TEL

オステオパシー

沖縄で本場アメリカやヨーロッパのD.Oから学んだオステオパシーの施術を受けられるのは宜野湾市のさくがわ接骨院です。

 

オステオパシーとはテクニックの名前ではありません。

 

オステオパシーとは「診断・治療に関わる確立した一つの医療体系であり、身体の構造と機能の完全性を重視する。

オステオパシーでは我々が被る痛みや障害のほとんどは、身体構造の機能の異常と、病気によって引き起こされた身体構造の

障害に由来すると考える点が特徴的である。」と英国ジェネラル・オステオパシー・カウンシルに定義されています。

つまり、体に本来備わっている臓器や関節の構造が良い位置からズレると、さまざまな病気や症状を引き起こす原因になると述べています。

 

 

アメリカオステオパシー医科大学協会にも

「哲学を持った医療ケアの完全な体系であり、患者のニーズと内科、外科、産科での現在の診療を統合したものである。

オステオパシーでは構造と機能の関連性が重視され、身体は自己治癒力があると考えられている。」と定義されています。

 

 

古典的なオステオパシーにおいてヒトは

1.心、体、精神をもって一人の人間である。 2.身体は自己防衛機構と自己調整機構を持っている。

3.構造と機能はお互いに影響し合っている。という原則が重要とされており、健康に対して全体的なアプローチを定義しています。

 

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院では、近代的なアプローチだけでなく伝統的なオステオパシーを学んでおり、構造的な施術のみならず、「ヒト」として欠けてはいけない「心」や「精神」の問題も考え、実践しております。

 

オステオパシーの目標は、健康を象徴とする形と機能の正常なバランスを取り戻すことです。病気や痛みという症状は、調和がとれた身体からは消えてなくなるという原理があるのです。その為、適応症は腰痛や首痛などの整形外科領域のみにとどまらず

・頭痛 ・吐き気 ・めまい ・不眠 ・イライラ ・しびれ ・不妊 ・頚椎、腰椎ヘルニア ・逆流性食道炎 ・妊婦、産後ケア ・夜尿症

などさまざまです。これらの症状は、身体の調和がとれていない「結果」でてくるものだからです。

身体の状態(手術歴、外傷歴など)には個人差がある為、治療を受けた全ての人に100%同じ効果を保証するものではありません。

 

 

その治療法は身体各部のずれ、障害、破壊から生命体を回復させること、手助けする事を目的とし、外からの人工的な手段(電気や薬)を利用せず

手技によって行っていきます。頭蓋骨や仙骨、各関節、筋膜、内臓、脈管、多くのテクニックが存在し、患者さんの状態に合った方法で回復を促していきます。

 

詳しくは、オステオパシーについてのページをご覧ください。また、お気軽にお電話やメールでお問い合わせください。

沖縄・宜野湾市のさくがわ接骨院

 

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。