由来すると考える点が特徴的である。」

 

 

 

要するに、身体の構造の中で、良い位置になかったり

 

 

 

良い動きをしていなかったりする部分があると、人は何かしらの症状がでたり

 

 

 

病気になったりするという事です。このような哲学をしっかり受け継いだ教育機関により

 

 

 

国際基準のオステオパシーの授業を受けています。

 

 

 

創始されてから140年程経つと、さまざまな枝分かれがあり

 

 

 

本質を忘れた流派や、オステオパシーの名を冠していない(○○式整体、筋膜リリース)ものなど

 

 

 

いろんな治療法がでまわっていますが、テクニックのみを継承していては

 

 

 

人間の体は上手く治せない(治す手伝い)と思います。

 

 

 

明後日からは、オステオパシーの根幹部分にあたる「膜」の繊維性の繋がりをテーマとして

 

 

 

行われる授業です。基本部分を何度も勉強し、臨床に効果が高まる様に努めていきます。

 

 

 

また来週から一皮むけた施術を提供していきます。

 

 

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院

 

 

  

慢性腰痛で何度も病院へ行ったが楽にならずに転院してきた男性 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.05.15 | Category: オステオパシー

こんにちは。本日はオステオパシー整体の施術例をお伝えします。

 

 

 

慢性的に腰痛を感じている方で、その状態が急にもっと痛くなってしまうと

 

 

 

急性腰痛になり、いわゆるぎっくり腰の状態で来院される方も珍しくありません。

 

 

 

今回ご紹介する男性は、慢性腰痛に悩まされている70代の方なのですが

 

 

 

当院に来院する一ヶ月前くらいに急性疼痛を感じ、病院で薬や注射などの処置を受けていました。

 

 

 

全く改善せず、痛み止めもほとんど効果がないし、薬に頼りたくないとの思いもあります。

 

 

 

検査もレントゲンやMRIなどを受けてみたそうですが、画像に写る異常は見つからなかったそうです。

 

 

 

医師からは「痩せなさい」と「歩きなさい」の二つのアドバイスをもらったそうですが

 

 

 

「痛みがあると歩けないし、痩せるのは急には無理」と本人は言います。

 

 

 

当たり前ですよね。人は急には痩せません。

 

 

 

たしかに太っている為に、腰椎が過前弯しており

 

 

 

構造的にも変えていかないと、本当の原因解決にはならないと思います。

 

 

 

食事のバランスに気をつける事や、体重のコントロールは身体を良いバランスに保つ為には必須です。

 

 

 

加えてタバコや酒の飲み過ぎに注意し、出来れば食品添加物、糖などの余分なものを

 

 

 

体に入れないように注意したいものです。

 

 

 

食事は人間の活力なので、関節の痛みや腰痛にも栄養学は切り離せないものです。

 

 

 

これに加えて「運動」も大切ですね。

 

 

 

しかし、これらは長期的にみて本人の体質を変えていき、効果を発揮するものですが

 

 

 

今日、明日の食事に気をつけてタバコを止めたとしても

 

 

 

この痛みが改善するわけではありません。

 

 

 

すでに腰痛を引き起こすような体の状態になってしまっているからです。

 

 

 

このような状態を変える為にするのが、オステオパシー的アプローチです。

 

 

 

初検時にこの方の腹膜の異常な硬さは目につきました。

 

 

 

しかし、よく診てみると下肢の方にも問題があります。

 

 

 

以前左ひざの手術をした事があるとの話をされたので

 

 

 

そこのオペ後の問題の治療と、反対側の足部の方から治療していきました。

 

 

 

二回目には腹膜(腸間膜根)をしっかり緩めて

 

 

 

三回目も内臓マニピュレーションにて残り(左右の腎臓と胃脾間膜)を施術

 

 

 

四回目にはだいぶ痛みが無くなっていましたが、喫煙などの問題から

 

 

 

胸膜や肺の動きの悪さもあった為、これらの治療を行いました。

 

 

 

かなり良くなったので、週一回の来院ペースから、間隔をあけても良いと伝えてあげました。

 

 

 

問題となっている部分は、人生をかけて歪んだり硬くなったりしている事もあるので

 

 

 

簡単に全部がなくなるものでは無かったですが、本人の一番の悩みである

 

 

 

腰痛に対して、早く効果を出すことができて良かったと思います。

 

 

 

体の調和をとる為に、のこり何度か通院(月二回程)してもらい

 

 

 

症状だけでなく、体を良くしていきたいと思っています。

 

 

 

腰痛などのでお悩みの方は、沖縄・宜野湾市さくがわ接骨院へお電話下さい。

 

 

野球で足首を捻挫してしまった小学生 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.05.12 | Category: スポーツ障害

こんにちは。本日はスポーツでのケガについて

 

 

 

足を捻って痛めた場合、多くの人が「捻挫しました。」と言って来院されます。

 

 

 

確かに「捻挫」の状態なのですが、中には「誰が捻挫と診断したの?」と思うようなケースもあります。

 

 

 

確かに「捻挫」の経験が何度もあれば、なんとなく「捻挫」と「骨折」の違いが自分でも分かります。

 

 

 

しかし、骨折と捻挫は紙一重なので、明らかに「捻挫」決めつけて来院せずに

 

 

 

「捻って痛めた足を診て欲しい」という気持ちで来て下さい。

 

 

 

こちらでも明らかに骨折ではないと言い切れない状態の場合は

 

 

 

医科に紹介状を書いて、レントゲンなどで診断してもらいます。

 

 

 

今回は野球で足を痛めて、2週間程我慢していたが

 

 

 

 

なかなか良くならなかった小学生の症例を紹介します。

 

 

 

捻ってから時間が経っていたので、本来最初に行う処置が抜けてしまっています。

 

 

 

捻挫のような外力が加わった場合、初期処置として「整復」を行います。

 

 

 

患部を良い位置に戻す整復を行った後で、アイシングや電気治療で細胞修復を図り

 

 

 

状態に応じた圧迫固定などを行うのです。これらが抜けていたので患部の状態は

 

 

 

もちろん良くありませんでした。

 

 

 

急性期の熱感や腫れは残っていないものの、距骨という骨の位置が良い方と比べて納まりが悪く

 

 

 

歩いていても不安定な感じと痛みが残っていて、野球が出来ないとの事でした。

 

 

 

まず、距骨を良い位置に戻す治療を行いました。

 

 

 

初検時はこの施術と電気治療で終了です。

 

 

 

経過を診てもまだ良くありません。踵骨と距骨の間がとても固くなっていたことが原因です。

 

 

 

距踵関節の引き離しのマニピュレーションを数回行いました。

 

 

 

オステオパシーのテクニックで、本来は一回でリリースするのですが

 

 

 

スポーツ外傷という事で健康保険を使った局所施術なので、日数をかけています。

 

 

 

だんだんと足部の関節の良い位置と動きを取り戻して

 

 

 

一日おきに3週間くらい施術している間に野球に復帰してもらい

 

 

 

スポーツをしても痛くない所まで回復させて治療終了です。

 

 

 

このようなスポーツ外傷(ケガ)はもちろん、持続的に負荷が加わり続けた事に起因する

 

 

 

スポーツ障害の方も沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院へご相談下さい。

 

車の後部座席に乗っていた時に事故に遭ってしまった学生 宜野湾市のさくがわ接骨院

2017.05.09 | Category: 交通事故治療

こんにちは。本日は交通事故の症例を一つご紹介します。

 

 

 

以前のブログでお話しした事故で負傷した患者さんですが

 

 

 

同乗者の中学生が、後部座席に乗っており

 

 

 

腹部の打撲、左膝と足首の捻挫をしてしまい来院しました。

 

 

 

腹部(右季肋部)に皮下出血班と圧痛があり、気持ち悪さも少しありました。

 

 

 

左の膝から足首にかけても動作時痛、圧痛、腫脹と皮下出血班があり

 

 

 

関節部の疼痛は安静時にも時々あるとの事でした。

 

 

 

基本的に急性期の損傷(捻挫や打撲)はアイシングを行います。

 

 

 

当院ではアイシング効果を高めつつ、損傷細胞の修復を助ける内容の電気治療を行います。

 

 

 

単なる低周波の治療機械は取り扱っておらず

 

 

 

微弱電流やハイボルテージ、干渉波などの治療機器から症状に合わせて使用しています。

 

 

 

今回のケガに対しては、腹部の気持ち悪さや刺激への弱さを考えて

 

 

 

微弱電流のみ行い、腫れのある関節部には腫脹を軽減させる働きのあるハイボルテージの電流を使用しました。

 

 

 

もちろん機械のみが治療してくれるのではなく、損傷した部分を良い位置に戻す事も(整復)行います。

 

 

 

初検時でかなり痛みの割合は軽減しましたが、後遺症が残らないように

 

 

 

しっかり経過をみて施術をおこなう為、しばらく通院してもらいました。

 

 

 

現在は治療を終了し、元気に部活動に復帰していると思います。

 

 

 

交通事故に遭った際は宜野湾市のさくがわ接骨院へご相談下さい。

 

 

首の痛みの改善は頚部の運動と筋の役割を知る事から 宜野湾市のさくがわ接骨院

2017.05.02 | Category: 解剖学

こんにちは。本日は解剖学の事についてお伝えします。

 

 

 

 

 

前回の解剖学は脊柱起立筋などのお話でした。

 

 

 

 

今回は、首の運動に関与する筋の役割などを学んでいきます。

 

 

 

 

首の運動は、

①うなずく時の屈曲(前屈) ②見上げる時の伸展(後屈)

③首を傾げる側屈      ④首を振る回旋

 

 

 

 

に区分されている事は以前お伝えしました。首の運動に働く最も代表的な筋は

 

 

 

 

胸鎖乳突筋で、この筋は首の運動のほとんどに関与しています。

 

 

 

 

首を前屈する筋には、胸鎖乳突筋に加えて、椎前筋(最長筋、頭長筋、前頭直筋、外側頭直筋)

 

 

 

 

 

などの筋があり、前方でこれらの筋が収縮する事により、頭を前に引っ張って傾けるイメージです。

 

 

 

 

首の後屈は、胸鎖乳突筋のほか後頭下筋の直筋群(大後頭直筋・小後頭直筋)

 

 

 

 

の働きによって起こります。特に後頭下筋は眼球運動に対応する素速い頭位調節運動に関与します。

 

 

 

 

首の側屈と回旋に働く筋のなかでも、やはり胸鎖乳突筋の役割は大きいですが

 

 

 

 

頭頸部の半棘筋や板状筋、椎前筋や後頭下筋も作用します。

 

 

 

 

頚部に限らず、脊柱の側屈と回旋は同時に起こり、両者を明確に区別する事は出来ません。

 

 

 

 

これはフライエットの法則といい、オステオパシーを行う上でも大切な考えです。(否定論も存在)

 

 

 

解剖学は細かいですが、役割は筋の走行などを知る事で結構単純に覚えられたりします。

 

 

 

痛みや怪我で通院中に、自分の痛んでいる筋骨格に興味がある方は

 

 

 

いつでも質問した下さい。あまり居ないと思いますが(笑)

 

 

 

首の痛みには沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。