TEL

Blog記事一覧 > リンパ器官の研究 宜野湾市さくがわ接骨院 |の記事一覧

リンパ器官の研究 宜野湾市さくがわ接骨院

2019.07.15 | Category: オステオパシー

こんにちは!4日間の休診中に学習してきたことを少しだけ報告します。

 

 

今回のオステオパシーの授業テーマは「リンパ」。

 

 

誰でも聞いたことある名前ですが、その役割や位置はほとんど知らないと思います。

 

 

 

割と知られている病名「リンパ浮腫」の事や、血管閉塞との違いなど、

 

 

「異常」な病態の学習もしたのですが

 

 

 

それよりもむしろ、「正常」なリンパの構造や機能の学習に時間を費やし、細胞レベルでリンパが

 

 

どうなっていて、どのように働いているのか?をしっかり理解させることが

 

 

「オステオパシーにおいてとても大切なんだよ」という先生の意図が伝わりました。

 

 

異常をみつけようとする前に、正常を理解し、健康な状態を見つける事が出来ないと

何が異常かも理解できない。

 

色んな「視点」を持つ事が必要だと諭してくれました。

 

 

 

それはオステオパシーだけに大切なのではなく、全ての施術者にとって大切なこととも言えます。

 

 

 

日本では一般的に正常を知らないであろう無資格施術者が行っている、強圧の「リンパマッサージ」の問題点も研究者レベルの視点から教えてくれました。

 

 

 

今回の授業を受けたことによって、今まで以上にいろんな視点から患者さんを診る事が出来るようになった!

と確信しています。

 

 

大切な「視点」をリンパという器官の授業を通して伝えてくれたの講師は

 

 

アメリカのオステオパシー神経筋骨格医学認定医であり、

 

 

A.Tスティル大学のオステオパシー研究副学長補佐を務めておられるブライアン・デーゲンハルト先生でした。

 

 

色んな所でオステオパシーを教えてきている立場からみて、日本のこのクラスのレベルが高いと

 

おっしゃったのが嬉しかった(笑)
に加えて、

 

 

授業に取り組む姿勢が一番良かった人には賞品があると言って、他に相応しいと思うクラスメイトが

 

何人もいる中で、お土産のTシャツを「君に」と渡された事はとても嬉しかったです。

 

 

よく泊まるホテルの部屋がたまたま今回は最上階だったのも運が良かったのか、悪かったのか。

 

 

少なくとも景色は良かったのですが、朝のエレベーターの時間を3分見ておかないといけなかった(笑)

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。