TEL

Blog記事一覧 > バドミントンをして背中を痛めた女性 宜野湾市さくがわ接骨院 |の記事一覧

バドミントンをして背中を痛めた女性 宜野湾市さくがわ接骨院

2017.10.26 | Category: スポーツ障害

こんにちは。本日はスポーツ中に生じた痛みへのアプローチです。

 

 

 

30代女性がバドミントンをしていた時に背中が痛くなったと言って

 

 

 

来院されました。痛くなったのは夕方で、来院されたのは翌朝です。

 

 

 

負傷原因ははっきりと覚えていないとの事でしたが

 

 

 

スポーツ中の動作がきっかけだったのは間違いありません。

 

 

 

このようなケースは少なくないのですが、怪我をした部位が足首や手首だと

 

 

 

一般的に捻挫と認識する事が多いと思いますが

 

 

 

果たして腰や背中の痛みを捻挫や挫傷と認識しているでしょうか?

 

 

 

また、スポーツ障害なのか日常の腰痛の悪化なのか判断できるでしょうか?

 

 

 

捻挫や挫傷の病名で治療が必要なのは、手足の末梢だけではありません。

 

 

 

腰や背中の骨の継ぎ目も「関節」なので、捻挫が起こります。

 

 

 

意外と認識されていない為、あえて説明させてもらいますが

 

 

 

捻挫とは、関節の動く範囲以上の動きを強制されたり

 

 

 

動きの中で悪い位置にロックされたりして起こります。

 

 

 

脊柱などの関節は、手足に比べて可動範囲がもともと小さく出来ており

 

 

 

周りの筋肉(脊柱起立筋など)に覆われているので

 

 

 

容易に関節包を逸脱する(脱臼)事はありません。

 

 

 

しかし、細かな動きをする背骨が積み重なって頭から骨盤まで大きな動きが出来るのです。

 

 

 

一つ一つの関節にはそれぞれの動きがあり、一つでも制限されると

 

 

 

背中全体が痛く感じたり、腰に張りを感じたりします。

 

 

 

この時に漫然と感じるのか、限局的に刺すように感じるのか?

 

 

 

筋肉なのか関節自体の問題なのか?色々な事を検査していくのです。

 

 

 

今回来院された女性は、左の背中の真ん中あたり(Th9)

 

 

 

の痛みでした。この関節が閉じなくなっていたので

 

 

 

右斜め前に落ちるシャトルを、大きく踏み込んで過度に前かがみの状態で打った結果

 

 

 

なのではないかと予想できます。本人は覚えていなくても

 

 

 

運動学と解剖学の知識からある程度の予測が出来るのです。

 

 

 

この状態でロックされている関節を解放し、電気治療で疼痛の閾値を下げて

 

 

 

初診を終えました。治療後にはもう痛くありません。

 

 

 

関節包や靭帯などの軟部組織を損傷をともなうような手足の捻挫の場合は

 

 

 

こんなに簡単に痛みが無くなる事はありませんが

 

 

 

背骨の関節包の中で起きている出来事に対しては

 

 

 

動きを戻してあげるだけで痛みは無くなります。

 

 

 

さまざまなスポーツ障害の色んな痛みに対し、ベストなアプローチを行います。

 

 

 

スポーツ中の痛みには沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。