TEL

Blog記事一覧 > 筋について 宜野湾市 さくがわ接骨院 |の記事一覧

筋について 宜野湾市 さくがわ接骨院

2016.12.20 | Category: 解剖学

今日は「筋肉」の解剖学的な基礎知識をおつたえします。

 

 

 

筋は英語でmuscleといい、musは鼠を意味します。形に由来するのか動きに由来するのかはわかりませんが、

 

 

 

昔の人には「筋」がネズミのように見えたのかもしれません。

 

 

 

肉眼的に見た骨格筋で、相対的に動きの小さい方の付着部は起始(スタート地点)にあたり筋頭といいます。

 

 

 

動きの大きい方の付着部は停止(ゴール地点)にあたり、筋尾といいます。

 

 

 

両方の間を筋腹といいます。もうお分かりだと思いますが、「頭」「腹」「尾」はネズミに対応した名前になっているのです。

 

 

 

筋は組織学的には横紋筋と平滑筋という分類があり、

 

 

 

横紋筋は骨格筋(一般的なイメージの筋肉)と心臓をつくる心筋とに区分されます。

 

 

 

そして平滑筋とは血管や腸管の壁をつくる筋(いわゆる内臓の筋)なのです。

 

 

 

どんな細胞組織なのかは、「読んで字のごとく」でご理解下さい(笑)

 

 

 

一方、神経支配の点からみると、一般的な骨格筋は体性神経に支配されており、自らの意志で動かせる随意筋

 

 

 

血管や腸管などの内臓筋は自らの意志で動かすことの出来ない不随意筋にであり、自律神経に支配されています。

 

 

 

不随意筋には皮膚や瞳孔の筋も含まれています。

 

 

 

心筋に関しては横紋筋ですが、機能や神経支配からみると不随意筋に含まれています。

 

 

 

 

沖縄・宜野湾市・那覇市・浦添市のさくがわ接骨院

 

j8946pl

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。