TEL

むちうち

沖縄で交通事故によるむちうち症状でお困りの方は宜野湾市のさくがわ接骨院へお任せ下さい。

むちうちはなぜ起こるのか

むちうちは交通事故の怪我の中で最も多い症状です。

むちうちは主に頸椎捻挫のことで、交通事故などの過度の衝撃によって首が鞭のようにしなり、捻挫した状態になります。

交通事故だけでなく、スポーツや日常生活の中でもむちうちの様な症状になる事はあり、これは頭部の重さが体重の10%程と大変重いため、首に負荷がかかりやすい事が原因です。

 

むちうち症の傾向

近年交通事故による死亡者は減少していますが、交通事故件数自体は年々増加しています。そのためむちうちなどの症状を発症する被害者の方は非常に多くなっています。

むちうち症は負傷した直後は無症状であることもあります。しかし数日たってから、首に痛みが出たり、吐き気、めまい、耳鳴りなどの症状を発症したりします。頭を打っていないのに頭痛、吐き気、めまい、耳鳴りなどの症状がある場合はむちうち症が疑われます。

 

 

むちうちになってしまったら

むちうち症状は放置して2~3日で治るものではなく、長期化することが多いため、早期発見、早期治療が重要になってきます。症状が軽い場合でも宜野湾市のさくがわ接骨院へ治療に来る事おすすめします。
痛みと可動域制限が強い場合も、アイシングまたはホットパックや電気治療を中心に痛みを改善し、手技療法にて関節を良い位置に整復していく事で早期に改善する手助けが出来るのです。

 

本当に施術が必要な部分とは

通常の整形外科的な考え方では、むち打ち症は頸椎の捻挫型が一番多いとお伝えしましたが、さくがわ接骨院の特長であるオステオパシーの考え方で身体を診てみると、本当に首だけを治療すればそれでいいの?と疑問が湧いてきます。

なぜなら、多くの場合はむち打ち症と腰や背部の痛みや筋肉の硬さがセットになっている事、そして「筋膜」の硬さを調べてみると、首以外の部分にとても多く見つかるからです。

なぜいろんなところに硬さができるか分りますか?

 

頭の重さで背骨が鞭のようにしなり、衝撃を受けているとすると、骨盤の中心にある「仙骨」にも影響があると想像できると思います。

仙骨の動きが制限されてしまう事の弊害や、バランスの崩れも一緒に改善していかなければ効果が弱いのです。

 

さくがわ接骨院の交通事故後の施術法

交通事故でも、スポーツなどによるケガでも、一般的な接骨院や整骨院で行う施術は患部が良い位置に安定化されるように固定したり、治癒力が高まるように電気治療やホットパック、超音波などを駆使して行われます。

当院で行う交通事故の治療はこのようなスタンダードな施術に加えて、患部以外の悪い部分を見つけて解消する事で、むちうちの症状をより早く改善していく事が可能です。

通常の健康保険の施術では、「捻挫」や「打撲」などの傷病名がついていて、それ以外の部分への施術は保険で認められません。

しかし、交通事故の場合は「自賠責保険」を使用する事で、一回の施術料金を自由に決められます。(ある程度の目安はあるが、健康保険より金額が高い)

そのため、スタンダードな施術より高度な施術を行う事ができます。

 

オステオパシーは全身を検査して行う根本治療である為、むちうち治療の全てをオステオパシーで行う事はできませんが、毎回の施術にひと手間加えていくと考えて下さい。

 

沖縄県宜野湾市のさくがわ接骨院では痛みを感じないむちうち治療を行ってまいりますのでお気軽にご相談下さい。

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。