TEL

Blog記事一覧 > 胸や背中の痛みにも呼吸筋が関与 沖縄さくがわ接骨院 |の記事一覧

胸や背中の痛みにも呼吸筋が関与 沖縄さくがわ接骨院

2018.01.25 | Category: 解剖学

こんにちは。本日は前回のブログでお伝えした「胸郭」の筋について

 

 

お話しします。前回は胸郭の施術は人体にとって

 

 

とても重要である事、それは呼吸や循環の中心であり

 

 

身体の中心であるからだとお伝えしました。

 

 

呼吸運動時、胸郭は胸腔を拡大して肺の拡張を助けています。

 

 

吸気とともに胸骨は前上方に、肋骨はバケツの柄のように拳上します。

 

 

このような呼吸運動に働く筋を呼吸筋といい

 

 

胸骨壁筋(外・内・最内肋間筋  肋下筋  胸横筋  肋骨挙筋

上・下後鋸筋)や横隔膜が含まれます。

 

 

また、頚部の筋や大胸筋、腹壁の筋も呼吸運動に関与しています。

 

 

●息を吸う時(吸気)に働く筋

 

横隔膜がもっとも大きな役割を担っていますが

 

 

胸壁筋では外肋間筋や肋骨挙筋が吸気運動に働くとされます。

 

 

また、胸式呼吸では胸鎖乳突筋や斜角筋も吸気運動を助けています。

 

 

さらに激しい運動などの際には「肩で息をする」と表現しますが

 

 

この際には肩甲骨と鎖骨を拳上して胸郭の呼吸運動を助けているのです。

 

 

これには僧帽筋や肩甲挙筋、そして大胸筋なども働きます。

 

 

●息を吐くとき(呼気)に働く筋

おもに内肋間筋が働くとされますが、最内肋間筋

 

 

胸横筋および肋下筋も関与しますし

 

 

腹壁の筋も呼気運動の補助に役立っています。

 

 

これだけの筋が呼吸運動に関与し、肺へ空気を送り込み

 

 

心臓に酸素の豊富な動脈血を流し、全身に酸素を送っているわけです。

 

 

呼吸器や循環器の問題に対し、筋骨格系が大きく関わっているのを

 

 

理解して頂ければオッケーです。

 

 

逆に、胸痛や背部痛の訴えに対しては、筋や骨の問題だけでなく

 

 

胸郭内臓の問題が無いかと気を配る必要があるのです。

 

 

身体を全身的に評価し、動きの悪いところを見つけて

 

 

良い動きにしていくというのが基本的なオステオパシーのコンセプトですが

 

 

原点にはこのような解剖学の積み重ねがあるのです。

 

 

創始者のA・Tスティル医師は「1に解剖、2に解剖・・・」

 

 

解剖学の重要性=人間自身を診る事を伝えています。

 

 

身体の不調によりオステオパシーを受けてみたい方は

 

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院へご相談下さい。

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。