TEL

整骨院

沖縄では整骨院が増えているけど、どんなところなの? 整骨院で出来ること、出来ないことをしっかり確認して目的をはっきりさせましょう!

 

○整骨院は接骨院とどう違うの?

整骨院は接骨院と同じく、整形外科的な身体の痛み(ケガ)を処置する施術所で、柔道整復師という国家資格を持っています060

 

本来、柔道整復師法に規定された「広告し得る事項」には「ほねつぎ(又は接骨)」と記されている為、「接骨院」が妥当だと思いますが、「整骨院」も特に規正されなかった事から、広まったと言われています。

 

現在では、社会的にも認知されており、「整骨院」と名乗っても何の問題もありません。

しかし、宜野湾市のさくがわ接骨院は、本来の「ほねつぎ」を意味する「接骨院」と名付けました。

沖縄では「整骨院」が圧倒的に多いですね。関東では「接骨院」がスタンダードでしたが。

 

○どんな時に行けば良いの?

(主に)身体のどこかを痛めたときです。

 

風邪をひいたら内科に行ったり、目の不調は眼科に、虫歯の治療は歯科に行くように、関節や筋肉を何かのきっかけで痛めてしまったら「整骨院」に来て下さい。

 

とても元気でどこも悪くないという方が行くところではありません。

健康維持やメンテナンス、ゆがみの改善は自費施術プランを用意してある整骨院なら行ってOK!

(たまに、「どこを痛めましたか?」と聞くと「特に痛めたわけじゃないけど来た」と言われることがあります。(笑))

 

 

○何をしてくれるの?

名称が「接骨院」でも「整骨院」でも柔道整復師は「ほねつぎ」であり、骨折や脱臼などのケガへの処置が専門です。

痛めた個所は体にとって正しくない位置になっています。悪くなった組織を良い位置に整えてあげる事がケガの修復の第一歩

 

例えば、

○骨折して離れた骨の端を近づける

○捻挫してを引っ張られた靭帯を寄せてあげる

○脱臼して外れた関節を戻してあげる

○肉離れでへこんでしまった筋肉を寄せてあげる

など、様々な損傷の状態を良い位置に持っていくのが「整復」といいます。

 

 

「整復」をしないで放置したとしても、身体の自己治癒力によってだいたいのケガは治ります。

(ここで言う「治る」とは、内出血や腫れが引いて、痛みもなくなり、動かすのも大丈夫になってきた状態のことを指しています。)

 

なので軽い捻挫くらいで整骨院に行くのは面倒くさいなと思うかもしれませんが、体に対して加わった力は「整復」をしなければ正しくない位置のままゆがんだ状態になってしまいます。

 

そして後遺症が残ったり、痛みが取れにくかったり、捻挫が癖になったりします。

 

本当の意味でしっかり治すためには、最初の処置(整復)が大切で、これが整骨院に行く一番のメリットと言えるでしょう

 

整復の後は、電気治療やアイシング(温め)などで組織の修復をサポートするのが一般的で、必要に応じた固定をする事もあります。

 

 

健康保険の使えるものは

上記の様なケガであれば全て健康保険の使用が可能です。

 

現在、「骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲」と傷病名がつけられる状態にあるものが適用範囲なので、例えば「2年前に捻挫した足首が時々痛むから」という理由であれば使えません。

 

このように古傷が痛むときに考えられることは、2年前にきちんと処置をしていなかった足首が硬くなったり、ゆがんだままになって上手く機能していないから痛みが出る。

 

または、他の場所(例えば腰など)が悪く、かばっていたら足首が痛くなってきた。

などです。これは現在捻挫の状態にあるとは言えません。

 

最近痛めた原因があって、その部分が腫れたり熱くなったり、持続的に痛みが出ている状態があれば保険適用になると思って大丈夫!

 

 

ずっと痛かったところは施術してくれないの?

捻挫などのはっきりした原因がなくてもどこかが痛むって事はありますよね。

むしろそっちの方が多いかも。

 

それに、長期にわたって繰り返す痛みの方が誰かに頼りたくなるものです。

なぜなら最初は我慢してみて「なかなか治らないから整骨院に行こうかな」って考える方が多いからです。

 

このような時は、健康保険が使えない可能性がありますが、施術により改善を促す事は可能です。

沖縄の整骨院でも、健康保険適用外のものは自費治療によって対応している施術所が多いよう。

 

なぜこのような対応になるのか?というのを簡単にまとめると、

○整骨院における健康保険の取り扱い条件が狭い範囲で決められている。

○患者さんの多くはその事を知らず、体の悩みを解消したいと願い来院する。(ニーズがある)

○柔道整復師は医療従事者として学んだ知識や技術を提供できる

 

ざっとこんな感じです。

 

患者さんは整骨院に専門性を求めて来院し、施術者は提供できるものがあるのに、保険適用外だから出来ませんお帰り下さいとはなりませんよね!

 

整骨院ではケガへの処置、施術がベースにあり、これは国が健康保険適用を認めている。

 

慢性痛やケガではない痛みなどの保険が認められないものでも、筋肉や骨格などへのアプローチは専門家なので、自費治療として提供していることが多い。

 

ご理解頂けましたか?

 

当院でも自費治療で対応していますが、単に保険が使えるか使えないかの違いだけでなく、施術方法や考え方がまったく異なるもので、回復効果が高くオススメしています。

宜野湾市のさくがわ接骨院の特徴を読んでみて下さい。

 

なぜ健康保険が急なケガにしか使えないのか

筋肉や関節の専門家である柔道整復師は、当然腰痛や肩こり、慢性的な体の痛みなどに接する事が多く、保険適用の観点からは微妙なケースがかなりあります。

 

なぜ骨折・脱臼・捻挫・打撲などのケガにしか保険が使えないのでしょう?

 

それは、柔道整復師は筋肉や関節の損傷の専門家ですが、慢性痛には筋肉や骨格以外の部分が原因の場合があるからです。

 

具体的に言うと、ずっと肩こりが続いていて、実は心臓の病気が原因だったり、なかなか治らない腰痛の原因がヘルニアや脊柱管狭窄症などのMRI画像診断が必要な状態だったり、精神疾患などの分野でみるべきものだったりと

 

単純ではないものの可能性がある為です。そしてそれらは「医師」が診るべき病気なのです。

 

柔道整復師は関節や筋肉のみを専門とするのに対し、医師は全ての医療行為が許されている医療者のトップです。

 

急に痛めたもので、捻った、ぶつけたなどの原因が分かっていればシンプルな施術で緩和できるので柔道整復師に処置してもらっても良いが、

ずっと原因不明で悩んでいる場合は、何か隠された問題がないかを医師に見せましょうねっていう理屈です。

 

慢性疼痛などでお悩みの方で、整骨院の施術法が好きな方は、一度整形外科にて診察してもらったうえで、整骨院の自費治療を受けるのも良いかもしれませんね。

 

整形外科に行って、レントゲンと薬を持たされたが「なかなか治らないから施術を受けたい」といって来院される方は意外と多いですよ!

 

 

医師と柔道整復師と患者の立場

個人的な意見としては、「骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷」などの傷病名がつくものだけが整骨院の保険適用範囲ですよという決まりはかなり古い考え方過ぎて、もう少し行政の改善が必要なのでは?と思っています。

 

例えば、スポーツなどで使いすぎて損傷した腕の痛みに「前腕痛」、繰り返し動作が起こってだんだんと辛くなってきた腰痛に「腰痛症」、パソコン画面を見る仕事を長時間した事で首が痛くなったものを「頚椎症」など

 

少し幅を持たせた傷病名で保険請求できると、柔道整復師にも患者にもかなりのメリットがあるはずです。

 

柔道整復師もある程度の鑑別診断知識をもっていて、本当に医師に診てもらわないと危ないなという疾患は判断できるし、筋骨格の痛みに対処できる技術を持っているという事が一つ

 

患者側も柔道整復師の手技治療で改善を促す事に満足感を得られる事がもう一つの要因です。

 

特に、スポーツ障害などは繰り返し掛かった負担による症状を、手技治療で軽減させることが出来るのは、スポーツトレーナーをみれば明らかでしょう。

 

 

しかし、このような環境を望めないのが整形外科の立場ですよね。

整骨院が保険請求の幅を広げてしまえば、整形外科の来院者が減ってしまいますからなんのメリットもありません。

 

なので、医師会の柔道整復師に対する圧力はかなり強く、政治とも繋がっている為、整骨院の保険請求の改革は難しいでしょう。

参考(全国柔整鍼灸協同組合の情報より

 

これは私見ですが、柔道整復師の保険請求に圧力をかける医師がいる一方で、流行っている一流の医師はそんなの気にしないというスタンスをとっている事が多いと思います。

 

だって患者さん来てるし、食べていけるから。医師としてのプライドを持っていれば柔道整復師に患者を持っていかれるなんて思っていないでしょうね。

 

さらに、超一流になると、柔道整復師を雇って施術させたり、外部の整骨院にも患者紹介してくれたりします。

 

自分の所はもっと緊急性が高い患者さんで手一杯だからであったり、患者が望むなら整骨院でも行っていいよ。患者ファーストの考え方です。

 

すごいですよね。自分の利益だけでなく、患者さんの為に考える事が出来れば!

 

日本の医療保険制度は国民にとって有益です。今後の柔道整復師の保険請求もアップデート出来れば、より国民の為になるのではないかと思います。なぜなら整形外科の診療報酬より安価で、医療費削減に寄与できますし、

患者が望む施術が受けられるというWIN-WINの関係が成り立つからです。

 

整骨院の改善点

健康保険の請求が厳しいのは医師会の圧力だけでそうなっているわけではありません。

 

医療費を支払う健康保険組合なども柔道整復の保険請求を抑えようと働きかけをしています。

 

なぜなら、健康保険料を支払う分より回収する分を多くしたいから。近年は全体的な国民医療費の増加により財源を圧迫されている保険組合は多くなっていて

 

整骨院だけでなく、医療費全体を抑えていこうという流れになっているのです。

 

しかし、あからさまに整骨院に行かないように働きかけている保険組合もあり、保険料を納めている患者さんたちの気持ちは考えているとは思えません。

 

受けたい医療を受ける権利をだれでも持っています。これを妨げてはいけませんね。

参考>>武田邦彦教授の意見

 

 

しかし、このような状態になってしまっているのは、医師会や保険組合の利権のせいだけではありません。

 

整骨院側の問題も大きいと思っています。

 

整骨院の中にはケガの処置が出来ずに慰安マッサージや美容整体のみを行う整骨院もあるよう。

沖縄の整骨院にもあるかもしれませんね。

 

医師の立場からすると、そんな業界に医療費を払っているのはけしからん!と思うでしょう。

たとえ、保険を使用しないでやっているとしても、業界全体の印象は良くありません。

 

医師だけでなく患者さんも整骨院を誤解する原因となってしまっています。

 

健康保険を使ったケガへの施術を行わず自費整体のみを行う場合、整体院と名乗った方が法的にも正しいと思います。(整体院の場合、規制が少ない為)

 

整体でも、柔道整復師でも、痛みに悩む患者さんを楽にしてあげたいという気持ちがあれば良いのですが、

「美容」関連の取り組みを全面的にアピールし、顔の整体などを行っているエステ風の整骨院が存在するとしたら残念なことです。

 

「健康保険を使わなければ何をやっても良い」わけではなく、整骨院と看板を掲げるならば患者さんの痛みと向き合う事が大切だと思います。

 

「美容」を目的とした「お客さん」ばかりをターゲットにしている整骨院は、「整骨院」の本来の姿ではありません。

業界全体が改善の為の自助努力を重ねていき、国家資格に見合う施術者を育てていけるかが大切だと思っています。

 

整骨院は、「身体の痛み、ケガの改善を目的とした施術所」という社会的な共通認識が必要なのです。

そこからではないでしょうか?整骨院の健康保険適用範囲をもっと広げるべきだ!それが患者さんの為だ!と声をあげる事が出来るのは。

 

30dde776045aa466a57d53f7acf84ebb_s

宜野湾市のさくがわ接骨院は患者さんと向き合い、問題を解決するという目的をしっかり持っている整骨院です。

健康保険適用外となる、慢性疼痛に対しても「オステオパシー」という整体を用いて、改善のお手伝いをさせて頂きます。

当院へのアクセス情報

所在地〒901-2203 沖縄県宜野湾市野嵩1-3-2 シャトレAY103号室
駐車場2台あり
電話番号098-892-1700
予約予約優先制(お電話でのご予約が可能です。)
休診日日曜、祝祭日
※院内・外の様子をストリートビューで確認できます。